微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

今の会社を退職してみたらこうなった

2017.02.21
今の会社の僕のポジションは従業員300人の会社のマネージングダイレクター いわゆるMDです。
大きなグループのメイン会社で雇われ、僕が新規で会社を設立してその会社の運営を任せられています。
経営責任はありますが、出資リスクはありません。

年収もその他待遇もかなり満足しています、毎日自由に生活しています。
休みたければいくらでも休めますし、何時に出社退社しても文句を言う人はいません。

そんな生活をしているある日

グループの会社から新しい経営者が送り込まれて生産や経営に口を出すようになりました。

ある商品のラインを変更してしまい、商品は粗悪なものになり、客からはクレームが出ています。
しかし僕がその改善しようとしても、経営者からやらなくてよいと言われます。

「お前はしばらく休養しておけ」と言われ、2か月分の給料をもらいました。

タイでする事もないので日本に一時帰国することにしました。

日本は僕にとって、つまらない国です。 友達もほとんど結婚して毎日遊んでくれる人はいません。
知り合いの女性も結婚しているので誘う事もできません。

新しく友達や彼女を作ろうにも、年を取っていて社会の肩書のない自分ではハードルが高いです。

社会の肩書がない...

僕は気づきました、このまま僕は解雇になるんだなと...外国人の僕を辞めさせるなんて金さえ払えばなんともない事です。

まだ貯蓄はありますが、一生を好きなように過ごす金額には程遠いです。 働かなければなりません...

最初混乱しました、先ず今の年収で雇ってもらえる会社は日本にはほぼありません。

ここはまた外国企業に雇ってもらって、実績を出して認めてもらうしかないのかな...
今までの実績をタイなら買ってくれる会社もあるはず...

とは言っても、給料面はなんとか交渉できても、今までのような自由な環境はほぼ無理でしょう...

途方に暮れました...

その時です、






目が覚めたのです...今日は日曜日、久しぶりに二度寝、三度寝と睡眠をしている際にとてもリアルな夢を見ていたのです。

その時思ったのが、夢であって良かったというのは当たり前ですが、今までの実績、そして現状に満足していてはいけない、これからも、もっと必要にされる人間でなくてはならない。 向上心がある人間であれば、出資者としてはおいておくメリットがある。

はい、今日は日曜日ですが昼から会食があります。

適当に話をして、途中で部下に任せて帰ろうと考えていましたが、僕が行くのだからもっとうまく商談を進めれる。

もっともっとやってやろう!って思いました。

こういう夢を見れて良かったと思います。 正夢にならないようにできますから...

僕は今、自分で能力で叶えれる、一番最高の生活を手に入れている事を確信しました。

ちょっとほんとに解雇になったんじゃないかな?って思ったでしょ?w

早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約
↓    ↓    ↓







_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング
スポンサーサイト
FC2カウンター
スポンサードリンク
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
TWITTER
ツイッターやってます!
スポンサードリンク
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ