微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

僕のポジション

2008.08.28
僕はグループの中の一つの部門の運営と経営を任されている。

グループは大きく分かれて3つの大グループがあり、そのグループもさらにいくつかの中グループに分かれる。

僕はこの中グループの中の1つの部門の責任者である。

グループ大がすべて集まると、タイで30位以内入る大企業であるらしいがピンとこない。 大きすぎて、他のグループが何をしているのか知らないし、知らされていないことも多い。

一つの部門ではあるが、会社としての機能しているので必要な部署は大体僕の下にある。

しかし、部署の中には大グループから出向で配属されているところもある。

経理、人事がそうである。

僕の下で動くのであるが、彼らの直属のBOSSはマネージャーとして本社にいるのである。

そしてそのBOSSと僕とは微妙な関係なのである。

横の関係なので、しっかりと上下関係はない。

お互いに遠慮と探りあいの関係である(,,゚Д゚)

肩書きだけで言えば僕の方が上なのだが、彼らには華僑同士の血縁関係もあるのでかなり厄介である。

彼らからしても、僕は厄介な存在である。 なんの血縁関係もない外国人が力をもっているわけだ、タイ人ならばほとんどの人間は彼らの権力に反抗しないのだが、僕は何かと意見を言って彼らが間違っていれば指摘する( ゚д゚)ダメジャン

かといって、僕が何も恐れていないわけでは決してない。

彼らの本当の力は知っているつもりである((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

中国人は血縁をとても重視する。

なんでこんな使えない奴が、課長レベルなんだよって思っていたら社長の従兄弟の娘だったりするのだ。

昔、経理のマネージャーとぶつかって大喧嘩をしたことがある。

この人は、社長の妹の旦那であるという。 その当時は知らなかった...

だからと言うわけではないが、エキサイトしていたのでかなりきたない言葉を使ったのだと思う。

彼は本社に帰って、皆に僕がどのような暴言を吐いたかといいふらしていたそうである。

結局は、業務上としては僕が正しかったのであるが、ものの言い方というのには気をつけないといけないなと反省した。


今では、彼と会うと僕の使える最高の敬語を使い、接することにしている(;゚∀゚)


何が言いたいのかというと、華僑はVery Coolですということではなくて、誰に対しても丁寧な言葉遣いをすることはお互い気持ちのいいことだということです。

客だろうが、下の肩書きの人だろうが関係ないわけです。 そんなんで、話方を変えていた自分がとても小さな人間に思えます。
 
人として敬って話してくれる方には大変好意をもてますからね。

_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな
(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

タオの新ブログタイを活きる  ←さぁ、読んでみよう!( ・∀・)つ
スポンサーサイト
コメント
No:1444|
ゴルゴンさん>タイの大きな企業もコネの世界ですね、タイ人の実力ある若者はそれによって上に上がれない人もいます。 実力通りの評価をするのが僕の仕事だと思ってやっています。 
カシコン銀行にされたんですね、良いと思います。 景品が面白いですね。 
2008/08/29 07:23|by タオ|タオ URL編集
No:1443|戦士
タイパニットがお勧めですが、カシコン銀行も良いって聞きますよ。 もうすぐ9月ですね、頑張ってください

ありがとうございます。 日系企業では日本人同士の人間関係に悩む人もいますが、世界は広い。 タオさんもタイ企業で1人で戦ってるんですね。なんだかんだいってタオさんの力が必要ってことですよ。駄目な人にはバシバシいって頑張ってください。でもタイは大企業は実力次第だと思ってたんですがどこにでもコネの駄目職員っているんですね。
口座開設はタイパニットが行員の態度が悪かったのでカシコンで開いてきました。
景品を渡されました。水と、ティッシュとタオルとコンドーム......

2008/08/28 20:43|by ゴルゴン|ゴルゴン URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ