微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

海外で働ける条件

2011.05.04
東日本大震災にて被災された地域の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。



僕は昔から海外志向が他の人に比べて強い方だった、姉も海外に出ていたことも影響していた。

学生の頃、描いていた海外就職とは

英語や現地の言葉でバリバリ仕事をこなす。

ちょっとワイルドな仕事ぶりで、日本では考えられないビジネスマン。


こんな感じです( ´∀`)カッコイイ


実際の僕はアジア英語を使い、発音の悪いタイ語との二刀流。

タイに来てからほとんど運動しないからぶくぶく太り、日本では考えられないマイペンライ文化に溶け込む。


うーん、決してかっこよくないです..._| ̄|○

たまに、日本に住んでいる人からは、海外で働くなんてすごいですね~!って言われるけど、日本から出たことがない人にはそう思えるだけで、実際に住んで働いていると全然すごくないんですよこれが...

むしろ、日本よりダラダラした仕事環境で自分で気をつけていないと、どんどん日本人として駄目になってしまうんです。
※アジア圏のことです。

そうタイで現地採用として働くだけなら、ほんと誰でもできると思います

もし、タイで働けない人ならばどこに行っても働けないでしょう


実際、それほど能力が高くない人もたくさん働いています、いや日本だったらどっこも採用しないだろって人もいます、そんな人の給料でも5万バーツ以上でているんだからタイは日本人にとって良い国です。

さてそんなタイの求人広告ですが、これは現実的じゃないよってのをよく見かけます。

例えば

〇〇〇の営業
30歳くらいまで、日本で同業の職歴があること。
ビジネス英語必至 タイ語日常会話程度 給料5万バーツ



この給料レベルの現地採用でビジネス英語を話せる人と出会ったことがないんですけど...

しかも、この会社僕知っているんですけど、ダメダメな現地採用しかいないんですけど...


結局、ビジネス英語できていなくても、経験がなくても採用するんでしょ。

もっと本当の採用基準を書いたほうがいいと思う、ビジネス英語ってすごいことですよ、日本人のほとんどの人が話せないと思います。 

もし本当にビジネス英語ができる人ならば、5万バーツなんかで働かないでしょ。

こんな広告だと逆に素直でしっかり自分のことを見れる人ならば、この条件で応募しないと思う

僕の会社の採用条件はもっと現実的

大卒以上 35歳くらいまで
日本での職歴3年
タイ語 日常会話 英語 書類は英語なので読み書き必至
給料5万~10万バーツ 能力による


こんな感じ、日常会話のテストとしてうちのスタッフと会話テストがあります。

だって日本人に5万バーツくらいで働いてもらうんだったら、これくらいの条件じゃないでしょうか?

もちろん最低求める能力がこれであって、採用後はガンガン働いてもらいますけどね(・ー・)イクヨ

90日以内の海外旅行、出張ならばもう海外旅行保険をかける必要なし!
年会費無料の楽天カード作ろう!!

↓       ↓       ↓


【他の海外保険付きカードのご紹介はこちら】






タオの公式タイ関係サイト【タイ情報局 サワディータイランド】 タイの求人情報あり
※Powered By【格安ホームページ】
 ↑   ↑   ↑
ホームページを作ってほしい人必見、49,000円ポッキリ(・∀・)イイ!!



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
スポンサーサイト
コメント
No:2383|Re: 出張ベースと駐在の違い
リオさん>こんにちわ。
最初は大変だと思います、通訳がいたら仕事ができるということは語学ができたら仕事ができるということですよね。
だから来年くらいは大丈夫ってことでしょ?w
僕は大体、8ヵ月くらい語学で苦労しました。 
最初は英語を使う会社、次はタイ語を使う会社、両方とも8ヵ月くらいでした。
頑張ってください!
2011/05/12 18:31|by タオ|タオ URL編集
No:2382|Re: No title
寺原さん>返事おそくなってすみません! 
語学は一つの武器であるのは間違いありませんが、語学ができても現地の人と話せるだけ、
仕事ができるというのとは全く違いますよね。
通訳に会社を経営させてどうなるかということだと思います。

運もあるかもしれませんが、実力がないと無理だと思いますよ。
お互いアジアで働く日本人、これからも頑張りましょうね!
2011/05/12 18:28|by タオ|タオ URL編集
No:2381|出張ベースと駐在の違い
こんにちは、タオさん!
僕もカタコトのタイ語で頑張っているクチです。
前の会社にいた時はアジアだけでなく欧米にも出張し、マネージメント力やビジネスセンスがあれば海外で働ける、通用すると思っておりました。
それもそのはず、通訳がついていましたから。(笑)
ところがドッコイ、駐在員としてタイで働いてからは、通訳はいないし語学力で苦労しています。
タイ語での会議、タイ語での値交渉など必死!
たまに英語でマシンガンのように話しかけられ、泣きそうになります。(T_T)
これが現実です。
多くの部下を従えて働く駐在員として、そして部下に助けられてばかりのダサダサ駐在員として、語学力は無視できないと痛感しております。
2011/05/06 23:47|by リオ|リオ URL|編集
No:2380|No title
現地採用→駐在員とフィリピンで(運良く)成り上がった私ですが、現地語、英語共にとてもビジネスレベルと言えるものではありません(恥ずかしい…(苦笑))
もちろんその土地の言語や英語が話せたほうが良いのは当たり前ですが、最後は管理能力、調整能力などが重要になってくるような気がします…ネイティブ並みに話せても上述能力がなければ宝の持ち腐れ…のような…気がします…って書いたけど私はそんなに優れた管理能力も持っていないと思います(再度、恥ずかしい…)こんな私でもアジア圏で何とか頑張っています。
2011/05/04 16:35|by 寺原|寺原 URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ