微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

周りから馬鹿にされ始めたミン君

2014.10.07
 前回は 【逃げ口実を作るミン君】を記事にしましたが、ミン君が来て2ヵ月を過ぎた頃には会社の誰一人、ミン君に期待しているタイ人スタッフはいなくなっていた。

最初はタオの元部下で、他の会社で経験を積んで満を持して元上司を助けに来たといったイメージがあった、これでタオはだいぶん楽になるんだろうなとタイ人たちは喜んでいた。

マネージャー連中からは、ミン君はタオさんの友達だから入社できただけで、私たちが思う日本人の能力に足りていないという話が出ていた。

マネージャーや古株のスタッフから馬鹿にされるだけでなく、

最初ミン君が馬鹿にしていた新卒のタイ人スタッフからも、「ミン君の下で働くのは嫌だ、彼の説明は意味が分からないしその通りやったら失敗して怒られるから無理だ」って直訴があった。


ミン君が駄目な日本人M君の上司役を勝手にやりだしてからは、更に周りから何をやっているんだという目で見られていたし、実際この件に関しては、僕も結構腹がたっていた。
【己を知らないミン君が、M君を馬鹿にしながら勝手に上司になった記事】

自分のことが出来ていないのに、なぜ1年以上も先輩の日本人を馬鹿にして上司になろうとするのだろうか?

全くもって理解に苦しんだ(゚д゚)ウザ

M君は報告などをミン君にして、それをミン君が僕に報告してきたりするのだ....

ミン君さぁ、自分の仕事の報告してから他の人の面倒みたら?( ゚Д゚)ダメダロ

たぶん、この件があってから僕の態度が多少厳しくなった。

自分の仕事はそっちのけで、M君の面倒を見ようとするミン君

僕が指示したこともやっていないことがちょくちょく出てきた。

こんな状況にフラストレーションが溜まった僕は遂に

タオ「ミン君 自分の仕事出来てからMの面倒みなさい! はっきり言って全然仕事できてない、Mの面倒なんて見ている場合じゃないよ」ってちょっと厳しく言ってやった。

これは素直に聞いて、すぐにM君の面倒を見ることを放棄したミン君だけれども、僕を含めて周りのミン君を見る目は変わらない、いやむしろM君を捨てた薄情な奴だと思う人もいただろう。

これからも頑張ってもらいたいので、この辺りでゆっくりとミン君と話そうと飲み行った

僕が仕事の要領が悪く時間が非常にかかっている点をどうやったら改善できるかアドバイスしたら、

ミン君「それはタオさんなんです、僕は何度も何度も確認して絶対に自信を持ってから本番の仕事に取り掛かるタイプなんです」(゚Д゚)オレオレ

お前は考古学者様かい....

その仕事スタイルで、何か誰にも負けない開発をして商品をつくったんかい....


ミン君が言いたいのは、自分は完璧主義者で一度作ったものも何度も作り直して、更に良いものを作っていく人間だという。

例えとして、ドラクエを一度クリアしたら止めるのがタオならば、自分はレベルを99まであげてすべての呪文を覚えてたり道具や武器を集めるのだと力説するミン君

僕はそれを聞いて、なんて時間の無駄、人生の無駄をしているんだろうこの子はと、悲しくなった...._| ̄|○


次回に続く、ミン君が泣き出した!


タイなど勤務地が海外の求人も結構あるリクナビ、駐在員案件をゲットするなら日本で求職するのが近道!
↓     ↓      ↓




_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
スポンサーサイト
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ