微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

ミン君の一週間 (>_<)

2005.10.28
新入社員のミン君は、その後ももくもくと新人研修をこなしている。



研修? (゚Д゚)ハッ この会社にはそんなものは存在しない。
そう、日本兵の気分によって指示された1つのことを黙々とやっている。 エンドレスに…。 僕の記憶では、研究室でタイ人スタッフが何をやっているのかレポートしてくださいという内容だったと思う。

だから、ミン君は朝から晩まで研究室に閉じこもりっきりである。
これは、ラッキーである。 日本兵は研究室には入ってこないし、嫌ないじめを見る機会も少なくなるからである。
前にも書いたが、日本兵は通常仕事を教えたり、質問に答えたりするのがめったにない。

こんな感じの会話である。

ミン君「あの~この○○がわからないのですが~」(´∀`)
日本兵「タイ人の○○に聞いた? 聞いてから、質問して」( ゚Д゚)
ミン君「あの~なんで、こうなっているんですか?」('A`)
日本兵「あのミン君、そんなのも知らないんですか?」( ゚Д゚)
ミン君「あの~」(T.T)
日本兵「自分でよく考えて、もう限界まで考えてから聞いてください、もう限界まで調べましたか?限界なんですね??」
( ゚Д゚)

こんな感じだから、ミン君も、質問することができない。

質問恐怖症である。

だから、ミン君は来てからずーと研究室に住み着いていた。

そして1週間が過ぎようとした時。

日本兵「ミン君、もう研究所研修は十分ですか?」
ミン君「えーあのー…あと一日やらしてください!」(゚ω゚; 彡 ;゚ω゚)
ミン君1日、延命である。

後日、ミン君と話したことがある。

タオ「いつから、日本兵が嫌になった? 僕は1日目にRさんをいじめているのを見たときかな」(;´ω`)
ミン君「はい、空港に迎えに来てもらったときにすでに嫌いでした」( ゚Д゚)
タオ「はやっ!なんで?」
ミン君「だって、すごいぶっきらぼうな顔で迎えられて、話しにくい人だなと思ったけど頑張って話しかけないといけないと思って、どんな仕事するんですか?って聞いたんですよ、そしてらね」
日本兵「働けばわかるよ」( ゚Д゚)
ミン君「それから、車の中で二人なのに無言なんですよ、それでこの人は無理だと思いました」( ゚Д゚)

ミン君、君の人を判断するのは早すぎる気もするが、この場合は君が正しいよ。
その場でその飛行機に乗って帰ったほうが良かったね。('A`)  

アジア人気blogランキングにぽっちとな
スポンサーサイト
コメント
No:168|
Ayutaさん>人のやることを良く見て、自分スタイルにできるようになれば、最高ですね。

僕も、日本兵に質問したことは数えるくらいしかありません。質問すると、ほんとに嫌な(゚Д゚)何よ?するんです。 
だから、聞けば1分で終わることを数時間かけて調べることも多々ありました。 会社にとってはもったいないことですよ。 

栄誉賞いただければ、我慢した甲斐があったというものですw
2005/10/29 07:28|by タオ|タオ URL編集
No:165|
仕事のやり方は目で盗め、って言う人いますよね。

確かにそれも一理あると思います。

しかしその企業に入って間もない人、もしくはその分野で初めて働く人は、上司からは何も指示されず、そして誰からも何も教えてもらえないという状況では、当たり前ですが何をしたらいいのかわからず、結局その人は「仕事がつまらない」とか「精神的に苦痛」等が心に残るだけだと思います。

人材を育てるという意識のある会社は、実際伸びていますし。

最初にしっかり教えて、それでも仕事ができないなら、それは諦めるしかないと思いますが。。。

工場は常に改善改善で、先を見越さないといけないですし大変だと思います。

この状況で頑張ってきたタオさんに、栄誉賞を送りたいっす。(イラナイカ;;
2005/10/28 09:35|by ayuta|ayuta URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
スポンサードリンク
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
TWITTER
ツイッターやってます!
スポンサードリンク
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ