FC2ブログ

トップ

アルコールとジム

2018年09月19日

数年前までほぼ365年 アルコールを摂取していたタオです( ゚Д゚)イッテヨスィ

10年ほど前に肝臓を壊して入院して、怖さを知ったのですがまた元気になったら同じくらい飲むようになりました。

いや、歳を増すごとにレベルが上がってかなり飲める人になってきました(ノ∀`)アチャー

ウィスキーだったら1人で700ml飲めます。 焼酎はアルコール度が低いので無論1人で900mlは飲めます。

そんな僕も歳をとってくると、やっぱり健康に気を使うようになって、6年ほど前からジムに通うようになりました。
ジムには通いますが、アルコールは毎日飲んでおり、ジムに通って4年経っても健康診断の肝臓の数値が良くなりません。

そして去年から休肝日を週に2回作ることにしました。 そしてジムは有酸素運動から筋トレの割合を多くしました。

そしたらです、今年の健康診断はオールOKです

なんで休肝日は週に2日作るようには今もしていますが、飲む量が増えてきています。

最近は飲みすぎたら、翌日が駄目になるんではなくて、翌々日も調子が悪いです。

飲みすぎるとは  ウィスキー、日本酒、ビール、焼酎などなど 合計でウィスキー1L分くらいのアルコール量ですね。

それが原因で逆流性胃炎という新しい病気にも慢性的になっております..._| ̄|○ケッコウツライ

分かった事、やっぱりアルコールは量が多ければ体に悪いです...

ジムは筋肉質にはなるけど、アルコールの悪さを帳消しにする事はできません。

若い頃は飲んでも朝一から仕事に来て、会社で吐いていました...._| ̄|○

こんなの意味がないので、最近は飲む日の翌日は何も予定を入れずに、行けたらいくって感じにしています。

飲んだ上に、睡眠不足で働くって最悪の事だと思います。

そんな風にスケジュールを入れているんですが、来週はどうしても外せない人から飲みのお誘いを頂いたのですが、次の日も朝から商談なんでちょっとしんどいです....

来週は辛いの知っていても、今日も仕事終わったら何もないので一人で飲みに行きます....明日はゴルフなんでまた飲みます。

アルコールってなんでこんなに美味しいのでしょう(゚∀゚)アヒャ

そしてジムは行けば興奮してきて楽しいのですが、行くまではなんでこんなに億劫なんでしょうか。

やっぱり人間って楽したらどんどん怠けていくようになっているんだなと実感しております。

それでもアルコールは週に2回やめて、ジムは週に2回以上は行く事を継続中の8月1日のブログ記事でした。



【旅費の一部を楽天カードで購入すると、海外保険がついてきます】
↓    ↓    ↓




【充実した海外保険、更には国内旅行保険がついてきます】
↓    ↓    ↓




にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ ←こちらもよろしくお願いしますヽ( ・∀・)ノ


タイ・ブログランキング ←新しく参加いたしました ポチッとしてくれるとうれしいですヽ(゚∀゚)ノ

このページのトップに戻る

人材紹介会社なんてもう使わない....

2018年09月05日

前回、【使えない日本人だった】記事をアップしましたが、その後事件が起こりました!( ゚Д゚)ナンダ?

その使えない日本人でも、何も文句を言わずにおいておこうと考えて、色々気を使って優しく接していました(・∀・)イイ!!

具体的には「技術はここで磨けばよいんで、頑張ろうな。」
「タイ語は1年もすれば話せるようになるから心配しないで。」

なんて実力主義の僕からの言葉とは思えないアドバイスをしていました....(-_-)

まぁ2,3年もいれば、少しは使えるようになるかなっという考えと、人材紹介会社に15万バーツくらいの紹介料を払っているのでここで駄目だと言っても、返金は3万バーツくらいしかないためである。

それがです、いきなり

新人日本人「私、日本に帰ろうと思います」 って言われちゃった...

理由は思ったより自分に技術がない事、タイ語も全然通じない事、それによって一部のタイ人からきつく当たられる事

なんだそれ....それって全部自分が悪いんじゃないの?

そんな事、入社して数日で分かっていたわ、それを分かった上でおいておいてやろうと思っていた僕はどう落ち着いたらよいのだろう?(゚Д゚)ハァ?

でもね、こんな奴引き止めてもどうにもならんのよ、ミン君もアルカトラズに入社して1週間で辞めるって言ってたけど、そんな根性なしは将来も何もできないんですよ。

だから僕はすぐに許可して、数日後にビザと労働許可書をキャンセルしました。

人材紹介会社に連絡して、試用期間中に辞めた場合の補償金をもらう手続きをしましたが、やはりたった3万バーツでした。

何も悪びれず、「他の人紹介しましょうか?」だって...

お前らもっとスクリーニングしてよこせよ!( ゚д゚)ゴラァって怒りを抑えて、もう結構ですと伝えておいた。

タイで働きたい人で使えない人が多いのは承知です、ただそれを使えるかどうかを判断して紹介してくるのが人材紹介会社でしょうに。

どこの人材紹介会社もいい加減な人ばかりでしたが、今回で完全に懲りました。

人材紹介会社を使う意味が全くありません。 

まぁこの子らも数年で日本に帰国するんだろうね....

ちゃんちゃん。



早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約
↓    ↓    ↓



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング

このページのトップに戻る

タイは10万円あれば夫婦で移住が出来る!?

2018年08月22日

先日、日本の番組 「世界の年収400マン」第4弾“世界の豪邸SP”が8/16放送 」を何気なく見ていました、最初はインドネシアの夫婦で年収400万円で大豪邸がって紹介していましたが、夫婦で400万円レベルでこんなに贅沢したら将来やばいんじゃない?って感じ、ちょっとこの番組大げさだなと思って見ていました。

そんな流れで(海外の移住生活は良いぞ~って流れ)コメンテーターの萩原博子氏

「タイのちょっと田舎なんかは、10万円あれば夫婦で暮らせる」って発言がありました。

やっぱりこの番組信用できないと確信しました(ノ∀`)アチャー

タイで10万円で暮らせるかどうか? というならば答えは暮らせます。 

しかしそれは極貧で日本人が想像できないくらいの苦労があり、決して夢の桃源郷での生活ではありません。

僕は17年前にタイにやってきた時に、バンコクから北に400KMの当時タイ2位の人口の県、ナコンラチャシマ県 通称コラートに約3年間住みました。

その当時でも10万円で暮らすのは大変でした、最初の数ヶ月は必要なものを購入するために10万円では赤字でした。
現地採用から駐在員になってようやく貯金ができるようになりました。
またバンコクから離れているので、日本の食品や物はほとんど手に入らない、日本食屋も少ない、日本語が通じる人はゼロ、英語も通じる人が少なく苦労しました。 

正直仕事でなければ住みたくなかったです(゚⊿゚)イヤダ

2018年10万円でちょっと田舎暮らしをすると、どんなレベルなのかを真剣に考えてみます。

10万円≒29900バーツ 2018年8月20日現在

場所はちょっと田舎なので、バンコクから西に140KMくらいいったところのカンチャナブリ県(すごい田舎ではないです)を仮定して考えて見ます。

気温
タイの北部は涼しいと思っている人も多いですけど、タイってどこも暑いです。 乾季のの1-2ヶ月だけ少し涼しいところがあるだけです、バンコクに限って言えば2-3週間くらいしか涼しくありません、しかも涼しいのは朝と夜だけです、昼は暑いです。
タイは常夏です、常に昼間は30度を越えると思っておいてください。

デパートなど施設
タイのちょっと田舎はどこもよく似たもんで、何にも日本人が興味のあるところはありません。
周りはセブンイレブン、ロータスやBIG-Cというハイパーマーケットがありそこに行くのが、唯一の楽しみです。
日本人が経営する日本食屋はなく、タイ人が経営する何ちゃって日本食屋はあるでしょう。
日本人は百人ちょいは住んでいますが、何かの会に出ない限り、知り合う事はないでしょう。

住宅
外国人が住むためのコンドはないです、住まいはローカルのタイ人が住んでいるアパート。
35平米 1部屋 キッチンなし(ベランダでコンロ買ってきて調理できる)、湯船なし、水シャワー
これくらいのレベルで電気代、水代込みで6000バーツくらいあれば探せると思います。

ごく普通のレベルのタイ人たちですので、運悪くマナーが悪い人たちが住んでいたら、アパートの扉は開けている、通路に靴は脱ぎ散らかしている、カラオケを歌いだす、深夜に騒ぎ出す、こんな事は日常です。

食生活 

外の屋台などでタイ飯を食べれば1人1食40Bahtくらいですね、1プレートのぶっかけご飯です。
これを3食 30日やったとして、2人で7200バーツ
ただ毎日 タイ料理 1プレート これは何かの罰ゲームでしょう...間違いなく体を壊すと思います。

飲み水やジュース、果物について1日 2人で100バーツをみておいて、3000バーツ

嗜好品やアルコールについては必須でないので、ここでは書かないでおきましょう。

衣服、日用品
服はロータスなどで、1着200バーツ以下のタイ人向けの安っぽい素材とデザインのものがあります。
これだと夫婦で1000バーツくらいあれば頑張れるんじゃないでしょうか?

日用品として、ティッシュや洗剤、シャンプーなど こちらは2000バーツくらいあればいけるんじゃないかと思います。


交通費

家からスーパーや市場など最低限行かなければいけないところへの交通費、もちろんローカルのバスを使います。
これで月に500バーツくらいでしょう。

タイ人はバイクや車を持っている人が普通です、車を購入するのは難しくてもバイクは購入した方が便利ですね、40000バーツくらいであります。 ただ危険ですね、僕の会社は日本人はバイク禁止です。 
ちなみに車は安いもので50万バーツくらいはします。 維持費は別です。

通信費
最低でも電話とネット環境は欲しいですね。

2人分合わせて、1500バーツくらいで一番安いプランでいけます。

日本のテレビは月に1000バーツくらいで見れるサービスがありますが、ちょっと田舎だとサービス範囲外がほとんどです。

ここまでが通常の生活で最低限必要なものになってきます。

これだけで21200バーツ 残り残高8700バーツです。

この娯楽のない生活は平均のタイ人より貧しい生活になっていると思います。

この他に必要な経費として、毎年のVISA代、医療費がかかってきます。
医療保険はとても大切です、僕は海外保険で年間に30万円くらい払っています、タイで外国人が満足する治療を受けるととても高いです、手術なんてすると数百万円かかることもありますよ。

上記の極貧生活をしながら、

知らない外国の土地で、子供もいない、友達もいない....
言葉は通じない、外国人だと分かるとぼったくられる....
やって欲しいことなどが上手く伝わらず、適当に対応されて毎日が戦い....
しかし調子にのって文句いうと、殺される外国人も少なくはないです....
日常で日本食は食べれない、タイ料理でも高い料理は節約のため食べれない。
日本のテレビも本も新聞もない、情報はネットだけ。
ビールやお菓子などの嗜好品も我慢しなければいけない....
日本の食材、物はバンコクに行かないと買えない、価格は日本の2-3倍です。


好きでもない国でこんな生活をするくらいならば、日本のちょっと田舎で暮らしている方が絶対に幸せですよ。

こんな酷い生活なのに、外国はほんと住み良い!って勧めるようなコメンテーターがほんとに嫌いです( ゚Д゚)ゴラァ

もちろん、理由があってタイで生活されている人を非難するわけでは全くありません。


【旅費の一部を楽天カードで購入すると、海外保険がついてきます】
↓    ↓    ↓




【充実した海外保険、更には国内旅行保険がついてきます】
↓    ↓    ↓




にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ ←こちらもよろしくお願いしますヽ( ・∀・)ノ


タイ・ブログランキング ←新しく参加いたしました ポチッとしてくれるとうれしいですヽ(゚∀゚)ノ

このページのトップに戻る

あ~今回も石だったの巻

2018年08月22日

2ヶ月ほど前に【タイで日本人の求人をする】
の記事を書きましたが、色々と悩んだ末雇った日本人がすでに働き出して2ヶ月です。

入社前

技術に関しては、この仕事が大好きで日本でも真剣に勉強していました。 
この職種をメインに仕事を探していますと言っていた。
入社前にも講習会が日本であるので、入社日を遅らせてそれに出てからタイに来た。

タイ語に関してはタイに年に数回来ている、意思疎通はできる。 
しかし面接でそれほどタイ語が出来なかったので、日本にいる間に勉強して絶対に1年以内に話せるようになってくる。

かなり部分的な情報ですが、こういう方がいました。

しかし実際には...

肝心な技術に関しては、僕がタイ人に教えてやらせている商品以上のものが作れない....
原料のせいにしだすので、本物の技術者はそこで手に入る原料で良いものを作る人ですといっておいた。
日本の原料を輸入してタイで生産したらめっちゃ高くつくでしょうが....

語学に関しても、全く通じず....英語とタイ語のチャンポンでもまだ全くできていない状況。
そこで練習のために、会議でタイ人が話している内容をレポートしてくださいと指示した。
そしたら、「タオさんがいないときの内容もレポートするんですか?」(゚∀゚)
おいおい、誰のためのレポートなんですか? あなたが成長する方法を教えてあげているんじゃないですか....

自分も、まだ若いんで仕方がないと思える年齢になりましたが、

僕がタイにきたのはこの子と同い年です。

アルカトラズでは8ヶ月で数人の駐在員をおいて、工場長になりました(・∀・)イイ!!

そして今の会社では前任が8ヶ月かかっても出来なかったプロジェクトの商品を7日で完成させて、その月から出荷できるようにしました( ゚Д゚)ドヤ

当時は当たり前だと思っていましたが、こんな人ってなかなかいないんだな~とつくづく思います。

自分は石のくせに、玉だと思っている、もしくは思わせる人ばかりです....残念。

まぁ安い賃金でいいなら日本人窓口として利用しようと思う、日本人に対して成長させてやろうとする情熱を失ったタオでございます。

昔は日本人だったらこれくらいできんとあかんで~って教育していましたが、もうお金払ってまでこんな人たち教えるのが嫌になってきました。 

出来る人は自分で努力して上ってきますから。

早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約
↓    ↓    ↓



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング

このページのトップに戻る

会社は能力、結果主義

2018年08月08日

僕が今の会社を立ち上げて14年くらいになりました。

ゼロからビジネスをつくりました、工場もゼロから設計からやりました、そして人材も新卒から育てあげました。

そして立ち上げから7年目くらいからビジネスとして起動にのって成功と言える数字をあげれるようになりました。

僕が最初に育てた部下が成長してきて、そのスタッフ達が僕がいなくても工場を運営していくことができるようになっています。

僕が直接教えてきた部下の数は30-40人くらいですが、今では300人くらいの規模になってきています。

タイ人の出来ないこと

部下を育てることが下手です....

以前から懸念していた事ですが、僕が直接教えた部下の下で出来ると思わせる人が出てこないのです...

立ち上げ当初は人不足で会社の実績もないため、結構誰でも採用していたが、数年前から入社テストで点数が低い人は落とすなど、人を選んでいるので地頭が良いのは若い子なのは確かです。

しかし、現状はその若手は古参の部下の下でそれなりの仕事をしています....
もったいないです...

最初にいた部下達は工場長をはじめ各部門のマネージャーになりましたが、この若手達はそうなれるように教育されていません。
使いやすい人材です。

僕が欲しいのは自分で考えて、どんどん会社を改善できるような子達です。

年功序列の組織は作りたくありません。

勤続年数が短かったり、年齢の若い人にとっては、どれだけ実力があっても、どれだけ成果をあげても給料はなかなかあがらない。

また、たいして成果をあげていない年のとった人たちは高い給料をもらっている。


こんな日本の会社が嫌で実力主義の今の会社にきたのです。

そりゃ理想は古いスタッフもどんどん成長して、新しいスタッフに負けない結果を出し続けて同じペースで出世することですが、現実はそれは難しいです。

ここはある程度はギクシャクしてしまいますが、若手にもチャンスを与えるように今まで僕が直接指示していなかった人にも指示をして直接話して、そして結果出来る人材ならば古参の部下の上にいかせる決断をしました。

どちらも辞めて欲しくはないので、ちゃんと説明はしましたがどうなるかは正直分かりません。

会社が更によくなると思って、今年は変えてみます。

またどうなったか書きたいと思います。


早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約
↓    ↓    ↓



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング

このページのトップに戻る

  1. 前のページへ
  2. トップページに戻る
  3. 次のページへ