微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

会社のレベルと学歴とそれ相当の能力

2017.03.08
僕が子供の頃は、良い大学に行って、良い会社に入る事が幸せだと言われていた(・∀・)イイ!!

良い大学を卒業していないと、良い会社に入れない、いや面接する資格すらないのだと気づかされたのは21歳のことでした。

会社にはランクがあって、それに見合った人しか採用されません。

入社テストの試験で良い点数を取ったら、面接で気に入られたら入社できるって思っていたのですが、それは大きな間違いです、応募した際に大学でザルにかけられる現実がそこにはありました。

※会社のランクをアルファベットにしてみます。
横が応募資格のある学歴

A 超一流大学
B 一流大学 
C 二流大学
D 三流大学
E 二流、三流の一浪組


Bまでは一浪でも、会社は受けて入れてくれるところが多いです。

僕の独断と偏見でざっくりとランクをつけさせていただきました。 
自分のランクの1個上くらいならば、チャンスさえもらえれば行くことは可能だと思います。
僕は学歴はCがDですが、Bの会社に日本では勤めていました。 同僚は僕より良い大学ばかりでした...

そして、タイに来て一番最初に入社した会社はEランクでした、この時出会った駐在員が〇東学院を一浪、一留して卒業したと聞いて驚愕でした...そんな事までして大学に入って意味があるのか?(´・ω・)って思いました。

それの意味はあったのです、この会社ランクにはまだ下が続く事を現実に知りました。

F 三流大学と高校卒業
G 高卒
H 高卒 中卒
I 誰でも入れる(日本の銭湯に入れない人も)

※高卒と大卒ではかなりランクが違うのです...


僕はBのランクの会社で働いていてそれなりに評価されていたので、Eの会社にタイで転職した時は能力的にはずば抜けて高かったと思います。 
だから現実に現地採用で就職しましたが、3カ月で駐在員、8カ月で工場長、1年で現地で社長以外でトップになりました。 これがまさにランクの違いだと思います( ノ゚Д゚)ヤルヨオレ

26歳の時にこのEランクの会社を辞めて、日本に帰国して就職活動をした時に狙うはBかCランクの会社のタイ駐在員でしたが、そんな簡単にいかないので、試しにFランクでタイに委託生産をしている会社を見つけて面接に行ったことがあります。

ちなみに、応募条件は高卒以上でしたね、大卒の人間が高卒以上という条件の会社に応募するのは珍しいと思います。

それまで就職活動に苦戦していましたが、そこではいきなり部長面接、すぐに社長面接、次は社長と二人でずっと将来の夢について話す面接ととんとん拍子にいきました(゚∀゚)アヒャ

社長「こんな人をタイに送り込むのはもったいない、ずっと日本にいて欲しい」って言われていましたが、僕はタイに拘っていました。

もう断ろうかなと思っていたところ、僕の希望年収が550万円というのをに気づいて、
※当時26歳

社長「あーやっぱり高いね~、これだとうちの部長より高いよ、もう少し安くならない?」って言われました...

もうおしまいです、僕はその後電話で人事部長に辞退をしましたが、その後、メールやら電話やらで1ヶ月くらいは考え直してくれと連絡がありました。

待遇に関しては、全くふれていませんでした....

そうなんです、下のランクの人が上のランクで働くことは無理ですが、上の人が下のランクの会社で働くことは能力的にできても、精神的に難しいのでした。

※学歴がすべてではないです、学歴が低くても立派にやられている方もいます。


早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約
↓    ↓    ↓







_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング
スポンサーサイト
FC2カウンター
スポンサードリンク
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
TWITTER
ツイッターやってます!
スポンサードリンク
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ