微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

外人の立場

2008.03.03
僕の工場には社内食堂があり、外で食べるよりかなり格安で食事できる。

工員さんたちには結構評判がよいいのだが...


1週間ほど前に食堂をのぞいたら、食事の用意がされていなかった。

次の日も食事の用意がされていなかった('A`)

そこで、食堂を担当している総務に確認したら、食堂のおばちゃんが来ていないらしい。

それから、一週間おばちゃんは休んでいる。

もちろん食堂は閉鎖されている。

理由はお父さんの具合が悪いそうだ(;´Д`)
お父さんの具合はいかがですか? 
もうすぐ治るのですか?
それとも、もう長くないのですか? 


あなたがいることで、お父さんの回復が早くなるわけですね。 治療費に不安はないのですね。

こんなことをそのおばちゃんに言ってやりたいが、これはタイの習慣で良くあることなので考えないことにする

しかし、対従業員の問題となると、黙っているわけにいかない、

会社としては、食堂は福利厚生の一環であり、工員を雇う際にアピールすしている部分である。

それを、1週間も何も補償無しで閉鎖している食堂、昼食に困る工員。

動かない総務。<食堂はグループ全体の総務部が管理している>

総務部だけは、僕の組織下ではないのである。 グループの方針で、全関係会社を同じ規則で管理するためらしいのだが、それが管理されていないのが実情である。

僕はグループ会社の1プロジェクトの責任者でしかないが、

グループは大きい、しかし僕の存在感は大きい、なぜって?タイ企業での日本人であるから、良い意味でも悪い意味でも存在感がある。 

だって外人だもんヽ(゚∀゚)ノ

以前は、この外人(タオ)が総務の悪いところを、どんどんついていき、グループに波紋をもたらした。そして、総務部長が4人交代した。 今の総務部長は僕がきてから5人目にあたる、そして最長の1年間勤務している。 この人ができるかって? いやできないですよ。 でももう僕が指すことで、辞めてもらいたくないんですよ。 
いい加減、僕が刺されますよ、真剣に(;゚Д゚)

なんとか社長の目に留まらないように、ソフトに忠告しないと...邪魔くさい...


毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
コメント
No:1242|
そうですか.... コラートのほうがウボンよりインフラも発展してるはずなんですが
スラナリ像の前でさえ無線が拾えず困りました(涙)

タオさんは現在はバンコクで勤務していらっしゃるのですか?
大変そうですね。 ネットのことを除けばコラートはバンコクより過ごしやすいですね。
なにより涼しいです。
2008/03/03 10:28|by あひるちゃん|あひるちゃん URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ