微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

タイ現地採用の不安

2011.02.19
だいぶん前に【日本へ帰る現地採用の理由】を記事にしたことがあります。

この記事の内容は、タイは良いとこで来てみたが実際はタイで実力を発揮できず、結局日本へ帰るという人が多いということです。

今年でタイに来て10年目を迎えようとしています、実ははじめは3年くらい海外で働いたら、それを一生の思い出として日本へ帰って働こうと思っていました。

その当時は日本が恋しくなるとも度々あったので、外国で一生なんて思っていませんでした。

しかし今は

今はいつか日本へ帰ることもあるかもしれませんが、全く予定にはありません!

近い将来はタイを拠点に周辺諸国でもビジネスをやっていくというのが、今言えることです。


なぜタイがいいのか?


別にタイがいいのではなくて、タイに僕が望む環境があったからです。

僕にとってですが、

・日本では担当できないスケールの仕事を任せられている。
・実力社会の会社なので経営からライフスタイルまで自由である。
・自分がやったと思える業績に見合った報酬をもらっている。


こういった環境があれば、将来ラオスだろうがベトナムだろうが、インドネシアだろうが行く可能性があります。

今はタイですね、まだ道半ばなので。

では将来に何の不安もないかというと、それはあります。

それは大病をした時と歳をとって寝たきりになった時です(;゚Д゚)

海外保険に入っているので、1回の病気や怪我につき1,000万円くらいまでは無料で治療を受けることができますが、それを越えた場合(心臓や脳の手術だと超える場合がある)はタイの社会保険で治療が受けられる病院にいくか自腹で支払うことになります。

社会保険はちょっとした病気ならば問題ないですが、やはり無料のサービスなのでそれほど良い治療は期待できないです。


いつか寝たきりになってしまって、介護の人を雇ったとして、いつの間にか全財産をとられちゃっているということもあるかもしれません(´Д⊂ヽオレオレ

そんなことを考えると、今から1歳くらいの子を養子にもらおうかしらと真剣に考えることもありますが、それだったら自分の子供の方がいいと思い直します。

そんな不安を持っているタオですが、タイに永住する方はどう考えているのでしょうか?

次回、僕なりに考えた医療について紹介します。


先ずは海外に行く前には海外保険に入りましょう( ・∀・ )

90日以内の海外旅行、出張ならばもう海外旅行保険をかける必要なし!
年会費無料の楽天カード作ろう!!

↓       ↓       ↓


【他の海外保険付きカードのご紹介はこちら】


相互リンクしていただいている【バンコクの写真】の管理人さんが言われるには今年に入ってタイで働きたい、どうすればいいのか?という問い合わせが増えたらしい。
そこで当ブログのタイで就職するために1~9を紹介してくださっている、(ありがとうございます)2008年にアップしたものですが、少しでもお役に立てればと思います。

また同じ管理人さんが集めた、タイ ブログランキング こちらも注目です。
↓        ↓

タイ・ブログランキング



タオの公式タイ関係サイト【タイ情報局 サワディータイランド】 タイの求人情報あり
※Powered By【格安ホームページ】
 ↑   ↑   ↑
ホームページを作ってほしい人必見、49,000円ポッキリ(・∀・)イイ!!



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
スポンサーサイト
コメント
No:2292|No title
ニーさん>ありがとうございます。
では、病気になってそれから日本へ帰って転入届を出して、国民保険に入れば、すぐに被保険者になれるということでしょうか?

自分でも少し調べてみます。

2011/02/27 05:39|by タオ|タオ URL編集
No:2290|国民健康保険の適用
前回の説明がやや言葉足らずだったようで申し訳ありません。

詳しく聞いてみますと、海外転出の手続きをせずにタイで1年強滞在し、その間国保の保険料が未納だったことから保険給付が停止、その停止を解除するため滞納分のうち3か月分の支払いと残りについて保険料の減免手続きをした、とのことでした。

正当?に海外転出の手続きをしていて、国保加入の資格がある場合は、通常は転入手続きに引き続いて国保加入の手続きができるようですので、その日から保険適用できるようです。
参考;http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2541418.html?from=recommend
2011/02/26 22:02|by ニー|ニー URL|編集
No:2279|Re: No title
ニーさん

下記、詳しく教えてほしいです。
日本に帰国して、住民票を戻して数ヵ月分をさかのぼって支払えば、すぐに国民保険が使えるのでしょうか?
それとも、帰国してから数ヵ月支払って、その後に適応するのでしょうか?
このシリーズ3回にわたって書こうと思っているのですが、場合によってはすごい良い情報なので皆さんに教えてあげようと思っています。
よろしくお願いします。

> 大病の場合は、日本に帰国して国民健康保険で保険料を数ヶ月分納入すれば即保険適用されますので、それで対応する、と言っていた人はいました。

2011/02/20 17:59|by タオ|タオ URL編集
No:2274|No title
大病の場合は、日本に帰国して国民健康保険で保険料を数ヶ月分納入すれば即保険適用されますので、それで対応する、と言っていた人はいました。
保険外診療となると、日本でなら高度先進医療の費用を対象とする民間医療保険に加入という手があります。

寝たきりや認知症への対策は、日本でなら成年後見人を(利害関係の無い人で)複数つければ不正は起こりにくいと思われます。

物価の安い国での老後も魅力ではありますが、本当に困った時の公的扶助の充実度を考えると、日本は「老人天国」ですね。
2011/02/19 09:06|by ニー|ニー URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
スポンサードリンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
TWITTER
ツイッターやってます!
スポンサードリンク
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ