微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

最低賃金10バーツアップ

2011.01.02
あけましておめでとうございます。

今年もどうぞ宜しくお願いします_| ̄|○ドウゾ


さて1発目の記事です。

今年からバンコクの最低賃金が10バーツあがり、215バーツとなりました。

205バーツから一気に215バーツにあがるわけですから、結構大きいです。

僕の会社はもともと、基本給のほかに最低25バーツ以上のいろんな手当てが付いていますから、これで月に8,000バーツ以上になる日給作業員も出てきます。 これはタイの文系の新卒の月給とほぼ同じになります。

僕は目指せ、少数精鋭のポリシーでやっていますので、月給の従業員はもちろん、日給の人も出来る人には多くの報酬を与えています、そうすることによって結果的に会社も得するというWIN WINの関係になるはずです。

出来る人材を流出させないことが大切です、人材は本当に大切ですからね(・∀・)イイ!!

月給は大切かもしれませんが、日給作業員なんて誰でも同じじゃないのって?

いやいや全然違いますよ

日給の中卒のおばちゃんが、大卒のお姉ちゃんより仕事ができることなんてよくあることです。

ただそれが評価されていないだけなんです。 

タイは学歴社会なので、大卒は高卒の上という風になってしまいます。 

だからといって、僕の会社は高卒がMGになったりするかというと、それはないです。

大卒は、優秀な高卒よりも更に優秀でなければ採用しませんから(・∀・)カエレ!!

僕はいてもいなくても同じ奴と一緒に働くのが嫌いです、そんな奴はいらない、その人の分の仕事もするから、その分報酬を増やしてって考えです。

だから僕は日本の年功序列社会が嫌で、海外に飛び出してきました。

若い頃はガンガンいこうぜ!で攻めていましたが、それがどうしたことかちょっと変わってきました

数年前は僕の首を天秤に、BOSSにいろいろと交渉してきました

タオ「○○させてくれないならば、辞めます!」ってね。

今はそれはないです、正直今辞めたら困ります...

たぶん、今の生活に満足しているし、このままでいたいと思っているんです...

あー僕が守りに入っているって思うことも最近はじめてありました( ゚д゚)ハッ!

僕はゴマすりとかは昔から苦手で嫌いでした、それが最近ではゴマする人の気持ちが分かりました。

能力以上のポジションや待遇を与えられた場合、それに応えられない場合は機嫌をとるしかないんですよね。

実力社会、一見理想的ではあるが、いざ落ち目になると過酷な社会です。

僕のグループでも去年も暮れで結果が出せなかった子会社の社長が何人も辞めていきました。

その社長たちの共通点が、口が達者で社内営業は得意、自分の地位を守ることを最優先に考える人たちでした。

僕もこの会社で7年目になります、まだまだやれることがあるのでしょうが、やらなかった2010年。

今年はもっと頑張ろう! 解雇されないように(;゚∀゚)


攻めは最大の防御なり

何も失うものがなかったときに、がむしゃらに仕事していたときが一番結果がでていた気がします


1ヵ月以内の旅行ならば、無料で海外保険に入ることができる海外旅行保険付き楽天カードは年会費は永久に無料です。 とりあえず作っておいて損はしないですよ。
↓    ↓    ↓



【他の海外保険付きカードのご紹介はこちら】



ダイレクト入金、銀行振込み手数料無料「みんなのFX」




タオの公式タイ関係サイト【タイ情報局 サワディータイランド】 タイの求人情報あり
※Powered By【格安ホームページ】
 ↑   ↑   ↑
ホームページを作ってほしい人必見、49,000円ポッキリ(・∀・)イイ!!



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
スポンサーサイト
コメント
No:2245|No title
MaKさん>コメントありがとうございます。
オヤジ化ですね、それは否定できませんねw
しがみつくのではなく、自分の能力も向上させたいと願っていますw
2011/01/06 09:59|by タオ|タオ URL編集
No:2244|オヤジ化
私も30前半ですけど、最近タオさんと同じく、守りに入ってるなぁってほんと思います。ホリエモンいわく、オヤジ化(思考停止状態)らしいっすけど。

日本帰国とかタイでの転職とかは考えたくないから、日本で普通に働いてるよりも、タイにいてるから余計に今のところにしがみつこうとしてる自分がいてるのかもしれません。
2011/01/04 14:59|by MaK|MaK URL|編集
No:2241|No title
トゥッ・ムーさん>明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。
同じ土俵にたてないって言葉、本当にそう思います。
大卒というだけで、新卒からいきなり給料はもちろんですが、態度までちがう奴までいますが、ちょっとは年配者に遠慮しろよって思います...

通りすがりの溶接工さん>いつもダブルコメントありがとうございます。
溶接工さんの年末の休みはタイと同じくらい短いですね、タイ企業は31、1、2日でした...ゆっくりタイに来れたらることをができる年になりますようにw

泰之助さん>こんにちは。 仕事が楽しい!これにつきますね、そう思えたら趣味みたいなものですね、タイに来てから(コラート時代も含め)、仕事が楽しくて仕方がないです、確かに苦労することもありますがそれがあるから尚成功したときに喜びが増すのでしょうね。

ニーさん>1988年の地方賃金、65バーツだったんですか?! 今では倍なんですね...すごい。22年で倍ですか、そういえばあと24年後インフレが続けば物価は倍になるとタイの専門家が言っていました。

確かに総務なんかは難しいですね、事務系は問題を起きなければ仕事ができているということなんでしょうね、トップはそれなりに大きく評価していますが下の子は定額昇給に近いですね、僕はタイでは事務系の仕事を選んだということは、仕事に個性はだしにくく毎日同じ内容の仕事だが逆に自分で考えてする仕事が少ないのがあっている人、また定時に帰れ、OT代などはしっかりともらえる部署ですね。
2011/01/04 08:52|by タオ|タオ URL編集
No:2240|最低賃金
泰之助さん同様、最低賃金130バーツ(バンコクではなく地方ですが)の時代から考えると隔世の感があります。
プラザ合意をきっかけとして日系企業が多額の投資を行い、高度経済成長が始まった年とされる1988年には、地方の最低賃金は65バーツだったそうです。当時はバンコクの「赤バス」運賃が1バーツ、スラムの平均的な家賃が500バーツということで、賃金に対しての相対的な物価はあまり変わらないようです。

実力主義は、大多数が納得できる評価基準による評価ができればよいのですが、総務など定量評価のしにくい業務にはどうかと思います。

2011/01/03 23:01|by ニー|ニー URL|編集
No:2238|賃金上がって物価も上がる
初来タイ当時(タオさんとほぼ同じw)とは物価も最低賃金も大きく変わりましたよね。
賃金が上がると共に物価も上がるから、実際に享受できるものは以前と変わらない。
賃上げして会社の負担が大きくなったら、余剰の人員は切られる。
残った少数の人員も仕事が多くてキツくなる。
微笑みの住人からも徐々に微笑みが色褪せ始める。
そのうち賃上げに嫌気した地場企業が近隣国に移転し始める。
人は多いが、それを受け入れるオケが減り始める。
今後の動向が気になります。

> 今年からバンコクの最低賃金が10バーツあがり、215バーツとなりました。


どの仕事でも大なり小なり過酷なことは必ずあると思います。
なので、どうせなら楽しんで興味を抱いて仕事するのが一番ですよね。
仕事が楽しく興味が尽きない限りは、自ずと成果に結びつくと思うんです。
せっかく恵まれた職場にポジション、そしてBossをはじめ素晴らしい人達に出会えたことを糧に、今年も楽しく仕事したいですね。
来年のホアヒン正月を目指して、今年も頑張りましょうw

> 実力社会、一見理想的ではあるが、いざ落ち目になると過酷な社会です。
2011/01/03 09:03|by 泰之助|泰之助 URL|編集
No:2237|No title
 新年の挨拶はもうひとつのブログにコメさせていただいたのでここではしません。あしからず。
 工場のスタッフとのWIN・WINと同様、BOSSとタオさんともWIN・WIN関係が続くことを願わせていただきます。
 今年はタイにでも年末年始いきたいな~とか思ってましたが、急な仕事で30日まで仕事&3日から仕事のため、今回も行かないで家でゆっくりすることにしました。
 今年もタイの近況や面白いエピソード期待してますよ~^^
 では、また。
2011/01/02 23:48|by 通りすがりの溶接工|通りすがりの溶接工 URL|編集
No:2236|謹賀新年
タオさん 明けましておめでとうございます。
>中卒のおばちゃんが、大卒のお姉ちゃんより仕事ができることなんてよくあることです。ただそれが評価されていないだけなんです。 
確かにそうなんですが、同じ土俵上ではなかったりするので難しいところですね。

今年も為になる記事たのしみにしてます。
2011/01/02 10:37|by トゥッ・ムー|トゥッ・ムー URL編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ