微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

タイの現地採用の転職事情

2015.08.26
以前に【ブログ タイを活きる 何度も転職する現地採用】を書きましたが、今日もタイ現地採用の転職事情を書きたいと思います。

先ず僕の経験からタイの現地採用で転職を2回以上して成功している人を知りません。
※タイ駐在員→現地採用は1回とカウントしません。

やはり転職するというのは長続きしない性格の人で、結局は何者にもなれなんだと思います。

タイの事情を何も知らないで就職して、数年勤めてタイ語も話せるようになりタイの事も分かって、満を持して1回転職するのはありだと思います。

しかし現実は応募してこられる多くの方が、2年前後で転職を繰り返しています(゚д゚)アレマ
こういう方は、転職毎に業界や職種が変わっているケースもあります。

こんな人を採用してうちの会社では変わって戦力になると思えないですよ....


次にタイの日本人社会は狭いので、転職したらすぐに前の会社の方などからどういう人だったかを聞く事ができます。

僕の場合でしたら、同じ業界ならば僕の知り合いから直接聞く事がほぼ100%できます。
違う業界でも間に一人挟めば情報を入れることができるでしょう。


タイの経営者は人材紹介会社の人とも知り合いが多いです。

日本だと辞めた理由を適当に言えますが、タイでは実際はどうだったのかすぐに調査が入ります。

こういう点からもタイでの転職は慎重にした方が良いでしょう。


逆にこういう人は転職しても良いでしょう。

勤めている会社で実績を残し、社内外から認められている人です(・∀・)イイ!!

でもたまたま入った会社がブラックだったらどうするんですか?

僕はどんなブラックな会社に入っても、能力がある人ならばその会社で上の方に行くことはできると思います。
実際ブラックで鍛えられた人はかなり仕事レベルが高い人が多いです。

実際僕がタイで一番はじめに働いた会社は超ブラックでした。 トータル5年で20人以上の日本人が辞めました。
その中で現地採用から工場長になった経験が糧になり今があります。

【地獄のアルカトラズに到着した初日の記事】



どんな会社でもすぐに辞めるのではなく、そこでトップになるつもりで働き社外から認められたら、転職する時は周りから誘ってくれる人材になっていると思います。

まとめ

タイで転職をするなら1回だと思いましょう!(・∀・)

それ以上はヘッドハンティングされる人になってください。


タイなど勤務地が海外の求人も結構あるリクナビ、駐在員案件をゲットするなら日本で求職するのが近道!
↓     ↓      ↓





無料で海外保険に入ることができる海外旅行保険付き楽天カードは年会費は永久に無料です。 とりあえず作っておいて損はしないですよ。
↓    ↓    ↓




_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング
スポンサーサイト
FC2カウンター
スポンサードリンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
TWITTER
ツイッターやってます!
スポンサードリンク
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ