微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

タイで働く まとめ

2008.07.14
2ヵ月にくらいにわたって、タオの能書きタイで働くシリーズ

実際はもっともっと大変で、そして結構楽しかったりするんですが

そんなの全部書くことなんてできませんし、人それぞれ感じ方や価値観も違います。

基本的にシリーズでは、現地採用は大変というスタイルで書くことにしました。

この大変というのは仕事面ではないのです、待遇や境遇面からです

仕事面で言えば、駐在員の方が大変なことも多いと思います、日本からの命令と現地での現実のギャップに折り合いをつけて対応しなければいけないですし、日本人社会とのお付き合い、責任など、現地採用の人のように気ままにではないでしょう。

現地採用の人は結局、気楽な立場です(・∀・)

先月は知り合いで4人の現地採用の方が会社を辞めました。

4人とも、年齢は30前後で勤めて2年以内です。

そのうち3人はまだタイにいるつもりです。

理由はどうであれ、簡単ですよね。

どうするんだろう? タイに残っている人たち


まだ就職決まってないらしいです(;´Д`)

駐在員なら、なんか嫌だからって辞めないでしょ。

現地採用=出来ないけれど、安い人材 だから使い捨て

こないだある日系企業の社長と食事することがありました。

社長「いや、現地で良い人採りたいんですけど、居ないね~この国、もっといい人材が出てきてくれたらいいんだけど...ずっとタイで頑張ってくれるんだったら10万、20万バーツはだすよ」

そう、こう思っている人もいるんです。 現地採用でもいい人ならば、厚遇で迎えてもらえるんです。

現地採用だからといって使い捨てじゃないんです、使い捨て程度の人だから使い捨てるんです。

僕の経歴は現地採用からはじまり、駐在員、そしていまはローカル企業で働いています。

ローカル企業だから、現地採用でしかないのですが、駐在員で働いていた時よりすべてが充実しています。

現地採用ですが、幸せですよ(*´∀`)

最終回のようになりましたが、就職日記は続きますので

これからも就職日記よろしくお願いします。


_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

ポチッとが終わったら、さぁ【タイを活きる】


スポンサーサイト
コメント
No:1418|負け組ですか?
岡村さん>コメントありがとうございます。駐在期間が1年というのはとても短いですね。 1年だと、タイの生活に慣れるだけで終わってしまうよな気もします。 日本のサラリーマンですから、うまくやっていけば給料もらえるますもんね。 結局は駐在員、現地採用で区別するのではなく、個人で頑張れってことですか?ね。それと岡村さんのような方を負け組みとはいわないような気もしますが...
2008/07/19 10:43|by タオ|タオ URL|編集
No:1417|ウチの会社は正反対で
ちなみに私の会社では正反対です。
原則、駐在期間は1年以内という会社なので、
ノラリクラリ言い訳したり、
他人のせいにする習性が駐在員にありました。

何とか駐在期間を全うすれば日本に帰れるから我慢して、
その場だけ取り繕う、という人ばかりでした。

”カイゼン”する気があるのは
タイ人と結婚している永久駐在員の一部か、
ヤル気のある少数の駐在員、あるいは
ヤル気のある現地採用だけでした。

誰かがコメントしていたように、
最後に責任取らされる人間には現地採用も含まれているんです。

もちろん、タオさんならご承知のことでしょうし、また、
会社によりけり、っていう事なんでしょうけどね。

所詮、負け組の私の言い分ですけどね ヽ(゜∀゜)ノワーイ
(すみません、ちょっと酔って書いたのでヘンな文かもしれません)
2008/07/19 04:56|by フーフー岡村|フーフー岡村 URL編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ