微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

バンコクオフィスへ出勤

2005.10.22
来週の月曜日はバンコク近郊のサプライヤーへ社長と行くことになった。 だから、土曜の夜からバンコクへ行って日曜日は久しぶりにバンコクを満喫することにする(´∀`)
工場長はいつも土曜日は早退して、飛行機でバンコクに向かう。
当時、バンコク-コラート間は1日1本しか飛んでいないため、飛行機の時間に合わせて予定を立てなければいけなかった。
※現在は廃便になったと聞いています。('A`)

社長電話で「タオくんも、一緒に工場長と飛行機でバンコクへ来たらどうだ?そのほうが、バンコクでいっぱい楽しめるだろう?」
タオ「ありがとうございます。ですが、飛行機嫌いなもので、後ほどバスで向かいます。」1秒でも一緒にいたくないのに、なぜ花土(花金は週休二日の場合、週休1日では花土ですね?)の夜に日本兵とフライトをするのだけはごめんである。( ゚Д゚)
そんな訳でバスで移動、夜中の12時くらいにバンコクに到着。
そのまま、ホテルにチェックインしてすぐ近くの飲み屋で久しぶりのバンコクを満喫する( ´ー`)フゥー 

次の日も、バンコクで日本の文化を味わえるところに入り浸り。
久しぶりに、日本の書籍を手にする。(´∀`)
日本食レストランへいって、3食の食事(´∀`)

20051022073522.jpg
※バンコク名物、完成途中で資金がなくなっちゃったビル(T.T)

そして月曜日の朝

工場では朝の7時に出勤している。 当然のように、朝の7時にバンコクオフィスに出勤。

誰も来ていない、そのうえ鍵がかかっているので入れない('A`)
7時30分 まだ誰も来ない('A`)
8時 ようやくスタッフがやってきて、中に入れる。しかし、社長はまだ来ていない('A`)
8時45分社長「やータオくん、おはよう! 早速だけど…出発するか?」
早速じゃないんですヽ(;´ω`)ノ ずーーーーと待ってたんです。
僕は、あなたがバンコクにいても、僕たちに強制している7時出勤を、自ら実行していると信じて疑いもせず待っていたのです。

ようやく分りました。 
あなたがバンコクにいる時は、朝の7時台、8時台にあなたからの電話はもちろん、メール着てない理由が_| ̄|○

アジア人気blogランキングにぽっちとな
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ