微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

ミン君の実家に行ってみた...

2014.05.13
前回の記事で【遂に脱サラしちゃったミン君】でした。

ミン君が日本に帰国してから数ヵ月後、僕は休暇で日本に帰ることになった。

ちょっとミン君が気になったので連絡したら、まだ忙しくないので会えるってことだったので、はじめてミン君の実家に行くことにした。 
ミン君の実家はかなり田舎で、ミン君がいなかったら一生行くことはなかったかもしれない。

比較的都会育ちの僕にはそんな田舎は新鮮でした、そこで会うミン君もタイで会うミン君とちょっと違う気がした。


まだ忙しくないというのは、ミン君はまだパン屋を始めていなかったからだ....

聞くと、近くのスーパーでバイトをしていて、パン屋の設備が整うのを待っているとのことです。


まぁこういうところなんですよね、仮に僕が脱サラしてパン屋になるのならば、バイトをしたとしても有名パン屋で修行すると思うんですよ。 そしてパン教室とかに通います。 設備を待っている時間がもったいないし、素人が焼いたパンなんて売れるとは思いません。

でもね、もう僕はアドバイスするのは止めたんです。 だから、「へーそうなんだ~」って聞いておくだけにしました。


そして夕食をミン君の家で食事をご馳走になった。

こちらの食事も初めて食べるような様式でもてなしてくれるのが、素直にうれしかったです。

ミン君のお母さんが色々と世話をしてくれるんだけど、ミン君がちょっと席を外した時に真剣な顔で

ミン君の母親「タオさん、色々とミンがお世話になっております。私はあの子が心配で心配で....せっかくご紹介してもらった会社に入ったと聞いて喜んでいたんですが、辞めて帰ってきてしまうし....どうぞこれからも助けてやってください」(´Д⊂


なんだか、他人事ではない気がした...自分も日本の会社を3年で辞めて、何も相談せずにタイに移住して働き出して、数年前までどうなるか分からない状況だった....

きっと僕の両親も心配していたと思う...

今でこそ、自分のしていること、タイでの生活を胸を張って報告できるけれど、コラートの会社を辞めて一時帰国していた頃の僕は大きな大きな子供なんだと感じていた。

30歳にもなって近所のスーパーでバイトしているミン君も同じ立場であろう。


お母さんに僕ができることがあれば協力することを約束した。


その後ミン君が戻ってきて、また楽しい時間を過ごした。


さっきのお母さんの言葉もあるし、僕もちょっと心配なんで、「パン屋っていつからするの?」って聞いたら、あと半年くらい後かなって答えが返ってきた。


今回はミン君の焼いたパンは食べれなかったが、次来る機会があれば食べれるものだと願って、お別れしました。


次回、パン屋スタート?


【それ行けミン君】
↑   ↑
こちら過去記事からミン君がメインなストーリーを抜粋しております。
当ブログの左下のカテゴリーの一番下にもリンクしています。 過去記事19話です。


90日以内の海外旅行、出張ならばもう海外旅行保険をかける必要なし!
年会費無料の楽天カード作ろう!!

↓       ↓       ↓




勤務地 東南アジア【タイ、インドネシア、ベトナム、インド等】で海外就職を目指せ!
↓        ↓         ↓



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
スポンサーサイト
FC2カウンター
スポンサードリンク
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
TWITTER
ツイッターやってます!
スポンサードリンク
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ