FC2ブログ
微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。
2018.05.30
前回【タイで日本人を採用する】を書き、まだまだ時間がかかりそうな事を書きましたが、その後かなりの人数を紹介してもらう事ができて、無事に採用する事ができました。

僕の働いている業界はタイでは盛んなんですが、今回応募していた業種はその中でもコアな部分を作れる人だったので、人材紹介会社もそんな人はあまりいないと思うと言っていましたが、実際探してみるとかなりの人が興味がある業種だったようです。
ただコアな業種だったので、その業種で働く事を諦めてなんでも良いから仕事を探していただけだったようです。

簡単に言うと、僕の会社が車を作っていて、今回求めているのは窓ガラスを作れるような人でした。 僕は車は作れますが、窓ガラスは作れないので外から買っていましたが、これから自社製を作っていこうという事です。

では今回の採用した人の良かったポイントと他の人との違い。

年齢

採用した人は20代後、半若くて希望に満ち溢れていて元気がありました、他の人は40代で技術があっても平均年齢が若い僕の会社では使いにくいし、40代になってもまだ転職するんだという不信感を感じました、そしてなんだか皆暗かったです。 日本では仕事がなくてバイトしていたり...


面接内容

採用した子は自分の応募書類をプリントアウトしてきてくれて、筆記テストも合格点、技術も合格点でした。
他の人はメールで書類を送っているからなのか手ぶらで挨拶、テストは2割程度の出来、技術はありましたが職人のようなイメージで1年くらいならば技術を勉強したいと思いましたが、これから一生面倒みるには可愛げがありません...


動機

採用した人はタイが好きで、タイで自分の技術を活かしたいということでこの職種をメインに仕事を探されていました。他の人は働く国はどこでも良い、今はその能力を活かせていない仕事に生活するために就いているが、できれば専門分野で働きたい。 日本で働いているよりかは良い生活が出来ると考えている。

その他の採用ポイント

・希望給料と技術のレベルがマッチしていた。 他の人は技術も高いが希望給料もそれなり。
・勤務地はタイならばどこでもOK
・恋人がいるからタイで働きたいのではなくて、純粋にタイが好き
・タイ語が出来ないので前向きに勉強中


心配なポイント

・初めての海外
・タイが好きだけど、実際に働いた時とのギャップ



採用した人は面接をしている時から、採用したいと思っていました。 技術テストの時は頑張れ!って応援していましたね。
いくら良い感じの人でも技術が出来ない人は採用できませんからね。

タイ人スタッフからも良いイメージだったので、うまくやっていってくれと願っています。

人材紹介会社の担当日本人はだめな奴であまり好きではありません、こいつの実績になるのは悔しいですが応募者には罪はないので我慢です。

紹介料約20万バーツです、頑張ってもらわないとです。

心配な点としては、若くてタイで働くのが初めてなので、転職したり、日本に帰国したりする可能性があります。

僕の会社でやっていけるように結果を出して、気分良く働いてもらいたいものです(・∀・)ガンバレ

僕はそれをサポートしますが、最後は自分次第です。 


どこまでやってもらえるか...期待していますが、経営者としては技術は会社が全部吸収して辞められた後も前進できるようにします。

早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約
↓    ↓    ↓



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング
2018.05.16
今年、久しぶりに日本人の採用をする事にすることにしました(゚∀゚)アヒャ

職種は技術者と若い営業です。

日本人の営業はいくらでも直接応募があるのですが、技術者はなかなかマッチする人がいないのが現実です。

そこで、久しぶりに人材紹介会社にお願いする事にしました。

現在の人材紹介会社の手数料や保障期間

A社 年収の20%、B社 月給の2.7ヶ月分

保障期間

A社 90日間までに退職された場合は、他に何人でも無料で紹介もしくは50%の返金
B社 30日以内に退職100%返金、40日以内 50%返金、120日以内 20%返金


こんな感じでした、求職者は知らないと思いますが、企業からしたら結構慎重になってしまいます。

とりあえず、3社に登録して応募をまってみました。

営業の応募はかなりあります、新卒から40歳近い方まで様々な方を紹介してくれましたが、今のところ面接までしたのは2名だけです。

先ず書類の時点でこの人良いなって思う方が少ないです。

皆さん、転職回数が多かったり、1社の期間が2年未満だったり、全く違う業界を転々とされていたりと...

新卒の方は大学を卒業してからすぐにタイに来て、タイ語学校に通っているというプー太郎期間が1年以上あったりです。


逆に良かったと思った人は日本におられて、次回訪タイの際の面接を約束した後に他に就職が決まったと連絡あります。
おそらく、他社はスカイプ面接とかで採用までいくのでしょうかね?

面接した2名も、人材紹介会社からかなりお願いされて面接をしたのですが面接の途中で不採用と判断しました。

僕が面接して不採用にした理由を書きます。 

・約束の時間の1時間前に到着して、人材紹介会社に連絡して面接を早めてもらった。
遅刻するのは言語道断ですが、早めについたら近くで時間を潰すのがマナーです、先方にも予定があるので早くても10分前くらいがベターだと思います。

・筆記テストがあるのですが、この結果が悪すぎる。 タイ人の足きりが60%なんですが日本人2人とも20%でした。

・営業希望のくせに、声が小さい....2人とも写真は明るい表情でしたが実際は覇気のない人たちでした。

・勤務地は工場かバンコクオフィスなんですが、2人ともバンコクを強く希望していました。 
僕は仕事をするためにタイにきたので、勤務地は全国どこでも良かったです。 そして実際コラートで3年弱いましたからね。
タイに来る目的が働くためじゃない。

・タイに来て3-4年経っているのに、タイ語ができない。 そのくせ結婚を考えているタイ人の彼女がいるので末永く働きたい...


あるある過ぎて笑顔でありがとうございましたってお送りしました( ゚Д゚)イッテヨスィ

うーん、まだまだ長引きそうな求人です、人材紹介会社から紹介してもらってもあんまり直接応募の人とレベルが違わないんだよね~だったら高い金払うんだから本当に欲しいと思った人を採用したいです。

早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約
↓    ↓    ↓



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング
2018.05.02
前回まで、【タイの現地採用で成功するなんて、ほんと難しいぞって事】を書いていました。

今日は一転して日本で働くよりタイの現地採用の方がいいぞって人の事を書きます。

今までの記事は僕に近い人へのアドバイスです、どういう人かというと

大学を卒業して、それなりの会社に新卒で入社していて、そのまま定年まで無難に暮らしていける人です。

日本にいた方が現地採用で働くより良い生活ができるんじゃないの?って本当に思っているので書きました。

僕はタイで働いて3ヵ月で現地採用から駐在員になり、転職してもその駐在員の給料をもらえるからタイにいる事を選びました。
もし3年たっても5,6万バーツなら日本に帰ってやり直していました。 だから、帰る人の気持ちが分かるんです。


しかしです、日本で正社員での仕事がなく日雇いやパートで働いていたり、高卒で採用されても重労働で将来が暗かったり、全く仕事が見つからなかったりする人は絶対にタイに来た方が良いです!

タイにきたら、日本人ってだけで5万バーツ以上でほぼほぼ正社員で採用されます!

現に【仕事が出来ないK君】も高卒で日本ではゴミの回収作業をしていましたが、タイに来て大手日系会社の日本人窓口に入社、その後タイ企業の上場企業に入社、そして今は日系の営業のエースとして働いています。

【ほんとにクズなミン君】は大学は卒業しているものも、日本では正社員の経歴がゼロの40歳ですが、タイで7,8回転職できていてまだタイにいます。

そうです、タイは日本人というだけですぐに正社員の仕事が見つかるんです。

高卒の人でも日本の大手企業の現地採用になれるでしょう。

2流大学に人でも、一流商社の現地採用になれるでしょう。

ちょっとこの人は日本ではバイトでもだめなんじゃないの?って人も、日系企業の正社員として採用されるでしょう。


僕は日本で転職活動をしている時は10社受けて、1,2社の内定をもらうくらいでしたが、タイだと10社受けたら10社受かります。

収入にしても、最低給料が5万バーツ、日本円で17万円くらいですが、衣食住をタイ人レベルにすると物価が日本の半分以下のタイだと日本より良いと思える生活が送れる人もいます。

現に、K君もミン君も日本には帰りません、彼らは日本にいるよりもタイの生活の方が快適なんです。
だから自分の意思でタイに住んでいるです。
うちのグループ会社を辞めるようになったのは、我々が求めているレベルの人間でなかったため、それになるためにプレッシャーをかけられ、負けて逃げたんです。 でも逃げて転職して5万バーツでよかったらなんぼでも居場所はあるんですよ。
※弊社は10万バーツ以上払っても良い人材を育成しています。

日本にいると後ろ指をさされるような人でも、タイにいると日本人ってだけでまぁそれなりの身分です。
※実際僕もタイに来て日本に一時帰国をしている期間は、せっかく大学まで出してもらったのに「タイに遊びに行っている」って身内、近所から陰口をたたかれていました、日本ってそんな国です。 タイは微笑みに国、何しててもマイペンライです!

結婚だってすぐにできるでしょう!
※相手は〇〇かもしれませんが....


日本で仕事がなくて自〇まで考えるくらいならば、絶対にタイに来た方が良いです、それは間違いありません。

今までブログ読んでくださった人は???ってなっているかもしれませんが、自分が何をしたくてタイで働くのかよく考えてくださいという事を書きたかったんです。

タイで成功するのは難しいです、日本と同じ収入と安定を求めると日本の方が良いです、ただタイは人によっては住みよい国なんです、それが微笑みに国タイランドなんです。



早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約
↓    ↓    ↓



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング
2018.04.18
前回【タイの現地採用で失敗する人 仕事編】を書きました。

タイで仕事で成功するつもりはなく、楽しくのんびりとタイの生活を楽しむ人は関係ない記事ですのでスルー願います。

ここで言う成功は日本でも高給取りとされている1000万円以上の年収をタイで稼げる人としておきます。

タイで成功するには!

・先ず仕事で絶対に成功してやるという意思です。

成功している人は、絶対にこの意思があります。 そのためにはどんな苦労も乗り越えて、自分から壁を乗り越えるための努力ができる人です。

日本で何もできなかった人は、タイではまぁ無理でしょう(゚⊿゚)イラネ

自営業の人でも自分のお金でやっている人は頑張りますが、別にオーナーがいる場合はほぼ失敗しています...

・学歴は必要です。

タイ人は日本人よりも学歴を重要視します、そして何よりも大学すらも出ていない人が何ができるのでしょうか?
大学を出なくて、これだけ技術がありますってのは別ですが、サッカーで成功するんじゃなくて仕事で成功するんですから大学くらいは出ておきましょう。 僕のような二流大学でも本当に卒業するまでは結構努力しました、そういうのが今に役に立つのです。

・日本での実績
日本で最低でも3年は働いて、そこと同じ業界、業種で就職しましょう。 
駐在員が帰任を機会に退職して、タイで結構よい待遇で現地採用で働けるのは、そのままの業界で取引先や、出向先で勤めるからです。

僕は特殊な学部を卒業しているので、日本の職歴を合わせると7年間は日本で同じ業界の経験がある計算になります、それからタイでもずっと同じ業界ですので24年間の経験となります。 日本でもこれだけ同じ業界の人は少ないです。

タイで働きたいからといって、全く違う業界に行ってしまうと成功への道はかなり遠くなるでしょう。 

・儲けようという経営者の考えをもてる人

たとえ雇われ人でも、会社の事を自分の事のように考えられる人。
そうすれば能力があれば、利益を生み会社に貢献できます。 

タイで1000万円を稼ぐような人は、自分で事業を考えてそれを起こして経営して利益をだせる人です。

一生懸命、愛社精神をもって何十年も仕えても1000万円って年収は簡単に稼げる金額ではありません。 日本でも全体の約5%しか稼げない金額です。
日本で定年までいてももらえないでしょ? 65歳まで今の会社にいていくらの年収になりますか?

・タイにいる目的がある人

奥さんがタイ人すでに子供がいる、日本には帰らないぞという人も頑張れると思います。

そこに負けず嫌いな性格があると更に良いと思います、日本人の子供なんだから日本人として育ててあげたい、駐在員の子供と同じレベルの生活、教育を受けさせたい、奥さんにも良い生活をしてもらいたいこういう気持ちが頑張れるんじゃないでしょうか?

同じ日本人なのに、なぜあの人たちとは違うの パパ?って聞かれたらどうするんだよ。


働き出してすぐの現地採用は次の3パターンが多いです、のんびり働いて飽きたら帰るオーラの人とりあえず仕事してそれなりに生活できれば良いと考えている人、この2パターンは別に僕にとって問題ないのですが、


困るのが、絶対に成功してやるぞって人です。

一年目や二年目は頑張れってアドバイスしてあげれるんですが、結局何かが足りないので

きっともう無理だよって分かってしまうんですよね....そう簡単に成功できないです、

成功している人は、元々能力も高いですし、プラスすっごい努力もしています。

今年のオリンピックを見ていても改めて思いました。

スピードスケートの小平さん高木さんとまでは言いませんが、それがあなたの精一杯ですか?って
もしくは、口だけで能力が足りないです。


でも頑張っているつもりの人にはなかなか言いづらくて....

と、不甲斐ない人たちの話ばかり聞くので、4回にわたってタイの現地採用について書いてみました。

これでだいぶんと嫌われるな(ノ∀`)アチャーw

次回、それでもタイで働いた方が良い人

早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約
↓    ↓    ↓



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング
2018.04.04
前回【タイの現地採用が帰国する理由 生活編】を書きましたが、今日は仕事編を書きたいと思います。

僕は同じ現地採用として、すぐに転職や帰国をする現地採用をどうしようもない人達だとすでに諦めています(・ー・) オワッタナ
よって、この回は毒を吐かせていただきますので悪しからず。 
※そういう内容がお嫌いの方はここで止めてください。

仕事が辛くて帰国する理由として、残業や仕事内容が悪い事、給料が上がらない事、上司や会社から怒られる事なんでしょうね。

残業や仕事内容が悪い編

残業が毎日遅くまである、社長が超ワンマンでやってられない、うんうんありますよそんな会社。

何社採用をもらいましたか? そこしか採用されなかったんじゃないんですか?

そこは誰でも雇ってくれるブラック企業ですよ、だからみんなすぐに辞める、だから誰でも採用されるんです。

転職してもあなたのような経歴だと、またブラックにしか採用されないんです。 ブラックを2,3社はしごして日本に帰国した人なんて星の数ほどいますよ。 

ブラック企業が悪いのではなくて、ブラックにしか採用されないあなたの経歴と実力をもう少し反省するべきです。

給料編

先ず、タイの日本人の最低給料は5万バーツです。 そしてタイで働いた経験がない、タイ語も英語も日常会話以下の人、そして特に技術のない人は大体5万バーツの給料から始まります。

それを知った上で入社しているのに、数年後「給料が少ない、日本で働いてた方がましだ」って、不思議で仕方がありません。

ひょっとして、3年後には10万バーツとかに上がると思っていたんですか? そんな契約で入社したんですか?

5万バーツで入社するレベルの日本人が、3年後に10万バーツになるなんて、先ずないです。 

タイではあなたは即戦力になれる業界で働いているんでしょうか? 

日本ではIT関係をしていたのに、タイでは初めて知る機械の営業なんじゃないですか? 

タイで働く事だけでも環境が変わって大変なのに、業界を変えちゃったらもうかなり厳しいですよ。 10年は下積みで頑張る気持ちがないといけないと思います。

更には日本では公務員や学校の先生など非営利団体の人は、先ず民間企業ってものに慣れないといけませんから更に大変でしょう。

またタイでの就職先が、テレアポ、人材紹介会社や旅行会社、不動産、フリーペーパー、飲食店など経営陣にならない限り給料が上がらない業界にいるのだったら、どんなに居心地が良くても給料は上がりませんからね。
※安い現地採用を雇いたい業界です

・上司や会社から怒られる事

運よく良い会社に入社できたが、仕事ができなくて怒られたり、会社から駄目だしされる人

能力や経験が足りていないんじゃないですか?

人柄が良くて採用されたけど、その会社って日本では絶対に採用されないくらいのレベルの会社なんじゃないですか?

タイだと高卒でも日本の有名メーカーに現地採用として採用されることはよくあります。

また僕のような2流大学でも、一流メーカーや有名商社に採用されます。 日本だと面接にすらたどり着けない会社で働く事ができます。


逆に言えばそれくらい、タイで働きたい現地採用候補に良い人材がいないということです。

ただ良い会社に入れた人たちはチャンスはあります、頑張って経験を積めばその会社でチャンスがあるかもしれませんし、ヘッドハンティングされるかもしれません。

しかしです、そうなる前に壁にぶつかって逃げちゃうんじゃしょうがないですよね。 

そういう人は自分にあった下のランクで活躍されたら良いと思います、タイで駐在員と同じ待遇になるなんて絶対にできないと思います。

とかなり辛口ですが、タイにいる目的がない人たちは、上記のなにかにぶち当たると帰っちゃういます。

タイにいる目的、タイ人と結婚している人なんかは仕事(給料)、私生活のバランスをうまく折り合っている人かと思います。

では次回日本に逃げ帰らず、タイで頑張って成功する人ってどんな人なのか?


早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約
↓    ↓    ↓



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ