微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

タイで働くその12

2008.06.25
それからは連絡をまだかまだかと待つ日々だった。

僕の中では95%決定していると判断していたので、他の企業で次のステップに進む面接をいくつか断っていた、断っていたのは関東方面に本社がある会社であった。僕の家は関西で関東にまで面接にいくのが、この段階では時間の無駄と思えるようになっていた。

それから1週間が過ぎても連絡がなかった


僕としては、まだ待てたのだがすでに内定が出ている会社への返事をしなければならなかった。行かないと決めていた会社にはすぐに返事をしたのだが、このときに3社程内定があったのだがそれはもうしばらく、キープしておきたかった。

しかし、この会社の次に希望していた会社からは、返事の催促と同時に入社する準備、例えば東京本社で研修する際に住む住宅などの連絡が度々入ってきていた。

結果、僕はこの第二希望の会社に辞退の連絡をすることにした( ´Д`)

理由は、本当のことをしっかり伝えた、僕は「第一希望が駄目だったら、また連絡してよ」という言葉を少しは期待したが、さすがこちらも大手企業、それはなかった。

それから更に1週間が過ぎた、さすがに他の内定をとった企業からも返事をくれという電話があった。

さすがに、2ヵ月以上就職活動をしてとった内定をこれ以上、この会社から何の確約(内定通知書)もなく蹴っていくことは抵抗があった。 

それだけでなく、早く結果をしって楽になりたかった(;´Д`)チカレタ

そこで僕は意を決して、人事部長に連絡をとってみることにした。

次回に続く


_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ