微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

達成感がある人生

2011.05.14
東日本大震災にて被災された地域の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

また必死に救援活動をされている皆様、有難うございます、頑張ってください!




皆さんは達成感によって泣いたことありますか?


僕は一度もありません、テレビなんかで高校野球児やオリンピック選手などが優勝して泣いたりしているのをみると、いいな~と思います。

もっと身近な日常でも、学校行事や受験などで成功して涙している人をみかけます。

羨ましいです(´・ω・)イイナー

一回味わってみたいです。

僕も達成感を味わう機会はあったと思うのですが、上手く達成できていないのか泣くらい達成感があふれてきたことって一度もありません。


受験では中学、高校、大学と見事に第一志望校だけは落ちていたので達成感なんてあるはずもなし_| ̄|○


スポーツも文武両道なんて無理だとあきらめていたので、中途半端。


振り返れば、僕の青春なんてなんも成功していない_| ̄|○


達成してもそう感動しなかったことも多い

就職は大手に決まったはいいが、

ピーターパンシンドロームで社会人になりたくない病にかかっていたし..._| ̄|○

結構難しい国家資格をとるために必至に勉強して、見事一発合格したが、

まー良かった、取れなかったら就職先にとるって言っていたから大変だったと、安堵のほうが大きかった。

日本の会社を辞めて、タイで就職活動をし就職できた。

思ったより就職先を見つけるのが簡単で、拍子抜け。 こんなに簡単ならもう少し遊んでからにしたら良かった。

二回目のタイの就職でも同じ、結構選んで就職したのでかなり冷静だった。

そして今の会社で、自分でプレゼンした会社を立ち上げて自分がトップの会社を持ったこと

これは大変なことだと思うが、なんかいつも僕1人でやってきたので、なんか喜びあえる相手がいなかった。

僕は達成感があったと思うが、タイ人スタッフは僕についてくるので常に必死だからだと思う。

プロジェクトXみたく、一緒にやったと思える環境でなかった。
もう1人立ち上げのときからの日本人の同僚なんかがいれば違ったのだろうが...おしい。


第二工場が完成したときは、さらに感動はない。

僕自身もあ~できたのって感じである


他では人生で一番高い買い物でコンドミニアムを買ったときも、泣くには至らなかった...


あー泣くくらい達成感にあふれたい!(;´Д`)

昔から達成感渇望症の僕は常にこう思っている。

僕が海外で働きだしたのも、達成感を求めてなのだ。

このままだと、高校野球児のように何かを達成して泣くことは一生ない気がする...

そもそも、必死に何もやっていないのが理由なのだというのは分かっているのだけれども、

できることとできないことを判断して、できる範囲の目標を立てる性格をなんとかしないといけないができん。

例えばビアシンやAIS級の社長になったら達成感もすごいだろうけど、それは無理だし...


現実的に僕ができることで残されたものは、


自転車で世界一周かな...どう?


海外就職ってどんなの? 求人が多いのはやはり中国
↓       ↓      ↓






90日以内の海外旅行、出張ならばもう海外旅行保険をかける必要なし!
年会費無料の楽天カード作ろう!!

↓       ↓       ↓


【他の海外保険付きカードのご紹介はこちら】






タオの公式タイ関係サイト【タイ情報局 サワディータイランド】 タイの求人情報あり
※Powered By【格安ホームページ】
 ↑   ↑   ↑
ホームページを作ってほしい人必見、49,000円ポッキリ(・∀・)イイ!!



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
スポンサーサイト
コメント
No:2385|Re: No title
taclo@京都さん>コメントありがとうございます。
>「ほんとに限界まで頑張ったのか?」
ほんとそうなんですよ! これです、限界まで頑張っていないんだと思います、絶対に余力があるんですよ、
だから感動しないんでしょうね。
いつかタイでベンチャーを立ち上げてください! そのお手伝いをさせていただき、達成感のおすそ分けをくださいw
2011/05/16 09:49|by タオ|タオ URL編集
No:2384|No title
すごい分かります。涙もろいと自覚してますが、達成感で泣いたことは俺もないです。
仕事でチームで目標達成しても、もちろんチーム一丸でその中で自分も頑張っていても、「ほんとに限界まで頑張ったのか?」って思うと、否定が生まれてきて、素直に喜べなくなります。
もちろんチームの中にさぼってる人がいてもちょっと冷静になっちゃいますし。。
青春然り、そこまで自分が努力したことがないのか、とちょっと自己嫌悪に陥ったり。。
そういう気持ちもあってずっと上場前のベンチャーに行きたいってずっと思ってました。
(結局大手に入ってしまいましたが)
2011/05/14 08:41|by taClo@京都|taClo@京都 URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ