微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

BOSSが僕の邪魔をした出来事

2013.07.08
東京パンチの販売はそのまま継続していたが、僕とケンさんは他にお客様を探していた(`Д´)ヤバイヨネ

するとBOSSが大手〇〇会社が、僕が昔作っていた商品に興味を持っていると言う。

早速、商談にいくことにした。 僕とBOSSとケンさんそしてなぜか東京パンチの責任者バムさんも一緒である。

ここまでくると、BOSSとバムさんは何かあるんじゃないかと勘繰りたくなりますよね、でもバムさんって160cmくらいで90Kgくらいあるんです... 

何もないと思いたいです...詮索はしないことにしましょう...|д゚)カンサツ

大手〇〇会社はBOSSも来るということで、いきなりGM(女性)が商談に出てきた。
僕が今までタイで手がけた商品のカタログを見せると、めちゃくちゃ乗り気になってきた。

GM「これがほしかったの、すぐに納品できる? いくらくらい?」(*´∀`)

タオ「はい工場をすぐに稼動させれば、来週にでも納品できます。 価格は1個1000バーツくらいでできます」


GM「おーそれはいいですね、試しに百個注文します、見積書を送って頂戴、すぐにPO(発注書)を出します」(*´∀`)


GM「いや~楽しみですね~」


最高です、即決です。 100個ですが、これがうまくいけば相当大きな商売になります。 少しは僕がいる意味ができます。

って喜んで、工場に帰って速攻で原価計算をしてケンさんに送りました
※ケンさんは社長秘書

しかし...

ケンさん「タオさん...ごめんなさい...」って送ってきた社長のサインが入った見積書には1個2000バーツとなっていた。

僕がGMに言った価格は1個、1000バーツ、原価計算だと原料代、人件費、光熱費、配送費などすべて入れて600バーツなのである。

800バーツで売っても十分だし、タイのマーケットだとこの類似品は800-1200バーツで売られている、それが2000バーツって...

タオ「なんなんですかこのでたらめな見積書は!」( ゚Д゚)ナニコレ

ケンさん「社長がうちの商品は品質が他とは違うし、今後色々と要求が増えるかもしれないからリスク分として倍にしちゃったんです」

タオ「ケンさん何も言わなかったの? 明日GMになんて説明するの?怒られるよ...」

ケンさん「はい、僕が責任を持ってGMに説明しますが、この話だめになっちゃいますね、たぶん」

すごく残念であった、でもその時の僕はBOSSに直接何も言うことはできなかった...

そして、ケンさんと僕は見積書をGMに持って行った、案の定GMはびっくりした顔をして、無言になっちゃっいました。

その場は「検討して連絡します」って言ってくれたが、連絡はあるはずもなく、ケンさんが何度か連絡しても忙しいので会えないという返事ばかりでした...

そうなんです、僕のBOSSは三代目の社長。 生まれたときから大金持ち。

こういった商売はあまり得意ではないんです、悪意はないんですけど...

ということでこの大きくなりそうな話は終わりました....

そしてすぐにまたBOSSからお客さんを紹介してもらった。

BOSSは顔だけは広いんです...(;´Д`)

次回に続く



90日以内の海外旅行、出張ならばもう海外旅行保険をかける必要なし!
年会費無料の楽天カード作ろう!!

↓       ↓       ↓




ANA JCBカード 入会でマイルプレゼント
↓   ↓    ↓








_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
スポンサーサイト
FC2カウンター
スポンサードリンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
TWITTER
ツイッターやってます!
スポンサードリンク
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ