微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

無礼な駐在員君

2011.08.08
駐在員の中には、会社としてさらにタイに進出するかどうかのマーケット調査に派遣されている人がいる。

僕が感じるには、こうした駐在員のほとんどの人が、タイの良い部分や可能性を日本に報告しようと頑張っている

タイにだけに派遣されていたら、そうなってしまうのは自然なのかもしれませんね。

タイ全然だめ! やめたほうがいいよ~って報告したら、それで駐在生活も終わりですからね。

例えば、タイ、中国、ベトナム、インドネシアなどを調査してどこに進出するのがいいのか報告するのであれば変わってくるのだろうけれどもね。


そんな駐在員さんの仕事が、どうだこうだ言いたいのではなくて、そんな報告に付き合わされるのがほんとに時間の無駄。

僕の会社に原料や資材を売りたいサプライヤーは、どっかから聞きつけやってきて、情報を取ろうとする。

情報を取るのが彼らの仕事だが、なんだか僕が買うことが前提のような話になって日本に報告される。

〇〇会社が見込み客ですって( ゚Д゚)ハイキタ

そして、日本からえらいさん連中が来たら、タオさんの工場に連れていってもいいですか~?って連絡がある


ちゃんと価格が出ていて、商品サンプルもあれば検討できるんですが

値段を聞いても

まだタイで生産するのか、日本から輸入するのか決まっていませんから出ません。

こんな状況だから、サンプルを依頼しても日本の製品が届く、ただこれは実際に購入できる製品でない可能性がある。

それでもえらいさんが来たら、こんなに大きなマーケットがありますよ~っていろんな工場を紹介するんです。


いや、誰も買うっていってへんって(;゚∀゚)ムリヤ


タイに派遣されている駐在員は、ちゃんと仕事していることをアピールするためにそのときは必死である。

でも多くの人が、普段から連絡をしてくるのではなく、えらいさんが来る時にだけ連絡してくる。

それが1年ぶりでも平気でね。

都合良過ぎません? 

そんな奴のために時間つぶしたくないし...

こんな感じの話でもう一つ、ほんと都合が良い奴の話

その駐在員の先輩と僕はとても仲が良かった、先輩が帰任する時に引継ぎできた後輩H君。

先輩からH君を公私共にお願いしますと言われたので、僕は飲みに誘ったり、ゴルフに誘ったり、僕の仲間を紹介したりした。

しばらくすると、H君

「まだ来たばかりで自分の時間がないので、しばらくお付き合いできません」って僕にも僕の仲間にも言い出した。

なんじゃそれって感じで、みんなH君を誘ったり、面倒を見るのをやめた。

大きなお世話かもしれないが、タイでのネットワークは仕事でもプライベートでも大切だ、少々邪魔臭くても参加したほうが将来楽しいタイ生活が送れると思う。

でもそれも人それぞれですからね、無理やり誘うのもあれなのでやめました。

それから2年くらいH君からは一切の連絡がなかった。
年末の挨拶すらなかった、僕はH君の会社から結構商品を買っているのに...

しかもそこの社長とたまたま会ったときに、超失礼な発言をされたので、
※この話はまた今度。

僕はH君の会社から買っている商品を他社に切り替えた。

友達の先輩には一報いれといた、H君と社長ひどくね?( ゚д゚)、ペッって

それがついこないだ、夜の8時過ぎにH君から突然電話がかかってきた

なんだろうって思いません? 普段付き合いのない人から、そんな遅い時間に...

出てみると、〇〇〇の機械をテストで使用してくださいだって。

はぁ~?!(゚ω゚; 彡 ;゚ω゚)ナニソレ

なんで? 機械のデモに俺が付き合わんとあかんのよ?

おそらく、このデモ機を何台置かせてもらえってノルマが日本からきたのだと推測される。

翌日、仲の良い先輩に確認したら、案の定そうだった。

もし、H君が頑張って僕らに付き合っていたら、おそらく10機 20機は簡単に仲間内で置かせてもらえたのにね。

せめてワンクッションおいて、飯でも誘ってくれてから、この話をだせば結果は違ったでしょう、なんでもメールと電話で済まそうとするからです。

90日以内の海外旅行、出張ならばもう海外旅行保険をかける必要なし!
年会費無料の楽天カード作ろう!!

↓       ↓       ↓





円高? FXよくわからないけど興味ある、無料でデモ体験できます
↓   ↓   ↓






_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
スポンサーサイト
コメント
No:2474|Re: No title
ヒロシさん>こんにちわ。 ブログは好きなこと書いているので結構ストレス発散になっていますw

H君は30歳くらいだったと思います、こんな営業ならいないほうがましだと思います、タイ人の営業のほうが期待もしていないのでいいです、まーその場合は、商品に必要性、品質、価格がけで買いますけど。
サービスは供給責任だけしていただければいいですよw
2011/08/09 06:57|by タオ|タオ URL|編集
No:2473|Re: タイトルなし
とらさん>ゆとり時代の若手さん、こちらでもよく話題になります。
親、学校の先生、そして会社の先輩の責任だと思いますが、たしかにトンカチが手元にあれば
やっちゃうかもしれないですねw
2011/08/09 06:53|by タオ|タオ URL|編集
No:2472|Re: No title
わびさびさん>おはようございます。
そうですよね、年に3~4回来る営業さんいますよね。僕もよっぽど忙しくない限りお会いします。
なんか情報もって来てくれる人もいますし、まー会いにきてくれることがうれしいですよね。
確かになんか仕事あげたいと思って、こちらも考えちゃいますね。
僕も逆の立場で昔何回も通って、大手ユーザーさんんからスポットの仕事何回もいただきました。
ありがたや~w
2011/08/09 06:52|by タオ|タオ URL|編集
No:2471|No title
こんばんわ。エントリーがんばってますね。長いことブログを続けているだけでもリスペクトですが、このペースはすごいなぁ。しかも、日常決して暇でないわけだし。

ところで、このHくんが何歳くらいなのかは存じませんが、最近、自分の廻りにもこのタイプ多いですね。こちらのニーズに完璧に答えられるのはA社だけってケースは逆にレアなのでA社、B社、C社、どれにするかを決めるのは結構、営業ですよね。

 最近の営業は人手不足なのか引き継ぎ、教育もなってない気がするし。(あっ、これは日本か)
2011/08/08 20:33|by ヒロシ|ヒロシ URL|編集
No:2470|
典型的なゆとり君ですねw
そんな若者が最近多いですよね。
私の職場にもいますよ~

「それは仕事ですか?」

頭をトンカチで殴り付けてやりたくなります。
2011/08/08 13:33|by とら|とら URL|編集
No:2469|No title
タオさん、お久ですw

小生も物売りしてますので、このような営業は一番嫌われるタイプの様に思います。用が無くても、「ちょっと寄らせて貰いました」とか、「コーヒー飲ませてくださぁい」とかw 余程忙しくなければ案外会ってくれますし、運が良いと引き合いを頂いたり^^; 営業って「生業を営む」って書くんですよね。ですから良いときも悪いときもお客の顔を見に行かないとw 私はそう思います。それを繰り返すことで信頼感とか出来るんではないでしょうかねぇ 引き合いが出たときだけ訪問するのは営業としては失格でしょう?ってか引き合いすらだしてくれませんよね? わびさび
2011/08/08 13:33|by わびさび|わびさび URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
スポンサードリンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
TWITTER
ツイッターやってます!
スポンサードリンク
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ