微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

タイで働く日本人の仕事

2011.03.03
10年前、日系企業の駐在員として働いていた、今はタイ企業の現地採用として働いている

僕は今の会社で、以前働いていた日系企業の工場と同じような工場を作った。

日系企業、通称アルカトラズには、日本人が最低4人はいた

今は僕一人、たまに日本人を採用するが、使えると分かると違う会社(グループ会社)の責任者として巣立っていく。
要は、今の僕の会社には必要ないが、他の子会社の経営をさせるための人材を研修する場となっている。

今の工場はアルカトラズの工場より大きい、それでも日本人一人で運営できる。

ではなぜアルカトラズは4人もいたのだろう?


それは簡単、日本人がする仕事でないものまで日本人がやっていたからだ(`д´)

本来ならばタイ現地スタッフでも十分にできるようなことを、日系企業は日本人でやろうとする。

理由は

・タイ人を信用できない。
・タイ人にやらせると遅いと思っている。
・相手が日本人だから、日本人じゃないと失礼。
・会社内で日本人ワールドを作っている。


とにかく、大した理由ではないはずだ、だって一人で十分できる(・∀・)

タイ企業だって、日本相手に商売しているところもたくさんあるが、日本人がいないところも多い。

日本人の最低賃金5万バーツもだせば、絶対にそれより優秀なタイ人スタッフが雇えると思う。

5万バーツの日本人 タイの日本人の中で最低賃金のレベル タマダー日本人(´・ω・`)

5万バーツのタイ人 タイ人の中では上位のレベルの賃金 スーパータイ人(`・ω・´)シャキーン

どっちが優秀かというと、僕は絶対にタイ人だと思う。
だって優秀な日本人だったら、最初はともかくずっと5万バーツくらいで働かないもん(;´Д`)ムリ

それでも日系の会社は現地採用を雇ったり、駐在員を増やしたりする。

そして、別に大したこともない用事でも日本人同士で話そうとする。

タイ企業相手の商売だと、僕が出て行くようなことは1年に1回くらいだ、でも日系企業だと頻繁に呼び出されるし電話、メールが来る。

納品いつでした?

数量の変更してください。

生産日いつでした?


こんなの、僕の仕事じゃないし...('A`)

僕窓口じゃない...('A`)とつい思ってしまう。



僕の会社の商品は他の日系で同じスペックを作るより安い、そして発注ミニマムなどを少なくしている、にも関わらず品質は日系と同じレベルを目指しているし、出来ていると評価を頂いている。

なぜ安いのか? 

それは日本人が一人しかいない、タイ企業だからということが大きい。
日本人一人、10万バーツ/月 4人いれば40万バーツ/月 これが商品の価格にのってくるのは当たり前のことだ。
日系企業だと、日本側が持っている費用、そして日本側の利益分も商品価格にのせるところもあるだろう。

しかしタイ企業だとその必要はない。 単純な計算である。

確かに、タイ企業に日本人がいるということで商売が始まることも多いが、それは日本人がいることによってしっかりした管理ができている会社とくらいに見てもらいたい、あくまでタイ企業なのである。
※ここでいう日系企業はタイにある会社という意味です、日本にある企業で英語が話せないお客様は僕が対応するのは当然です。

相手の会社もタイ人スタッフが何人もいて、いったい何をやらしているのだろう?

僕は思う、日本人はタイ人から仕事を奪うためにためにタイに来ているのではない。
奇麗事をいうならば、タイ人に仕事を作ってあげて、結果豊かな生活をしてもらうために自分の会社を大きくしている

そんな誰でもできる仕事を日本人がするならば、それをタイ人にやらしてコストダウンし、そしてタイ人への待遇を良くしてあげればもっとみんな一生懸命働いてくれるはず。

そして自身は、日本人だからこそできる仕事をするべきだ。


ちょっと愚痴っぽい記事になってしまいましたが、そんなタイの日系企業が多いように思います。

はっきり言って、僕の手間がかかるから日系に売るときの価格がタイ系に売るより高いんだよ( ´д)ヒソ

細かなサービスを求めるとそれはコストアップに繋がる、それは原価計算の際にも考慮されているというのは、僕の会社だけではないのである

 


90日以内の海外旅行、出張ならばもう海外旅行保険をかける必要なし!
年会費無料の楽天カード作ろう!!
↓       ↓       ↓



【他の海外保険付きカードのご紹介はこちら】



海外で働くならば、絶対に必要な英語! 今ならオンライン英会話が無料で体験できます!↓     ↓     ↓




タオの公式タイ関係サイト【タイ情報局 サワディータイランド】 タイの求人情報あり
※Powered By【格安ホームページ】
 ↑   ↑   ↑
ホームページを作ってほしい人必見、49,000円ポッキリ(・∀・)イイ!!



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
スポンサーサイト
コメント
No:2311|No title
タオさん、こんにちは。
仕事よりも昼寝が好きな taka でやんす。

あぁ、でも、タイ人と一緒に仕事するのは
昼寝より楽しいかも。
オレは現場では笑って仕事をするのが好きなんだ。
そしてここでは笑って仕事ができるんだ。
(u_u;)ツカ、レンチュウガモンダイオコスノタノシミナノダ。オレガシゴトデキルカラナ。

だけども、これからは集中するべきところと
緩んでていいところを躾けなければならんと思ってるから、
その程度の説明はできるようにしたいんだよな。
(o_o;)サライシュウグライニハデキルカナ?

ちと参考情報を残してみる。

タイに来るにあたって、一番のネックはあのミミズそのものの
タイ文字だろうと考えたので、
てっとりばやくタイ文字の基礎ぐらいは教えてもらっとこうと
ネットで探したら新宿にあるタイ・ランゲージ・スクールなるところで
「特別企画 タイ文字1回完結コース」というのをやっていた。
ということで、これの予約を取って、タイ文字の特徴と
筆記する上での注意点を教わった。

このあと4日ぐらいしか取れなかったんだが、
「タイ文字教室」なる本を買ってきて勉強したのを合わせて
トータルで5日あればタイ文字の構成が理解できるってことだ。

あと、これはこれから確認してみるつもりなんだが、
タイ語で一般会話に必要な単語数は 7000語程度らしい。
ってことで、今年中にはひととおり覚えたいな~、と調整中。

(-_-;)タイゴカイワモイチオウウケタゾ。レイギトシテサ。アンマミニツイテナイケド。
2011/03/06 15:28|by taka|taka URL|編集
No:2310|Re: No title
takaさん>こんにちは。 タイ語も少し覚えてきているんですね。

>なんか今週は何年ぶりかで仕事をした気になっている

僕はタイに来てから結構仕事人間というか、責任感というものがかなりついたと思います。

それは日本人が少なく、俺がやらねばという気持ちと、やればやるほど評価される環境があることだと思います。

これからも考えってください!
2011/03/06 08:10|by タオ|タオ URL編集
No:2309|No title
なんか今週は何年ぶりかで仕事をした気になっている
浮かれ職人のtakaでやんす。

ある意味、意外に思ったんだが技術職として結構若いタイ人を入れているんだよな、
オレの入った工場はさ。

そのうちオレも採用面接やることになると思うと
かなりウンザリもしてるんだけれど、
この前残業時間にたまたま残ってたのがタイ人の見習いだけでさ、
残業時間にたまたまトラブルでメンテしろって持ちこまれた仕事を
押し付けようかと思って「ちゅあいのい?(もろ日本語的発音(-_-;))」とか言うと
本当に嬉しそうな顔して手伝ってくれるのな。

なんかちょっと感動しちまったい。
少なくとも「今現在」って断ってしまえば
この工場の仕事をより知ってるのはオレではなく見習いの方なんだぜ。

もうひとつ、今週はいくつかの事例について、
「技術とは何か」を示すことが出来る修理依頼が来たのだ。
経験と適切な予測・判断材料があったとはいえ、
今回オレは見た目でNGにしか見えないものをわざと作ってやって、
「てぃーにーおーけー(もろ日本的発音(u_u;))」と言ってやった訳だ。
いや、オレが自分で見てもNGにしか見えなかったんだけどさ、
検査部門はそれ使って作った製品にはOK出したのな。
製品には影響して無いってのを自分たちでも見て
タイ人と一緒に笑っちまったい。

うーん我ながら技術屋の経験と見切りってすげぇぜ。
(-_-;)テメェデイッテレバセワネェヤナ。

真面目なことを言えば今オレたちがしている作業ってのは、
必ずしも「見た目が完璧」である必要は無いってこと、
オレらの前にあるのは「常識」ではなく「自然現象」であり、
それは往々にして常識からは外れているものなんだ。

ってのを教え込んで見ると面白そうだよな。
自分たちで試行錯誤できるようになったときが技術屋としての第一歩だ。
周りにそれを認めさせることも含めてだけどな。
タイ人がどこまでやるようになるかも楽しみだぜぃ。

話を変えて日本人スタッフとか。

タイへの転職の際に「日本人がいること」というのは、やはり最低条件だった。
(-_-;)オレ タイゴ ナンザ ハナセネェ。

でもねぇ、タイに来てまで縦割りシステム構築すんのやめません?
日本人スタッフの先輩の方々はさ。
つかロスとか無駄とか言うのであれば、まずこの縦割り意識を
放棄するところからやらないと、今以上の結果とか成果なんざ出るわけ無いよ?

自分が悩んでいることであっても、客観的に見れば往々にして
より簡単で現実的な解決法があるもんだしな。
そして、往々にして任せたほうが良い仕事も沢山ある。
機械屋としてのみ言えばタイ人は充分信用しても良いと
職人としてのオレも書いておきたい。

ま、自部署他部署に関わらずタイ人から信用されることが
出来ればの話なんだけどさ。

(u_u;)シンヨウサレルノハメンドウダトカッテノハイワナイデオコウ。
2011/03/06 07:39|by taka|taka URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ