微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

スタッフ ナン

2008.07.30
生産担当責任者の名前はナンという

入社テストでは満点をとって入ってきた、頭はいいのはそれで証明済みだったので開発を担当させた。

彼女の仕事の特徴は、とにかく早い!

出来るナンは 仕事をためない( ・∀・)

仕事をためるの好きな人いますよね、そして忙しそうにしている人

あれ、駄目ですね。 上司はキャパを考えて仕事を配分するわけですから、走り回るくらい忙しそうな人は上司の想像よりもかなり遅いということでしょうね。 
たまに、できないくらいの仕事を押しつける上司もいますが...

だからナンは、いつも余裕を持って仕事をしている。

だから、僕はいつでも新しいオーダーを出すことができる。
これ、上からするとうれしいです。 

出来るナンは仕事を理解してやっている( ・∀・) 

上司のオーダーだから、言われたとおりにやるのではなく、なぜこうしないといけないか聞いてくる。だから、僕もしっかりと説明する、○○の依頼で、こんな商品を作りたい、そしてこういうところを注意してほしいといっていると、そうするとナンは開発中に僕のオーダーしたものと、それにさらに一工夫入れたものを作ってくる。

これはいいですよ。 僕は今までの経験でオーダーしているので、いつまでたっても昔の工程からリニューアルすることが多いのである。開発というのは、開発している本人が一番身近にいるのです。だから上司に言われたからこうしたのだが、その工程で何かの工夫をすることによってより良いものができることがある。

出来るナンは意見を言う( ・∀・)

Yesマンが多い中、ナンは意見を言ってくる、僕の考えがBESTでなければしっかりと意見を言ってくる。また、僕が間違っていたら、口調は冷静ではあるが否定してくる。 そうすると、僕も間違っていたことに気づくことができ、さらに信頼関係が築くことができる。

出来るナンは教えるのがうまい( ・∀・)

時間があれば後輩に仕事を教えている。 教えることができると言うことは、完全にそのことを理解しものにしているということである。また自分自身の復習にもなりとってもいいことだ。
まーこんなナンだから後輩からも、信頼されている。

こんなナンは今年から、土日に大学院に通うようになった。

タオ「なんで?しんどくないの?」( ゚Д゚)

ナン「大丈夫です、もっと勉強したいから」(*´∀`)

僕にはまねできません。

大学院を卒業したら、辞めないようにしっかり厚遇しないといけません...

_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

タオの新ブログタイを活きる  ←さぁ、読んでみよう!( ・∀・)つ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ