微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

日本兵の結婚式

2010.02.13
前回登場したボンバー荒川と日本兵は、この暑いタイでさらに燃え上がり遂に結婚することになった

式を挙げる場所はタイの有名リゾート地

日本兵はタイの知り合いの日本人に招待状を出していた。

しかし、アルカトラズの同僚には招待状は出さなかった、カゴさんも工場長という立場であったが呼ばれていなかった。 
呼ばれていないだけならば、まだしも日本兵から結婚するという報告もなかったらしい。
なぜ結婚することを知ったかというと、タイ人スタッフがいろいろと準備をしていたので、それとなしに聞いたら日本兵が来週の週末に結婚式をするということだった。

カゴさんをはじめ、アルカトラズの日本人は誰一人日本兵に好意を抱いていなかったので、招待されなかったことを幸いと感じていたらしい(-_-)

そして、式の当日がやってきた

カゴさんたちはコラートで日本兵がいない休日を満喫していた、その時

日本の社長が結婚式に出るためにタイにやってきて、空港から電話をかけてきた

日本の社長「おい、カゴ。 今どこにいるんだ? タイに着いたんだけど、合流したいから待ち合わせ場所を決めてくれ」

カゴさん「僕たち、今コラートなんです」('A`)

日本の社長「はっ? なんでまだきていなんだ! もう間に合わないぞ!!」( ゚д゚)ゴラァ

カゴさん「だって呼ばれてないですもん・・・」

日本の社長「・・・・まじっ? ちょとどういうことだ、タイの社長に連絡してみるわ!」

それから数分後

タイの社長がカゴさんに電話してきた

タイの社長「おいカゴ! どういうことだ、日本兵が結婚するって?! そんなこと聞いていないぞ!!」( ゚д゚)ハァ!

そうなのです、日本兵はカゴさんだけでなく、タイの社長を結婚式に招待しないだけでなく、報告すらしていなかったのです。 

さらに驚くことは、日本の社長には招待状を送って、わざわざタイまで来てもらったわけです。

結婚式は、日本兵とボンバーの家族そして、日本の社長と友達、そして仕事で付き合いがある人たちでとりおこなわれたのでした。

ここに上司、同僚が入っていないということで、後に結婚式に参加した僕の友達も日本兵の凄さを感じたようでした。

この事件を境目に、日本兵はどんどんとちょっと考えられない行動に出て、結局自主退社という道を歩むのでした。


無料英会話メール講座 英語の悩みが解決?!(・∀・)
↓    ↓    ↓




_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

タオの裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる 】

スポンサーサイト
コメント
No:1997|Re: 日本兵なので...
神奈川犬さん>この自主退社はバンザイ突撃ということでよろしいでしょうか?
2010/02/17 07:44|by タオ|タオ URL|編集
No:1996|Re: No title
シーサーさん>そうです、カゴさんはそんな役割ですね。 情報からすると、日本兵を採用したのは日本の社長だということです、そのあたりの関係ですね。
2010/02/17 07:43|by タオ|タオ URL|編集
No:1995|日本兵なので...
>結局自主退社という道...

日本兵の最期は、やっぱりバンザイ突撃しかない!
2010/02/16 17:03|by 神奈川犬|神奈川犬 URL|編集
No:1994|No title
日本兵さんは、本社社長のおぼえはめでたかったのでしょうかね。
あまりに意外でびっくりしました。
カゴさんが板挟みになってかわいそうです…>_<;;;
2010/02/13 23:24|by シーサー|シーサー URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
スポンサードリンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
TWITTER
ツイッターやってます!
スポンサードリンク
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ