微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

タイで生活する本音

2009.07.24
今回は何でタイなの?の本音の部分なのでお金の話になってしまいますのであしからず( ゚Д゚)

皆さんタイに旅行にこられて、タイが好きになった方がほとんどじゃないでしょうか?

なんで?(゚Д゚ )

日本で働いてお金を貯めて旅行にきて、日本より物価の安いタイで思う存分買い物や飲み食いして、所得の低いタイ人にチップなんかあげて、ちょっとリッチになった気がして気分がよくなったという人もいるんじゃないでしょうか?

実際、僕もそう感じることがありますし、普通の感覚だと思います(・∀・)

※もちろん、タイの雰囲気が好きとか人が好きという人もたくさんいると思います。

でもそれって、日本の水準の給料があるからですよね。

はっきりいって、日本の平均水準の所得があればタイでの生活って快適です(・∀・)

それで、僕は大体8万バーツ~10万バーツの手取りの給料があればいいんじゃないか?と書いたのです。

ある知り合いの社長が言いました、

「年収が200万バーツくらいあったら、断然タイの生活がいいな~、でも100万バーツくらいだったら日本の方が幸せだよ」

あるタイ好きの人が言っています

「タイは、旅行に来るところであって働くところではない思うよ、お金を貯めて年に数回くるから楽しいんだ」

そして駐在員ほとんどの人が言っています。

「日本へ帰国したくない、あの日本社会に戻れるのか不安だよ~」

これらのコメントから、お金があるとタイってすごく楽しいってことじゃないですか?

お金があればとても楽しい国だけど、お金がなければそれほど住みやすいとは僕も思いません。

昔、コラートでの仕事を辞め、バンコクで1ヵ月くらいだらだらしたことがありますが、収入がないので極力節約していたんですが、何も楽しい記憶が残っていません。

暑いこの国では昼間もすることがなく、夜も毎日遊びに行くことも出来ず、サービスアパートメントの中でビールを飲んで、プレステをしたりNHKを見たりして過ごしていました。

外にでても、旅行者でもなければお金を落とす人間でもないとわかれば、タイ人はとたんに近寄ってこなくなります(本当の友人は別ですけど)。 

本当につまんなかったですよ~(゚з゚)

そして僕はもう一度タイで働くことを決意したのです(`・ω・´)

今は、それなりの収入があるので昼間、もし時間があれば、ゴルフへ行ったり海に行きますし、夜は外食をしてそのあとは軽く飲みに行きます。 

僕が言いたいのは、生活レベルを落として何かを我慢して生きていくならば、特別な理由が無い限りは日本の方が安心して暮らしていけると思います

日本は何かあっても、ほんとなんとかなるさですよ。

タイで永住するとなるといろんな心配なことがあります

その一番が医療費です 

海外保険って何歳まで入れるの? すみません僕は知りません、誰か詳しい方教えてください。

現地の社会保険は働いていないと入れません、日本の国民保険のようなものは今のところありません。 AIAやINGなどの保険に入る手もありますが、入院した時の保証額が平均のものでベット代が3,000バーツくらいです、国立病院はそれで十分ですが、私立病院は1日6千バーツ以上ベット代だけでかかります。
ちなみに僕がバムルンラードに入院したときは、何の治療もせずに点滴だけを打って2週間で34万バーツくらいかかりました、1日2万4千バーツくらいですね。 
すべて海外保険で支払いましたが、実費だったら5日目くらいで自宅療養を願い出たところですよ。
海外保険に加入していても慢性疾患なんかにかかったら、半年後からは実費です。

僕はタイの生活が好きです、タイでの仕事も好きですし自分にあっていると思います。
いつの間にか、8年もタイで暮らしています。
その間に、駐在員の知り合いは帰国するのは当たり前なのですが、現地採用の知り合いの多くの方が帰国してしまいました。 

その逆に僕のように、元駐在員でタイ企業に転職したり、会社を興したりしている人や、現地採用ですがタイ側の会社の社長に就任して同じく、タイに永住しようと思っている知り合いもいます。

すべては自分次第です、悔いのない人生を送れればそれは幸せだと思います。

何度も来タイされている方は心配ないと思いますが、老後をどこか物価の安い国で過ごそうと思っている方、完全に移住する前に、数ヶ月でもその国で生活することをおすすめします(・∀・)つ

      


↑      ↑     ↑
退職記念に海外ロングステイしてみませんか?

ご相談は「ロングステイ専門店」へ。無料見積り受付中!








毎日メールが届くから嫌でも続けられます…(;´∀`)hello!


_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

ポチッとが終わったらタオの新ブログ→【タイを活きる】
スポンサーサイト
コメント
No:3165|承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/01/27 19:03|by -| |編集
No:1807|時計と手帳を捨てるとサバイ
現在は病気も治り、大変元気です。

>僕が言いたいのは、生活レベルを落として何かを我慢して生きていくならば、特別な理由が無い限りは日本の方が安心して暮らしていけると思います

これって、多くの人にとって当てはまると思います。

でも、タイにはタイのよさがあります。
時間、約束事、世間に縛られず、
サバーイ、サヌックに生きる。
これはお金とはあまり関係ありません。

予定があっても、今日はマイサヌック、マイサバイだから気が乗らないので、やらない。
1時間ぐらい約束の時間に遅れても、気にしない。
タイにはそれでも生きていける、知恵と仕組みがあります。

手帳の予定表と時計の針をニラメッコしている生活に、おさらばすると本当に快適です。

タイで働いている人がこんなことを考えたら、次の日に会社をクビになっているでしょうが。


2009/08/01 06:09|by タイブログランキング|タイブログランキング URL編集
No:1804|No title
タイブログランキングさん>今は病気は大丈夫なんですか? そうですよね、僕も最終的には日本で検査してもらっています。
2009/07/28 07:30|by タオ|タオ URL編集
No:1803|病気 言葉の問題
タイで病気になったとき、
お金も問題ですが、言葉も問題ですよ。

私はタイでロングステイしています。
今年の3月にタイで病気になりました。
病状治療方針などが、英語で説明してくれるので、よく理解できませんでした。
考えて末、日本に行って手術しました。

逆に言うと、病気になったら、一刻を争うようなものでない限り、日本に行って治療すれば済むことです。

2009/07/28 06:36|by タイブログランキング|タイブログランキング URL編集
No:1802|No title
団塊のオヤジ さん>こんにちは。 おっしゃられている方と僕は関係ありませんよ。

はっちむさん>永住権を持っていたら、全額保証とはすごいですね。 タイの医療の私立病院の施設や医療機器がすばらしいことはわかっていますが、やはり最後は人じゃーないですか? やはりそのあたりは日本人としては、日本が安心です。

2009/07/26 11:53|by タオ|タオ URL編集
No:1801|
医療問題と老後は海外永住の1つのキーワードとなりそうですね。
カナダなんかは安定しだいすぐに自宅療養させられますが、渡辺賢がガンのオペに来たりかなり進んでいて永住権あれば生涯全額無料なんですよね。結局大きい手術になるとタオさんの目の時みたいに日本で手術入院する人が多そうですね。
2009/07/25 21:16|by はっちむ|はっちむ URL|編集
No:1800|No title
もしかして貴方様は・・・・・
タイ調査隊のカボンさんでは?タイを活きるは貴方ですが、
余りにも似ているから疑問を感じました。
2009/07/25 19:44|by 団塊のオヤジ|団塊のオヤジ URL|編集
No:1799|No title
泰之助さん>こんにちわ。
こないだ、友人が国立病院に入院したのでお見舞いに行って来ました。 申し訳ないけど、びっくりしました、汚さとサービスの悪さにです。 大部屋泊まっていたのですが、個室に移ったほうがいいんじゃない?って薦め、値段を聞きに行ったのですが、結構高いのと、満室ということで結局断念です。 将来への不安はありますね。

トゥッ・ムーさん>公務員は無料なんですね!? 国立病院もシリラート、チュラロンコーン、ラマ9などいいところも多いと聞きます、ただお金のない患者の数が半端ないですから、いつも満室状態なんでしょうね。 これもタイの課題ですよね、といってもタイ政府を当てにした時点で負けなので、自分で蓄えないといけないんでしょうね。

2009/07/25 12:03|by タオ|タオ URL編集
No:1797|No title
タオさん こんにちは
うちのお義父さんは元公務員なので国立病院で無料で治療を受けられます。
いい加減年だし悪いところもあるのですがレントゲン撮ってもらうだけでも予約が2-3ヶ月先だって言ってました。
人命にかかわるようなと明らかに重症な人で無い場合は先送りされるようです。
それに順番待ちしてる間に急変してもタイだからだれも責任なんかとりませんから。
2009/07/24 23:31|by トゥッ・ムー|トゥッ・ムー URL編集
No:1796|No title
イタリアねたで少しは身体が冷えませんでしたか?

>その一番が医療費です 

歳を重ねる毎に、より現実的な問題となりますね。
老後にタイで暮らされるのならば、その辺の金銭も考慮した方が良いでしょう。
民間の保険に入っていたとしても、病院でいきなりパッと保険が出るわけではありませんから。
何としても金銭の負担を避けたいなら、国立病院しかありません。
でも国立病院は私立と違って、至る所に乱立しているわけではないので、通院しやすい物件も視野に入れなくてはなりません。
しかも国立なので、あらゆる面で「疲労困憊」します。
医療一つをとっても、やっぱり日本が一番楽でしょう。
「日本国民だからこそ受けられる恵沢」も日本にはありますから、
むしろタイ生活よりも安い、安全、便利な生活が送れると思います。
と言いつつ、私はこの先も老後もタイで永住します(爆)
2009/07/24 16:20|by 泰之助|泰之助 URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ