微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

タイ人の転職率

2005.10.20
タイ人の転職率は非常に高い。
理由の一つが、転職をすると一気に給料があがることが多いからである。
もう一つの理由が、単純に仕事が嫌だからだ('A`)

タイ人は大変、ストレスに弱い人種でありちょっと嫌なことがあればすぐにそこから逃げようとする傾向があると思う。
※もちろん、日本人より頑張られる方も多い。
当社では大卒の従業員(スタッフ)は10人採用して、3ヵ月後(試用期間後)2人、3人残ればよい方だとしている。逆に、3ヵ月間で人材を見極めるために厳しくする。 

当社の3ヵ月間の研修を終えることが出来たならば、根性だけは一人前だと断言できる。 それはありえないくらい、怒鳴られるからである。
そういう僕も、この会社の社風に習ってタイ人スタッフと接します。

退職願の受け取り方(´Д`lll)

・工場内で、完全に間違っている新人スタッフを怒る。
Officeに戻って、机を見る。 退職願が置いてある。('A`)
・ボーナスがでる月、数人からの退職願を受け取る。('A`)
・昇給月、昇給が少ないからといって退職願を受け取る。('A`)
・もっと、楽しい仕事がいいからというスタッフから、退職願を受け取る。('A`)

もう、慣れっこである。 そして、こんな人達が辞めることに寂しさは感じない。ヽ(`д´;)/

しかし、一人とても記憶に残るスタッフがいる。
僕が、新人だった頃、社長や工場長から駄目だといわれていた新人スタッフ、ネーさんがいた。 使えない奴だと分っていて、なぜか僕の下につける二人の考えが深すぎて僕に分らない('A`) 、がとにかく僕の最初のスタッフだった。
彼女は体が強くなく、結構休んだりする。 しかし、根は真面目で頑張り屋であった。 それでも、日本のスペックで物を作るということはタイ人にとって容易に理解できるもではなく、僕は何度も彼女を怒った。自分でもびっくりするぐらい大声で怒鳴ったこともある。 あーもう、明日は来ないだろうなと思っていても、次の日は誰よりも早く工場のラインに入っていて、昨日教えたことを実践しているのであった。
数ヵ月すると、僕のスタッフの数はぐんと増えたが、ネーさんはその中でも一番僕を理解してくれる頼りがいのあるスタッフになっていた。
しかし昇給のとき、社長や工場長の評価が良くないのでいくら僕が待遇について評価しても取り合ってくれなかった。
社長「あーあのよく休むやつだろ、まだいたの?」
工場長「タオさんはマネージャーなので、そこまで考えなくていいです」

いや、マネージャーだから考えないといけないんじゃないですか!( ゚Д゚)

ある日、彼女が退職願いを持ってきた。 理由は大学院に進学したいからだという。昇給の件か?とたずねると、私は駄目なスタッフだからしょうがないという。 僕は残ってくれるように、懸命にお願いしたが彼女も泣き出してしまった。 ネーさんは、大学院を卒業したらまた戻ってきてもいいかと聞いてきた。
僕は承知した、そして工場で一番偉くなってもっともっと正当な評価をしてあげることを約束したのである。

しばらくして、ネーさんの送迎会がタイ人スタッフによって行われた。ネーさんレベルのスタッフでは日本人は出席しない、よって誰一人呼ばれていないが、僕は直属の上司だったので呼ばれた。僕は社長にお願いして20時からはじまるパーティーに出席できるように帰らしてもらった。
社長「タオ、行くのは勝手だが、そんなことやってたら先が大変だぞ」 ( ゚Д゚)
不機嫌な社長を押し切り、一人送迎パーティーに出席する。

パーティーも終わり、最後にネーさんとお別れするとき、信念をもって教えていたのなら、僕は絶対に言ってはいけないことを言ってしまった。
タオ「きつく怒って、ごめん」
しかし、ネーさんは笑顔で答えてくれた。
ネーさん「一生懸命、怒ってくれてありがとうございました」
僕はこの件から、この会社で力(決定権)を持つことを欲した。それは、いつか戻ってくるかもしれないネーさんのためというのが始まりだった。 

この日から、僕は仕事人間と化すのであった (`・ω・´)シャキーン

アジア人気blogランキングにぽっちとな

スポンサーサイト
コメント
No:1044|
なんかちょっと切なくなりますね。
2007/09/10 21:42|by IT業界就職-0からの転職|IT業界就職-0からの転職 URL編集
No:150|
しゃっちょさん>コメントありがとうございます。 現場と経営側とでは、考えが違いますよね。
自分でやりたければ、偉くならないといけない、何かのドラマでありましたねw  
究極、経営者になったときに、現場再度の考え方ができるかも?です。
2005/10/21 07:39|by タオ|タオ URL編集
No:149|
タオッチ・・・・
2005/10/20 17:13|by ゆずぽん|ゆずぽん URL編集
No:148|
いつも楽しく読んでるけど、
今日はマジメな記事なんで、マジメにコメント

社長と工場長の見解は正しい。

ネーさんは正当な評価を受けている。

タオさん意味分かるかなぁ?


あと大事なことは、経営層と現場では物の考え方は大きく変わってきます。

会社の舵取りと現場の舵取り。

まぁ今の日本企業の問題は、
会社の舵取りを行う船長にアホが多いということです。現場の舵取りには問題が少ない。

現場の舵取りが上手くいってても会社は潰れる

元阪神タイガース 江本氏の名言

「ベンチがアホやから、野球ができへん」

この言葉がぴったりしっくりいく世の中になってきた
2005/10/20 10:20|by しゃっちょさん|しゃっちょさん URL編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
スポンサードリンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
TWITTER
ツイッターやってます!
スポンサードリンク
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ