微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

タイの物価と移住

2009.07.20
前回の記事でタイでの生活費シリーズは終わろうと思っていたのですが、団塊のオヤジさんからのコメントを読んでもっとわかってもらおうと思って今回はタイの物価について書きたいと思います。
もともとのこのシリーズは、タイの生活はそれほど甘くないですよということが言いたかったのですが、タオの生活水準が高いのではないか?とコメントをいただきましたが、わざわざ外国に来て日本に住んでいるほうがいいと思うような生活だったら来ないほうがいいと思うので、日本と同等以上の生活水準で考えて書いた結果です。

あと僕はまだまだ未熟者で決して成功者ではないですし、(いつかなりたいですけど)僕の生活水準はいわゆる駐在員に比べると高いとは言えません。 結構質素に暮らしています。 

飲み代は高いですけど…('A`)

以前日本にいた時に、定年後は海外で優雅な年金生活!なんて番組が頻繁にやっており、その中でタイも紹介されていました。 そこで紹介されていたのはチェンマイだとかカンチャナブリーだったと記憶しています。 番組を見ている分には、ほんと貴族にでもなったかのような生活ぶりでしたが、実際はどうなんでしょう? 確かにチャンマイの外れやカンチャナブリーに行けば、立派な家を安く借りることもできるかもしれません、それでも2万バーツはすると思われますが(立派な一戸建てね)、しかしその周りには日本人にとって便利なものは何もないんですよ。 
タイはバンコクとその他の県は全く様子が違います、バンコクで生活できるからといって、その他の県で生活できるとは限りません。

僕はテレビや業者がいうように、甘くはないとおもいます。タイで生活をしたことがないひとが老後を送るにはそれなりの覚悟が必要でしょう。

団塊のオヤジさんのコメントでタイの物価は日本の1/10くらいというのがありましたが、それはロングステイなどの業者が勧誘する時の決まり文句です。

実際、コラートの社長が僕と面接するときに、そういってました…_| ̄|○


では先ず身近なもので物価を比べてみましょう(・ー・)
※1バーツ 2.8円


飲料水(600ml) 7バーツ 約20円
※僕はタイでは水道水は口にしませんので、お茶やコーヒーはもちろん、野菜の洗浄、炊飯、パスタを茹でるときなどはすべて飲料水を使用します。  
コーラー330ml 14バーツ 約40円
セブンのハムサンドイッチ 22バーツ 約62円
タバコマルボロ 75バーツ 約210円
ビール330ml缶 ビアシン 31バーツ 約87円
シャンプー 500ml 120バーツくらい  336円
ガソリン1L 28バーツ 約78円


これらは一般のタイ人も購入するものです、日本と比べてどうですか?

次はチェーン店で外食した時の価格

マクドナルド ビックマックセット 109バーツ 約305円
※ビックマックの価格を比較して、世界各国の通貨や物価を比べるこれをビックマック指数という、この指数で考えるとタイの飲食店の物価は日本の約1/2になります。ちなみに一番高いのはノルウェーだそうです。
MOSバーガー 単品 69バーツ 194円
ペッパーランチ BEEF ペッパー単品 120バーツ 336円
大戸屋の平均した定食 220+税金17% 616円
日本のラーメン屋(ばんから、山小屋など) 1杯 180バーツ 504円
タイ8番ラーメン 65バーツくらい+税金 182円


そこそこするでしょ? これらの外食産業のターゲットは、基本的にはタイ人ということです。
日本のラーメン屋に行っても最近は半数はタイ人ですね。

僕がタイは安いな~って思うもの(・∀・)

タクシー代 初乗り 35バーツ 98円
タイ式マッサージ 2時間 300バーツ 840円
屋台の飯 20~30バーツ 56円~84円
タイの果物 マンゴー 1Kg 40バーツ 112円
日給ワーカーの賃金 バンコク 203バーツ 569円
夜の女性へのお支払い 2,000バーツくらい 5,600円


業者とかが特に取り出して、物価が安いといっているのは

屋台の飯 20~30バーツ 56円~84円
日給ワーカーの賃金 バンコク 203バーツ 569円


このことではないでしょうか? こうやって見ると確かに、日本の1/10ですよね。

でもこれって、日本人の生活に関係ありますか?( ´Д`)

この賃金って【タイ人の生活費と給料 その1】で紹介したタイ人の生活のさらに下の生活をする人の賃金ですよ。


また屋台ですが、確かにおいしくて安いですが、健康や栄養バランスを考えると毎日食べる人には注意が必要です。

日本人が注文する料理では栄養はどうしても肉系に偏ってしまいますし、油や砂糖、化学調味料を大量に使うのが屋台の料理です。 タイ人は他で野菜や魚を十分にとっていて、一つの食事の手段として屋台を利用しています。 屋台でご飯と1品ものを購入して家に持って帰り、生野菜をナムプリックとかいうタレで食べたり、魚(なまずやプラーニン)を結構食べます。

また健康に関して言えば、水が飲料水かどうか不明、野菜は適当にしか洗っておらず、寄生虫などの危険が多い、肉や魚介類は鮮度が疑問、あと調理人の手などの不潔さは一目瞭然です

そして僕が一番危険だと思うのが、食器などの洗浄です。

彼らは屋外に店があるので水道がないわけです、ですから大きなタルを2つ用意し、1つめのタルで洗剤を入れてザブザブ洗って、2つめのタルですすぎをするわけです。

それ洗剤残ってない?(;゚∀゚) っていう感じです。 

タイに来た当初はよく食べていた屋台ですが、今はめっきり利用することがありません。
利用すると結構な確立でお腹を壊すようになってしまいました。
ですから、タイ料理を食べる時は、最低でも建物の中で調理してくれるところでですね。

そこだと大体1食あたり 60~80バーツ  168円~224円くらいです。

逆に日本より高いものもあります、日本の書籍や食品などは2倍~3倍の価格で売られています。

いろんなことを比べてみても、タイの物価ってせいぜい日本の1/2~1/3だと思います

前回までの記事はタイで働こうとされている方に向けて書いたのですが、団塊のオヤジさんのコメントを読んで、リタイアされてタイにこられる方のことを、考慮して今回書いてみました、リタイアされて移住してきたのはいいが、数年後に日本へ帰国される方も多いと聞きます、しかしタイの生活に順応でき、何か趣味を持っておりそれができる環境がタイにあれば、すばらしいタイ移住生活が送れると思います。 頑張ってください!

何度も来タイされている方は心配ないと思いますが、老後をどこか物価の安い国で過ごそうと思っている方、完全に移住する前に、数ヶ月でもその国で生活することをおすすめします(・∀・)つ

      


↑      ↑     ↑
退職記念に海外ロングステイしてみませんか?

ご相談は「ロングステイ専門店」へ。無料見積り受付中!






毎日メールが届くから嫌でも続けられます…(;´∀`)hello!



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

ポチッとが終わったらタオの新ブログ→【タイを活きる】

スポンサーサイト
コメント
No:1795|Re: 無責任
P子♂さん>こんにちは。 そうですね、地方の移動手段はかなり不便ですね。そして、トゥクトゥクとかを利用する際の、値段交渉とかがストレスになりますね。 ソンテゥを利用する場合には、タイ語力がある程度必要になってきますし、やはり自家用車が一番です。 そうなると、言われるとおりのことが懸念されます。 要はタイはなかなか手強いってことでしょうか?w
2009/07/24 07:37|by タオ|タオ URL編集
No:1793|無責任
>ちなみにタイ政府は、高田純二が日本の内閣総理大臣になったくらいいい加減

  バカウケ(笑)

自分としては居住地のインフラ整備状況についても注意すべきと考えています。特に公共交通機関(移動手段)を考えたときに、BKK都市部を除き日本とは比較にならないほど不便であることが予想されるので、必然的にタクシー・トゥクトゥク・ソンテゥ等を利用することになります。しかし自分で運転するに比べ不自由であることに変わりないので、自動車が欲しくなるでしょう。タイを甘く見てる人は、そこで大きな壁にぶつかると思います。自動車は確実に高いです。買った後も事故に遭う確立は日本の比ではありません。ぶつかって来た相手が無保険なんてことも多いです。暑いから自動車の劣化も早いと思います(特に樹脂系パーツ)。とにかく何かとお金がかかります。
2009/07/23 22:54|by P子♂|P子♂ URL|編集
No:1792|No title
はっちむさん>僕は日本での将来がある程度予想できました、決して悪くはないのですがいわゆる平凡な生活です、ですから思い切って海外に出たのですが、それはそれでなかなか大変ですが、やった分だけ返ってくるスタイルが僕にはあっているのでしょう。
カナダですか!? いいですね~一度カナダの流れのないような川でキャンプしたいと思っています。

屋台のお話を書いてくれたさん>洗剤はほんとしゃれにならないですね、特にタイの洗剤は汚れを落とすことを第一に考えていますから、人間にはやさしくないですからね、野菜ジュース、果物ジュース等これは盲点でした、やばい結構すきです。
2009/07/23 08:52|by タオ|タオ URL編集
No:1791|No title
泰之助さん>現地住民に対して葛藤を覚える<これよくあります。 僕は家の警備員や管理人、そして役所の対応には時に堪えられないくらいの怒りを感じますよw あとイタリアネタはスルーでいいですかw

通りすがりの溶接工さん>そうですよね、タイで生活するには、文化や考えかたの違いからうまれるところは我慢できますが、生活スタイルで我慢するぐらいだったら日本の方が絶対いいです。 昨日、NANAにあるマクドナルドでチーズバーガーセットを注文しました、103バーツでした。

川崎さん>僕も昔コラートに住んでいた頃、バンコクにたまに出てきて大量に買い物してました。懐かしいです。タイの田舎の本当の暮らしができるならば別ですが、バンコクの生活になれたタイ人や日本人はいろんな便利なものを知ってしまっているので、結局は高くなるのかも知れませんね。

takroさん>家に装備されている浄水器ですか~。危険な香がしますね~w 僕は水はスプリンクルと契約しています。運ちゃんのサービスも普通で今のところトラブル無しです。

Kさん>コメントありがとうございます。
はい、僕もなかなかお金がたまりません_| ̄|○
使おうと思ったら、日本以上に魅力的なことがいっぱいあるのがタイです。 逆に日本のように、経済的な時間つぶし、テレビとか本を読むとか友達と長電話するとかをしないようになっちゃいました。これがタイの罠ですねw

団塊のオヤジさん>15,000バーツで二人分の食費ですね、完全自炊ならば可能です。奥さんが料理ができるならば、市場やタイ人向けスーパーで材料を買ってきたらそれぐらいでおさまります。 タイ米は1Kgあたり40バーツくらいですし、野菜も大体のものが1kgあたり60バーツを越えないと思います。肉類も100バーツ前後です。 ただ日本からの食材、例えば焼き肉のタレ、ソーメン、日本のラーメン、カレーなどは日本で買うよりも2~3倍程度するので、高級食材となります。
ちなみにタイ政府は、高田純二が日本の内閣総理大臣になったくらいいい加減で、責任なんてないので気をつけてくださいw







2009/07/23 07:58|by タオ|タオ URL編集
No:1790|No title
屋台

で食事をする時は、水周りがポイントかな?
と思います。

水道が無い所は避けたほうが

野菜も洗っていない可能性ありますし、食器も心配

虫や菌ならまだしも、消毒液や洗剤はしゃれにもなりません。

探せば、室内に屋台が集まっているような所
(勿論、水道も完備されています。)
もあります。

ロータス、カルフールが近ければフードコートという手もあります。

後、野菜ジュースも重要でしょうか

それで、何とか2ヶ月ほとんど日本食を食べずに滞在できています。
2009/07/23 00:12|by -| URL|編集
No:1789|管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/07/22 12:06|by -| |編集
No:1788|
自分も過去にカナダですが移住しようとした経験があり、まあカナダは首都圏で郊外でも少しまともな持ち家は軽く一億越えてくるので無理ですが...
一番大変なのはやはり習慣だと思いますね、若い時は勢いでなんとかなっても年齢と共に限界がくる人もいますし、ただ今の日本も20代で失業者や20万以下の給料が6割以上いるとか年金システムは崩壊し老後も日本が安全とは言えないですね。を考えるとタイの方がまだいいかも知れません。タオさんなんかは日本でも十分やっていけるトップクラスの人材だと思うので、普通の日本人が簡単に高所得にはなれないでしょう。でも結局最初から、お金の事を考えてたら海外なんか行けませんよね~
2009/07/22 09:16|by はっちむ|はっちむ URL|編集
No:1787|タイの物価
個別具体的に教えて頂き有り難うございます。
ある程度理解できましたが、もう一つ教えて下さい?
タイ国政府観光庁HPのロングステイPRであるご夫婦の体験記事の中で月間支出が52,200B   (146,160円)とあります。
内訳で家賃14,000B・食費15,000Bとあり、最近の記事(4月)で、しかも2人です・・・・・食費の違いが大きいと思います。
タイ政府がロングステイヤーに間違った勧誘をしているのでしょうか・・・・・一度検証をお願いします、
いずれにせよ事前体験をしなければなりませんね、自己責任ですから、
タイの物価は今後の経済発展と共にまだ・まだ上がりますね、
なんとなく ガッカリ です。
2009/07/22 08:47|by 団塊のオヤジ|団塊のオヤジ URL|編集
No:1786|No title
はじめまして。
いつもブログ拝見させてもらっていますが、初めてコメントします。
自分もよく日本に居る知人からタイは物価が安いからお金がたまるでしょ?って言われますが自分の計画性もないのですが、なかなかたまりません。来た当初はタイ料理も美味しいく毎日でも大丈夫と思っていたのですが、半年で飽きてしまいました。日本の食材を買ったら日本とかわらないか高いですし。
タクシーは安いと思いますが、日本に居るときはタクシーなんてほとんど使わないのですがこっちに居ると安いからといって結構使ってしまいます。安いものは余計なものまで買ってしまっているような気もしますし。金銭感覚がいまだによくわかりません。

自分も貯蓄などを考えると10万Bくらいは必要だと思います。

長々と書いてしまいましたが、今後もブログを楽しく拝見させていただきます。
2009/07/22 08:12|by K|K URL|編集
No:1785|No title
タイで物価が安いなーって思うのはやっぱりタクシーですねー
35Bだったら電車じゃなくてタクシーつかっちゃおうかなー?ってどうしても思ってしまいます(*´∀`)アハハン♪

タオさんも口にする水は全てかったやつを使ってるんですね。
takroも同じですw
一応takroの家には水道水を綺麗にしてそのまま飲める・・・・ような装置がついているのですがどうしても信用ならなくて未だに使ったことがありません_| ̄|○  鬱だ折ろう...

他のコメ同様に物価を一概に比較するのは難しいですね。
2009/07/21 22:51|by takro|takro URL編集
No:1784|No title
タイは広いです。
住む所によっても物価は変ってくると思います。
個人的な感覚だとタイと日本の物価は・・・・・・・
日本の3/5だと感じます(1/2より少し高いぐらい)
この物価の感覚はタイの田舎(コラートよりさらにラオス・
カンボジアに近いイサーン)の物価の感覚です。
タイ嫁がバンコクに行くと大量に買い物をします。
タイ嫁曰く「食料品も衣料品も田舎の半額だよ・・・安~い。
バンコクに住みたいね~」とアソークのロビンソンデパート
の中で言っていました。タイの田舎にはバンコクから高い
運賃を掛け、バンコクの売れ残りや、賞味期限の切れ掛かった物を運び高値で販売しているんです。
タイの田舎だから物価が安いと考えるのは大間違い。
私もタオさんの意見に賛成です。
2009/07/21 19:30|by 川崎|川崎 URL|編集
No:1783|No title
 自分もタオさんの意見に賛成かなw
 日本では仕事とアパートを往復する毎日で、好きなビールも1日2本;;(発泡酒のことが多い)
 こんな暮らしでタイに行くなら、日本にいたほうがマシw
 自分はある程度までは現地に合わせる生活は出来ますが、完全にタイ人と同じレベルまで落とす事は出来ないですもんね。
 適度にオープンバーとかに行って飲みたいし。
 とか考えると、自分も 月最低で6~8万バーツは欲しいですねw 
 自分は'99~'00年に数ヶ月住んでましたが、その時で マックのサムライ(テリヤキ)バーガーセットが59~69バーツ位(正確には覚えてません、スミマセン)だったと記憶しています。
 では、また。

 
 
2009/07/20 17:50|by 通りすがりの溶接工|通りすがりの溶接工 URL|編集
No:1782|No title
>リタイアされて移住してきたのはいいが、数年後に日本へ帰国される方も多いと聞きます

現地住民との価値観や常識、秩序に関する考えの違いも大きな問題(ストレス)になりますね。
「金銭では解決できない」苦痛なことも多々ありますから。
住まいが戸建てであって、コンドであっても、必ず何かしら現地住民に対して葛藤を覚えることになるでしょう。
特に、日本の日本人としての価値観が確立された状態で来タイされる場合には、頭で分かってはいてもタイ人の価値観や秩序の違いに大きな苦痛を感じるかもしれません。
リタイアしたならイタリアがお奨めです(寒)
2009/07/20 17:29|by 泰之助|泰之助 URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
スポンサードリンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
TWITTER
ツイッターやってます!
スポンサードリンク
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ