微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

グループ責任者会議

2009.04.30
僕の会社はタイ企業である。

何十という会社からなる、大きなグループである。

そして年に数回、各会社の責任者が集まって会議をする。 その会議に僕も出席する。

もちろん、僕以外はタイ人なのだが日本語を話せる方が何人かいるので、たまに分からないことは彼らに聞いて理解するようにしている。

今日の議題は、来年のボーナスや昇給の評価の仕方について

去年から一部のグループ会社で実施していた、KPI (Key Performance Indicators)日本語で、重要業績評価指標を全社に取り入れようということに決まったらしい。

ちなみに、僕はこの会議ではじめてこの決定をしったのだが、他の責任者たちも同じであった。

またこの会議をしきるのが、本社の総務部長で、この部長はバンコク銀行の元総務で上の役職だったらしいが、畑違いの出身であり、また学歴は高いが能力が低い人である。

その総務部長が言う 「KPIの達成率で、各社のボーナスや昇給率を決定します」( ゚Д゚)

ちょっと待ってください。 うちのグループはいろんな業界があるんです。 同じ業界でも、製造する製品が違うんです、簡単なものもあれば、高度な技術を要する工場もあるんです。

例えば、紙をつくるのと、重量計をつくるのとは全く違うものです、さらに言えば薬なんかは相当品質が重要視されます。

それを、KPIの達成率で昇給率を決めるんですか? 

っていつもは適当に参加していた、責任者総会議、これではまずいと思い、上記のような意見を言いましたが、総務部長には理解できない様子。

例えば、顧客からのクレーム件数なんかもKPIの指標になる。

総務部長「去年のタオさんの工場は9件のクレームを出しています、これは○○工場の7件に対して多いですね」( ゚Д゚)

おいおい、○○工場はローカル向けでしょ? 僕の顧客の半数は日本人なんですよ。

やばい、この人に理解してもらうのは無理だ。

僕は比較的仲の良い、社長や工場長と話し合って、ここを乗り切ろうとした。

先ず僕は一旦逃げる作戦に出た

タオ「すみません、今日の午後に会議だと今朝知らされてここに来たわけですよ、そして今はじめて議題を知って、すぐに指標にする数値をだせと言われてもね~また次回の総会で決定してもいいですか?」(゚Д゚ )

総務部長「あー分かっています、すぐには無理ですから明後日までに、連絡してください」

明後日って...それなら、他の責任者と相談して今数値を出したほうがよさそうだ...

この瞬間に僕は、隣の敷地にある工場長からKPIについて教えてもらうことになった。


久しぶりに短時間に頭を使った気がした(;゚∀゚)


この間も、各責任者から、KPIの発表が行われていた。

次回、僕の工場の目標を発表

_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

ポチッとが終わったらタオの新ブログ→【タイを活きる】






スポンサーサイト
コメント
No:1688|
co>タイ企業には日系企業ではありえない苦労もあるんです。 
日系企業も大変ですけどね、苦労の内容がちと違いますw
2009/05/03 10:21|by タオ|タオ URL編集
No:1687|
苦労してますね

お疲れ様です!
2009/05/01 19:50|by co|co URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
スポンサードリンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
TWITTER
ツイッターやってます!
スポンサードリンク
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ