微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

タイで働く その3

2008.06.04
僕の日本新人時代の話 今から10年前...

自信家なタオは意気揚々と入社したのだが、社会はやはり厳しかった('A`)

上司や同僚の先輩方から毎日のように、注意やお叱りをうけました。

やれ、レポートの書き方が下手だ
やれ、話し方が学生っぽい
やれ、酒の席でのマナーが悪い
やれ、スーツの趣味や歩き方などなど


でも大きな会社だったので、同期もいたし他の部署の先輩方は優しかった。

僕の上司や部署の先輩が特に意地悪だったのか?(´Д⊂


いやそうじゃない、後輩の躾をするのも先輩の仕事


僕にはとても優しい他部署の先輩が、僕の同期を怒鳴っていた

いつも僕の、愚痴を聞いてくれくれるやさいしい先輩

それは彼の部下にとっては、厳しい先輩なのだ。


僕は1年で部署を移動した、ちょっとした出世だったのでとてもうれしかったし、元部署の先輩たちに対して、ざまぁみろとぐらいまで思っていた。

僕は他部署にいってからは、昔の上司や先輩を避けていた、だってむかつくんだもん!( ゚д゚)、ペッ

しかし、それは僕があまりにも子供だった

昔の先輩や上司は、僕にあうと

「元気にやってる? いなくなってさみしいよ!」って具合に声をかけてくれる。

そんな、叱ってくれる上司や先輩、愚痴を聞いてくれる先輩、優しく教えてくれる先輩、思いっきり本音で話せる同期、かわいい後輩、それがあるのが日本の会社。

タイにはそれがない...

これらの役割をバランスよくはたしてくれる人がいる会社はないでしょう。

怒られたら、それを慰めてくれる先輩がいない...(´Д⊂

みんながみんな、事なかれ主義で仕事を教えてくれる人がいない...(´Д⊂


ストレスがたまっても、それをぶちまける人がいない...(´Д⊂

かわいい後輩が入っても、自分がどの役割を果たすべきか迷ってしまう...(´Д⊂

我々日本人は、タイでは皆管理職、同僚のタイ人に会社の文句言えますか?

言えないでしょう!

もし言ったら、お前、いくらもらってるんだよ!?( ゚д゚)、ペッってタイ人スタッフに思えわれるでしょ。
そして、あなたのことを下に見るようになるでしょう。

だから自分の不甲斐なさに苛立ち、ストレスを発散することもままならない。

それでもあなたはやっていけますか?


_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ