fc2ブログ
タオ

タイで働く16

さて前回に引き続き、待遇面で抑えておきたいことです(・∀・)つ

給料と昇給

給料はすでに決まっていると思うので、あとは昇給の話です。 さまざまだと思いますが、自分が長く勤めた場合どのように昇給する可能性があるのか聞かなくてはなりません。会社が悪いのか、その人が悪いのか不明ですが、昇給しない人もいます。 ちなみにタイの平均的な昇給率(07年度)は4~8%です。50,000バーツの人だと最高で4,000バーツ昇給しますね。
そう考えると、日本よりいいかも(゚Д゚)

ボーナス
こちらも、現地採用にはボーナスを出さないところもあります。 駐在員が年2回に対して現地採用は1回というのは当たり前のことです。 というのはタイでは正月か中国正月前に1回、約2ヵ月分というのが多いようです。現地採用の人はタイ側の人間になるわけですが、確認の必要はあるでしょう。
夏のボーナスほしいよ~っていってもないのです(´Д⊂ヽ


退職金

基本的にないでしょう。 期待しないように( ゚д゚)、ペッ

休日、有給

タイではまだまだ、土曜出勤が普通です。 最近隔週で土曜休みのところも出来てきました。こちらも確認しておきましょう。駐在員は土日休み(日本のカレンダー通り)、現地採用はタイ人と同じ(タイのカレンダー)というのもあるかもしれません。 また祭日は多くの企業が最低基準の年間13日間だけを休日にしているところが多いです。よってカレンダーが赤色なのに企業は動いています。 赤色のところは基本的には公務員の休みですね。 いっぱい働かしたほうが得をするという考えでしょうね。 有給などは管理職で採用されるので、あまり期待しないほうがいいでしょう(゚д゚)マズナシ

日本への一時帰国手当て

有給では期待しないほうがいいと行っていますが、日本へ一時帰国の際にまとめて休ませてもらえるかもしれません。 だから、帰国させてもらえるタイミング、日数なども確認するといいでしょう。ほとんどないですが、帰国時の飛行機代をだしてくれるところもあります、もちろん駐在員は会社からでますが...

住宅費

こちらも現地採用にはあまり出さないですが、10,000バーツくらい出してくれるところもあるようです。 寮とかあるかもしれませんね

年金

駐在員は厚生年金か国民年金にに入ることになりますが、このあたりも会社がよい方法を考えてくれるはずだが、現地採用にはそれはありません。自己負担で国民年金に入るようになるでしょう。 もしくは免除届けを出しておくかですね。ちなみにアルカトラズでは、年金は自己責任だった...( ゚д゚)ボソ

基本的には、現地採用はタイ人と待遇は変わらないのです。

だから、自分でしっかりと人生計画を立てないと、気づいてみれば何も残っていないってことにもなりかねません。 

たまにふと、将来を考えてみてくださいね。

次回も現地採用と駐在員について考えてみよう(・∀・)つ

_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

ポチッとが終わったら、さぁ【タイを活きる】
スポンサーサイト



タオ
Posted byタオ

Comments 2

There are no comments yet.

タオ

めがねさん>コメントありがとうございます。 製造業の日雇いの方は出勤すればその分もらえますが、月給の人は休みがほしいですよね。ローカル企業ですか? 僕の会社もそうですが、仕事の密度とかはあんまり考えてないですねw

2008/07/07 (Mon) 07:18

めがね

出勤日数

いつも読ましてもらってます。
うちの会社(ローカル製造業)も土曜は全出勤で祭日は年間13日だけです。
その分密度は薄いのですが・・・

でも日系なんかでは隔週で土曜日休みが主流ですよ。業種によるかもしれませんが自動車関連・金属加工なんかではそうですよ。

2008/07/06 (Sun) 07:39