微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

タイに来てから12年、就職日記の今

2013.06.17
地獄のアルカトラズからの微笑の国タイランドでの就職日記】は、12年前の今頃から話が始まっている。

新卒で入社した会社を辞めて海外に出ようと決心したのが12年前、

タイに来て就職活動をして、この日記のメインとなるコラートでの地獄の2年間

その後、プーケット、バンコクでの少し人生の休憩

そして日本に帰って再就職して1年後にタイ駐在員を目指す、

しかし、現地採用で魅力的な会社からお話を頂いたので3ヵ月で退職して、現在の会社に転職する。

そして今の会社の新しいプロジェクトの工場長代理というポジションで入社する。

1年後、その時の上司と別れてプロジェクトの責任者兼工場長に就任する。

この辺りで日記は時系列で書かなくなりました。

日記自体はアルカトラズで干されていた時に書き始めていたのですが、実際にブログに書き始めたのは今の会社に転職してから2年後の時である。 ちょっと余裕が出てきたときですかね...

あれから結構な月日が流れました。

こないだ自分の日記をはじめから読み返して見ました。 


文章も酷いですが(今も酷いですけど...)、こいつ(自分)何考えているでしょうね...(゚д゚)アホチャウ

就職活動が一週間くらいで終わるものだと真剣に思っていたんですね、実際終わっているところが奇跡です。
【タイではじめての就職活動】

ほんとめちゃくちゃな人生ですわ... よく何とかなったと思います。

何が頑張らせたの? 
負けれないという精神力だけだった気がします。
日本にいる友達、両親に逃げ帰ってきたと思われたくなかった...


コラート時代は毎日が辛くて死のうかとまで思ったことも数回、仕事以外の記憶はほとんどがぼんやりと夢のようにしか覚えていません(´Д⊂ヽ

よくもまぁ実際に現地採用から駐在員になって、さらに工場長までなれたと思います。
とにかく当時の工場長の【日本兵】が嫌いで、早く僕が日本兵の代わりができるようになって、奴を日本に帰国させようと必死でやっていたら、工場長になっていました。


その後も色々あって結局今もタイにいます。

人間の人生なんてどこでどうなるかなんて分りませんよね( ´∀`)

現在、タイでも大きなグループで働いています。

肩書きは自分の会社のDirector、そしてグループ直系のBOSSの会社ではGeneral Manegaerに就任しております(・∀・)ケッコウエライヨ

次回から今まで書いていなかった、僕が今の会社の責任者になってからの話を少し書きたいと思っています。
【時系列で書いていた就職日記の最後の記事】


90日以内の海外旅行、出張ならばもう海外旅行保険をかける必要なし!
年会費無料の楽天カード作ろう!!

↓       ↓       ↓




ANA JCBカード 入会でマイルプレゼント
↓   ↓    ↓








_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
スポンサーサイト
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ