FC2ブログ

トップ  >  タイで働く  >  専制君主制(ワンマン)の会社

専制君主制(ワンマン)の会社

2011年09月17日

僕のBOSSの会社は華僑グループの一つです

すべての事においてBOSSがOKといえばGO、NOと言えばWAITです(`・ω・´)クラップ

大きな決断の際にだけ、ファミリー間において会議が設けられますが、決められたことは従うだけです。

政治体制用語を使うと、専制君主制のような会社になると思います
※ワンマン会社=専制君主制

一方、株式を上場して株主が集まり採決をとるような会社が民主制の会社ではないでしょうか。

日本人は民主主義に慣れていますが、では民主制が必ずしもいいのでしょうか?

ワンマン会社とはマイナスなイメージを持つことが多いですが、僕個人の意見ですが、専制君主制は優れた人が統率すれば、的確な戦略をすばやく打ち出せてかなり強い会社になれると思います( ゚д゚)イケー

ただ民主経営よりも専制経営の方が、労働者が反発することが多いかもしれません。
その理由の一つはは、時に感情で決め事をするからだと思います。 
※ただ反発したら辞めるしか選択肢はなくなりますけど

そんなBOSSの会社ですが、僕がまだ入社する前に労働者からストを起こされたことがあります。

BOSS「働きたくないなら、別にいいんですよ。 賃金を払わないだけ。友達の会社に委託生産して乗り切りました、一度話を聞くとあの人たち(労働者)はまた何回でもストを起こすんですよ」(´∀`)

専制君主制会社、強いです
しっかりと対応できた場合は、労働者も次はなかなか行動には起こせません。

僕はそんな専制君主に1つの会社を完全に任されているので、経営の仕方も自分のスタイルでいいわけですが、もちろん自身も専制君主制です。 そうワンマン経営ですね。

部下に意見を求める場合もありますが、基本的に僕が決めるし僕の承認が必要です( ゚Д゚)キメ

若い頃はちょっとそれは違うんじゃないかという判断もしましたし、労働者にとって良くない命令もだしました。

その時は気持ちが高ぶっているので気にならないんですけど、夜寝るときに

「明日、作業員がこなかったらどうしよう」

「MGの〇〇が怒って辞めちゃったらどうしよう」(;゚∀゚)ドキドキ


とか考えちゃって寝れないことも多かったです。 

今でも時々そんな心配をしないといけないようなことをもあるんですが、だいぶん大人になって感情をコントロールできるようになったと思いますし、対策として組織の力を分散したりしてリスクヘッジさせています。

例としては生産のスタッフが来なくてもQAのスタッフで生産が回せるようにしています、もちろん生産のトップとQAのトップは横の関係で日頃から対局するような仕事をさせているわけです。

専制君主制(ワンマン会社)の君主(社長)というのは、結構孤独なもんなんだと思います(´Д⊂

僕も結構感情でいろいろ指示したりしてきましたが、10年間工場を見ていますが、幸いというかストが起こったことも無くなんとかやっています。


ただ、身近の工場や日本企業でもストが起こっています、それはクーデターではないの?という出来事も起こっているんです。

次回 クーデターにあった日本人駐在員



円高、夏休みは海外で決まり!
↓   ↓   ↓

海外の宿泊もポイントでお得!じゃらんnet




90日以内の海外旅行、出張ならばもう海外旅行保険をかける必要なし!
年会費無料の楽天カード作ろう!!

↓       ↓       ↓


【他の海外保険付きカードのご紹介はこちら】


_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】


スポンサーサイト



2011年の誕生日! | トップページへ戻る | ほんとにやばかった...

このページのトップに戻る

コメント

Re: 専制のタオさん?

チャーンさん>コメントありがとうございます、和をってうやつは通用しにくいと思います、特にタイは階級社会なので、誰かトップいないとなかなか決め事ができません。あと思うに、一代目で会社を立ち上げる場合は、どうしてもワンマン社長になってしまうんじゃないでしょうか? 会社を立ち上げるリーダーが必要だと思います。
次回も宜しくお願いします。

専制のタオさん?

いかにも大陸的ですね。和をもっと尊し…は通用しないのですか?次のお話楽しみにしています。

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る