微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

2011年度の昇給とボーナス

2011.01.26
いつもこの時期になると、部下の査定で何かと考えることが多い(゚Д゚ )

そう中華系の会社は中国正月にあわせて、1月から昇給し、1月末にボーナスが支払われるのだ。

昇給の決め方はグループ全体で昇給のパーセントとボーナスの月数を打ち合わせし、それを各会社、工場でまとめる。

今年の昇給は0~10%、平均5.5%

ボーナスは2.3~2.7ヵ月 平均2.5ヵ月


共に昨年度よりも少し良くなった(・∀・)イイ!!


この範囲で僕は自分の部下にそれぞれ振り分けるのだが、

ボーナスは基本、2.5ヵ月出すことにし、休みや遅刻の日数によって調整するのであまり悩まない。

いつも悩むのが昇給φ(`д´)カキカキ

それぞれ能力も違い、やっている仕事も違うのですが、結果をしっかり出したスタッフも結構多い、だからといって皆にMAXの10%昇給をつけると平均のMAX5.5%をオーバーする。

っていつも悩んでいたんだけど、今年からは違う(・ー・)

去年から、4月、9月に臨時昇給というのができるようになった。

この人は特別という部下は、各責任者がそれをメモにしてBOSSのサインをもらえば臨時に昇給できるのだ。

臨時昇給には決まった制限がないため、150%でも200%でも上げることが可能。

実際、昨年度は4人くらいの部下の給料を150%くらい上げた。

ということで、今年は最初から4月に昇給する部下を選んでおいて、その子たちは今月の昇給を少なめにして、他の人その予算を回すことにした

って簡単なことなのだが、他の会社の社長や工場長は通常昇給を必死に考えていた..._| ̄|○カンガエロヨ

この昇給によって、やる気をなくして辞めるスタッフも結構いるのでかなり重要である。
かといって、出来ないスタッフの昇給と出来るスタッフの昇給が同じではあってはならないと思う。

難しい...


今年は、頑張った新人3人をMAXの10%にすることにした

新人はスタートの金額が少ないため、ベースを上げてあげないと来年の昇給にも影響する、それになんといっても昨年の新人は当たり多く、頑張ってくれた。

これであと数年頑張ってくれたら臨時昇給でガツンと上げてあげようと思う。

ちなみに僕は5.5%の通常昇給と2.5ヵ月分のボーナスになるだろう、だってBOSSと何も話していないもん


今年は臨時昇給前に交渉しようかな?( ゚Д゚)モットチョウダイ



交渉すれば上がるが、交渉しなければ通常通りしかあがらない、タイ企業の良いところでもあり、悩むところでもあるところです。


1ヵ月以内の旅行ならば、無料で海外保険に入ることができる海外旅行保険付き楽天カードは年会費は永久に無料です。 とりあえず作っておいて損はしないですよ。
↓    ↓    ↓



【他の海外保険付きカードのご紹介はこちら】



ダイレクト入金、銀行振込み手数料無料「みんなのFX」




タオの公式タイ関係サイト【タイ情報局 サワディータイランド】 タイの求人情報あり
※Powered By【格安ホームページ】
 ↑   ↑   ↑
ホームページを作ってほしい人必見、49,000円ポッキリ(・∀・)イイ!!



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
スポンサードリンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
TWITTER
ツイッターやってます!
スポンサードリンク
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ