微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

パノムルン遺跡 2(´∀`)

2005.11.15
裏口から入ってしまった僕は、一度正面まで行って、仕切りなおして正面から遺跡を歩く。遠くにそびえる遺跡はなかなかの見ごたえがある。
今度、来たときは、絶対に車は遺跡の正面につけてもらおう( ゚Д゚)
そして今来た道を、今度はゆっくりと戻る。

20051109142619.jpg

※遺跡を見学する、小坊主たち。 仏教国って感じがする(>_<)
20051109142541.jpg

※遺跡の裏口からは、大平原が見渡せる。小さく見える山々はすでにカンボジア領だ。 島国育ちの僕には、国境というものにはいつも興奮させられる(>_<)
夕暮れ、十分に遺跡を堪能した。 コラートに帰るのが億劫である。
タイの田舎道と夕焼け、現実的ではない風景を見ながらそれでも帰宅してしまう。明日はもちろん仕事である。こんなテレビでしか見たことのない風景と、これまたテレビでしか見たことのないような悲惨な職場、うまく表現できないが、当時僕は常に夢の世界にいるという錯覚によくとらわれていた。 
目が覚めると、日本の住み慣れた部屋にいるのではないかと…
20051109142555.jpg

アジア人気blogランキングにぽっちとな
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
スポンサードリンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
TWITTER
ツイッターやってます!
スポンサードリンク
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ