微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

カオプラヴィハーン

2005.10.14
帰国したRさんから以前、タイで一番お気に入り遺跡を教えてもらった。
カオプラヴィハーンである。
場所は、タイの最東部シーサケット県の近くのカンボジア領にある。
そこは、カンボジア領であるにもかかわらずタイ側から行くほうが便利で、しかも1日以内であればビザが必要ないところである。
しかし、カンボジアの情勢は不安定であるため、度々タイ国側の入り口を閉鎖してしまうことがある。一度閉まれば、それがいつ開くのかまったく分らないのである。

幸運にも、工場のメンテナンスで2連休になった(2連休っていうのかな?)タイの観光庁に確認すると、カオプラヴィハーンは開いているらしい、かなり遠い場所にあるので、日帰りは難しいのでこの機会に行くしかなかった(`・ω・´)シャキーン
ガイドブックには載っていないので、インターネットで行き方を調べる。 結構、行きにくそうなので2日で帰ってこれるか不安ではあったが、先のことは考えずに行って見ることする。

先ず、コラートからブリラム県までバスで移動。
エアコンバスでいけば早いのだが、血迷ってノンエアバスに乗ってしまいすごく、体力と時間をロスしてしまった('A`)
たぶんエアバスならば2時間でいけるところを6時間近くかかってしまった。
20051005151618.jpg ブリラムのバス停
すでに昼の2時すぎである。
ほんとはここから、またバスでシーサケット県まで移動するのだが時間も体力もなかったので、ブリラムのバスターミナルで車をチャーター。
1,500バーツでいきなり、カオプラヴィハーンまで連れて行ってくれた上に、観光終了後ブリラム県まで送ってくれるという
ヽ(A`*)ノそれ最高!彼の4WDに乗り込んで出発! 彼は2時間くらいで着くという。
バスで行けば、まだまだ6時間以上はかかると思っていたところがたったの2時間である。 朝のロスタイム回復(´ ∀`)y
17時頃到着!
タイ国側の国境で、タイ軍兵士と運転手がなにやらもめている。

運転手「今日は、もう門を閉めるらしいって」( ゚Д゚)
(`Д´)はーあんた、さっき遅く着いても大丈夫だっていったじゃんか?!とはいっても、兵士が守る中、駄々をこねても仕方がない。
カオプラヴィハーンのふもとにある、小さな町まで送ってもらう。
運転手曰く、明日また迎えに来てやるから全額(1,500バーツ)払えという。
( ゚Д゚) こいつ絶対来ないしと思い。1,200バーツだけ払い、明日来たらさらに500バーツ払うことで交渉成立。
そして、この何もない小さな町のホテルで1泊する。

20051005151640.jpg 何もないが結構広い部屋である。 500バーツ

夕食はこの山奥の町で、なぜか料理を注文してしまうタオ( ゚Д゚)マズー
エンターテイメントのかけらもないこの町、20時にはベットについていた。 

明日に続く

アジア人気blogランキングにぽっちとな

http://qw.blog16.fc2.com/tb.php/76-da4b5324
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/tb/index.cgi
http://travel.blogmura.com/rpc/trackback/92
http://job.blogmura.com/rpc/trackback/1638
http://qw.blog16.fc2.com/tb.php/18-ce2673d2

スポンサーサイト

コメント
No:139|
コメントありがとうございました。これから気合入れてブログ更新していきますね~。タオさんのブログ読んでるとまたタイに行きたくなります。「あ~プーケットの海で泳いでみたいなー。」
2005/10/15 00:46|by 英☆ベガス|英☆ベガス URL編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ