微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

給料と生活費と+再就職祝い金

2005.09.17
帰国後、年末のメール件、新年会件は社長の頭から消え去っていて
無事に日々は過ぎていった(;´Д`)ノ

そして、コラートの会社で働いて、3ヵ月がたち試用期間が終わった。
社長「よくやった、君のおかげでこの2ヵ月生産部門の利益がよくなった、来月から駐在員採用(日本の会社での採用)にするから、それから生産部門の責任者になってもらうよ。」(´∀`)
(>_<) 頑張った甲斐があったのか、とにかく現地採用から駐在員になったのである。しかも、なんかいきなり役職もグーンとあがり、今まで先輩であったその他日本人が僕の部下になってしまった。 
ちょっと話しにくいし、3ヵ月で僕の何がわかったんだろう、もっと考えたほうがいいんじゃ…

20050916234447.jpg パピカネー
なんとなくお祝いに自分で自分に買ってみた。パピカネーという仏像、バンコクの伊勢丹の前にあるものの小さいバージョン。 1,600バーツなり。
コラート、特にほしいものが見当たらないんですヽ(;´ω`)ノ

待遇の変化として。

先ず給料
現地採用 現地の給料 35,000バーツ 日本での給料なし
駐在員  現地の給料 40,000バーツ+日本でも給料がでる。
合わせて、日本での平均的な給料をもらうことができる。
日本の給料は丸々貯金されていく(>_<)

住居
現地採用 自腹で払っていた。
駐在員  会社が家賃を負担。
また、プライベートでもバンコクへいく、宿泊費、交通費は会社もち。

一時帰国の航空券
現地採用 自腹。
駐在員  年に1回は会社が負担。 航空会社はどこでもOK。

生活費として、コラートでは1ヵ月30,000バーツもあれば充分である。  

また、僕は日本にいたときに退職してすぐに、失業手当を給付してもらうために手続きを完了していた。 失業手当は、一切もらっていなかったが、ある条件を満たして日本で再就職が決れば再就職手当て(祝い金)という冗談のような手当てが給付されるのである。 なんなんだこれ。
その額、約250,000円ぐらい。

この過酷職場でも、あれ?ちょっと頑張って金ためてみるかって思えた瞬間である。 
( ̄ー ̄) 久しぶりににんまり

※待遇は駐在員でも、僕はその後1度も日本の本社に行ったことなかった。 駐在員待遇の現地採用というのが正しいと思う。

アジア人気blogランキングにぽっちとな
スポンサーサイト
コメント
No:87|
あらてらすさん、タイはいいとこですよ!住みやすいです。 でも、就職先はほんとによーーーーく考えて決めることですねw 
2005/09/19 07:52|by タオ|タオ URL編集
No:86|
Toshi@タイさん、いつも読んでくださってありがとうございます。 今後の展開もご期待ください、○| ̄|_
2005/09/19 07:50|by タオ|タオ URL編集
No:85|
ゆずっち> タイでは生粋のシャムネコはもうあまりいないらしい。 一応、タイ国(シャム国)だから、ちょっとシャムネコの血が混ざったのはいっぱいいそうw  
2005/09/19 07:46|by タオ|タオ URL編集
No:84|
 はじめまして。私の上司は「俺はここを辞めてタイに行くんだ!!」が口癖です。タイって、暮らし易いんでしょうか?

 
2005/09/18 12:50|by あまてらす|あまてらす URL編集
No:83|
もしかして・・・くま?
2005/09/17 17:37|by take|take URL|編集
No:82|
あれ?、実録鬼嫁日記のように、人の不幸を楽しんでいたのに。(笑)
なんだかいい方向に行っちゃってますね。
2005/09/17 16:10|by Toshi@タイ|Toshi@タイ URL編集
No:81|
タイって犬おおいのか・・・・シャムネコはあるいてないの???
がんばったかいがあったのね・・・最初は、こんなに過酷だったのかって心配したけど・・・

2005/09/17 14:05|by ゆず|ゆず URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ