微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

みんないい人だ~。

2010.06.01
前回の、駄目沈没人間のショックを乗り越えて僕らは数人の方と面接することができた

小さな、そしてなにも実績がない会社の採用側

そのことにちょっと不安を持っていた僕でしたが

そんなことも気にせず、ほとんどの方が気持ちよく面接に挑んでくださった。

面接最終日は4人面接にこられてはっきりいって、そのうち3人はOKって感じだった。

3人の個性はそれぞれ違っていて、そのうち数人は、僕は自分の会社で一緒に働いてもいいかなと思うくらいの方だった。

本当に採用者側も、難しい選択をしなければいけないメンバーでした。

結局そのうちの1人を雇い主さんは採用されたわけだが、その後残念ながら今回は不採用になった方に連絡をしたら、ある方は気持ちのよいサンキューメールを送ってくださった。

面接のお礼が書いてあり、会社の発展の祈りのくだりがあり、最後に何か機会があればまた声をかけてくれという文面です、何かあれば絶対に声をかけようと思いますよ、ほんとに。

その方も人間的にはよかったのですが、経験が少し足りない感があり、立ち上げスタッフとして厳しいかなということで違う人を選んだわけですが、そのとき面接に加わった皆が、彼の将来がハッピーであるようにと願うような方でした。

また今回採用に至った方は、これから一緒に頑張っていきたいと思わせる方であった。

採用のポイントになったこと

・裏表がない受け答えでした、自分を必要以上に良いようにいわないし、できないことはできないと言って、不安なことは不安だと言われていた。 それがとても安心できた。

・今までの経歴、志望動機などから、今後もずっとタイで生活していくというのがにじみでいていた。

・とてもフットワークが軽かった、面接の日取り調整や電話の対応もとても対応が早かった。 
(他の方で無職なのに、面接日を何度も変更してほしいといってくる人もいた、なにしてるんだろう?)

・面接後のサンキュウーメールなんかも好印象でした。 帰宅されてすぐに、無事家につきましたありがとうございましたって、そして面接時の受け答えの中で自身ちょっと納得ができない返答をしてしまったことのお詫びのようなくだりもありました。 


面接後、採用者側での話し合いで80%この方の採用を決めていたのですが、このサンキューメールによって120%この方と一緒に働きたいと思いました。

そうなんですね、タイの現地採用って悪く言われていますが、中にはこういった方もおられるのも事実なんです。

また以前このブログでも、この会社の求人をさせていただきましたところ、数人の方から応募をいただいたそうです。

雇い主さんは大変感謝をされていました、僕からもお礼を申しあげます。

本当にありがとうございました_| ̄|○


タオの公式タイ関係サイト【タイ情報局 サワディータイランド】 タイ好きの情報交換の場になるように、ご協力お願いします! 
※Powered By【格安ホームページ】
 ↑   ↑   ↑
ホームページがほしい、でも自分では作れないそんな方にお勧めです(・∀・)イイ!!


_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

【必見 海外保険が一生無料でかける方法】
 知っている人は当たり前のようにやっている、絶対お得です (・∀・)イイ!!


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】

スポンサーサイト
コメント
No:2072|管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/01 19:47|by -| |編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
スポンサードリンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
TWITTER
ツイッターやってます!
スポンサードリンク
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ