微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

工場立ち上げ2年目

2013.10.07
工場が出来上がって2年目、ここが勝負の年だと思ってた(`・ω・´)シャキーン

1年目はうまく工場が動くか、スタッフの教育といった準備期間でもあったので、グループの幹部ファミリーも厳しい目では見ていなかった。

しかし2年目は将来に繋がるためのビジネスをスタートさせたい。

最初からそうだったが、商談に呼ばれたらどこでもいつでも行っていたし、商品の依頼を受けたらどんなものでも試作して提案していた。

この工場で作れるものであれば、なんでもです。

他会社の商品の梱包なんて作業も受けていたし、スポットの仕事で数十キロというのも受けていた。
※通常は他の会社のものなど梱包しないし、ミニマムロットは数百キロが普通である。

とにかく稼働率を上げながら、定期的にいただける仕事を取ってきた。

この時期にラッキーだったのが、大手の商社の現地社長にとても気に入られたことである。
僕が入院していたときに、お見舞いに来ていただいたのがきっかけで、僕はこの社長の依頼ならばなんでも快く受けていた、その結果この社長は何か新規のビジネスがある度に僕の工場を紹介してくれた。
もちろん商社だからマージンは取られますが、とても顔が広いので僕が営業する必要がないくらいひっきりなしに紹介していただいた。

※この社長はすでに日本に帰国されたのだが、この記事を書いている本日ですが、この社長が僕の工場をべた褒めしてくださったようで、日本から数人この商社の方が工場見学に来られる。


商社のすごい出来る人なので、たぬきと言えばそうなのですが、お互いにWIN WINの関係だった。
社長は何でも言うことを聞いてくれる自社工場のような工場をGETして、僕は大手商社の営業力がバックに付いたのだった


こういった商社の紹介もあって、この年は新規のお客様がかなり増えた、その中で今では相当の量を買っていただいてるお客様もこの社長の紹介で2年目にビジネスがスタートしました。

また最初はなんでもやっていた工場でしたが、ある程度の方向性が見えてきた。


2年目からは、月ごとの収支は黒字になった。 最初に計算していた原価償却費を引いてもです
新たに設備投資もするので、年間だとギリギリってところでした。
(;´Д`)スッ、スバラスィ ...ハァハァ


ここに来てようやく手ごたえを感じてきましたね、なんとかなりそうだって。

でもほんと何をやったらこうなるの?ってたまに聞かれますが、

がむしゃらにやっただけっですってのが本当のところです(`・ω・´)シャキーン

だって最初からプランなんていい加減だったし、手当たり次第やった結果で計算して商談をしていたわけでもありません。 来る者は拒まず、去るものは追わずでもチャンスがあったらまた挨拶には行ってみますけど。


こうやってなんと軌道に乗り始めてきているのですが、うちはタイ企業、そうは楽にはさせてもらえません。

次回、敵は同じグループ会社



90日以内の海外旅行、出張ならばもう海外旅行保険をかける必要なし!
年会費無料の楽天カード作ろう!!

↓       ↓       ↓




ANA JCBカード 入会でマイルプレゼント
↓   ↓    ↓








_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
スポンサーサイト
FC2カウンター
スポンサードリンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
TWITTER
ツイッターやってます!
スポンサードリンク
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ