微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

ミン君の仕事能力! 

2014.09.09
前回は【己を知らないミン君】を書いたが、実際のミン君のその時の仕事能力を書いてみよう。

前回も書いたが、ミン君に支払っている給料(8万バーツ)に対して、会社が求めることの40%くらいしか出来ていなかったミン君。 でもそれは分かっていたことだが、何が出来ていなかったのか?

先ずタイ語

ミン君はタイ歴も10年近くあり、タイ語ができると本人も思っている。 実際、他の人のタイ語(タオも含む)が出来ていないとか、タイ人には伝わっていないなどよくよく評論していた。

しかし、僕の会社でいざタイ人と話させると、あんまり伝わらないのである。

さすがに半分くらいは伝わっていたが、やって欲しいことが伝わらず仕事に時間がかかっていた。

一方、ミン君に「タオさんのタイ語はあんまり上手くない」と言われてた、僕の指示は100%タイ人に伝わるのである。

でも僕は文句を言わない

タオ「ミン君、まぁブランクがあるからな、ちょっとしたら思い出すよ。 僕の指示が伝わるのは僕がここに長くいるから、僕の発音の癖を知っているからだから、気にしないで」ってアドバイスしていた(・∀・)イイヨイイヨー


商品開発能力

ミン君は自称開発職をずっとやってきたと言っている。 そこで僕も開発のポジションにミン君をおいた。

しかしだ....実際にはミン君は今までに自分で開発したものを世に送りだしてきたものはない。
開発といっても、お客さまから言われた通りのものを用意していただけだった。
例えば部品Aをどこどこで買って、部品Bにくっつけて商品Cを作るといったものだ。

僕が言う開発は例えば新しい車をデザインからエンジンまで考えて、それを価格などを考えて実際に開発して生産するといったものである。

だからミン君に○○に提案する○○を2-3品開発しといてって指示しても、それが作れないばかりか、提案するものを考えることすらできない状況であった。

それでも僕は文句を言わない

タオ「ミン君、僕はこの道そろそろ20年なんで同じようにできるとは思わないでね、先ずは簡単なものを作っていこう」って慰めていた(・∀・)イイヨイイヨー


業界の知識

びっくりしたのは、タイに10年近く住んでいて、僕と同じ業界で働いていたくせに、この業界のユーザーや同業者などのことを全く知らないのである。 知っているのは自分の会社とそこで知り合ったごく少ない人たちの会社だけである。

○○に販売する商品Aなんだけどって話をしても、その○○を知らないのでピンとこないのである。

あと商品を輸出入する際の書類についても全く知識がなかった、アルカトラズで僕が商品を輸出するために、必死に作っていた書類のことすら知らない始末であった.....

それでも僕は文句を言わない

タオ「ミン君さぁ、僕はタイで13年も働いているし、経営者という立場なので業界のことを知っている、ミン君もこれから頑張って色々知り合いを増やしていこうな」って言っておいた(・∀・)イイヨイイヨー


ミン君は自分はタオ以上の能力を持っていると思っていた人間である。 それがここまで差がついていることを目の当たりにして、ちょっとショックを受けていた。

そこで精神的に弱いミン君を気遣って、できるだけ前向きに頑張ってもらうようにとてもとても気を使っていた....

次回、実際の仕事っぷり


タイなど勤務地が海外の求人も結構あるリクナビ、駐在員案件をゲットするなら日本で求職するのが近道!
↓     ↓      ↓




_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
スポンサーサイト
FC2カウンター
スポンサードリンク
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
TWITTER
ツイッターやってます!
スポンサードリンク
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ