微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

タイの現地採用のミン君

2014.02.18
前回の【人の忠告は聞かないミン君】で、お姉ちゃんからの紹介の密輸のバイヤーの仕事を諦めたミン君は正攻法で就職活動をし始めた。

新卒でタイで働いて、1年ちょっとで退職そのあと日本タイを合わせて2年くらいプー太郎だったミン君、そう簡単に良い仕事がみつかるはずがない....

人材紹介会社からは能力相応の会社を紹介してもらうのだが、こんなミン君でも興味があるっていう会社は日本には本社などがない、タイに根付いたワンマン社長の会社がほとんどである。

だから面接に行って合否が出る前から、「なんか駄目そうな社長でした....」って話を何回も聞いた...
そうワンマン社長の会社なので、社長が直接面接をするのである。

なかなか決まらないミン君にある人材紹介会社は

「君なんてどこも就職できないよ、なんだったらうちの会社で雇ってあげようか?」って言われたらしい。

こんな言葉にテンションが高くなるミン君

ミン君「最初は3万バーツとかなんですけど、5年後には10万、20万も可能だと言ってもらっているんですよ」(゚∀゚)イケル

いやいや、ミン君....なんでどこも雇ってもらえない君がその会社で出世していけるんだろう....
その人材紹介会社の人が本当にそう思っているんだったら、「君なんてどこも就職できない」って言う?

こんな考えたら誰でも分かることを、自分に取って都合の良いところだけを信じて、他の悪いところは考えようとしないのがミン君の特徴である....

ついこないだまで、お姉ちゃんの知り合いのおじさんと会社を作ってやるって言っていて、それが無くなったことは一切触れないミン君であった。


このタイミングでようやく、1社内定が決まった。 もちろんタイ人の奥さんと共同経営をしているワンマン社長の会社である。


人材紹介会社で働くか、ワンマン社長と一緒に働くか迷った結果

ミン君「こちらの会社は前職と同じ業界だから良いと思うんですよ、先ずは3年くらい働いて経験を積んで次につなげたいと思います」


まぁ当然の選択ですよね、この会社は僕も知っているけど、取引相手は大手も多いのでしっかり働ければ良い経験になると思います。


こうしてミン君の現地採用生活が始まったのであった....


そして事件はすぐに起きた....次回に続く...


【それ行けミン君】
↑   ↑
こちら過去記事からミン君がメインなストーリーを抜粋しております。
当ブログの左下のカテゴリーの一番下にもリンクしています。 過去記事14話です。


_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
スポンサーサイト
FC2カウンター
スポンサードリンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
TWITTER
ツイッターやってます!
スポンサードリンク
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ