微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

初海外で初海外勤務!

2005.11.01
僕は当時、たばこを吸っていた。 他の日本人は社長が少し吸うぐらいで吸わない。よって、喫煙場所などなく僕はいつも、外のベンチで一人で吸っていた。 ミン君が来てから、彼も愛煙家であることから、二人でよくそとのベンチで吸うこと多くなった。

はっきりいって、この喫煙タイムは超重要である。( ゚Д゚)

マラソンの給水よりも、重要である、あえて言うならば水泳の息継ぎぐらい必要である。僕がタバコを吸っていなかったら、あまりにも窮屈なこの会社の雰囲気の中で、息継ぎが出来ず気が狂っていたと思う。

そんなことから、ミン君とは休憩中によく話しをした。
実は、ミン君はこのタイ駐在が初めての海外であったのだ、しかも希望してやってきたというのだからすごい。
そんなチャレンジ精神があるにもかかわらず、一人で外を歩くのが怖いらしい('A`)だから来てしばらくは、会社と家の往復だけであった。

そのミン君の住まいは、僕のようにタイシンアパートではなく、僕もはじめ住むことになった住居である。 社長と日本兵の3人暮らしである。(T.T) 僕はGさんとの2人暮らしであった。

【タオがその住居を脱出したときの過去ブログ】

家での生活状況 By ミン君
ミン君「帰ったら、とりあえず部屋に引きこもるんですよ、そして寝ます。あの二人が寝静まった夜中の3時くらいに起きてそこから、行動するんです。シャワー浴びたり、ネットしたり酒飲んだりです。そして、朝の5時30分くらいになったらまた部屋にこもるんです。そうしたら、朝6時くらいにあの二人も起きてくる音が聞こえるんですよ。もう、嫌で嫌で…毎日泣いています」(T.T)
さらにミン君は、コラートに来てからまだ、スーツケースをほどいていないらしい…スーツケースをタンス代わりにしているという。
理由は
ミン君「いつでも逃げれるようにです」( ゚Д゚)

あの二人と、24時間共同生活を経験したミン君は、将来どんな環境も快適と思えるに違いない。(。´Д⊂)

アジア人気blogランキングにぽっちとな
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
スポンサードリンク
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
TWITTER
ツイッターやってます!
スポンサードリンク
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ