微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

点滴が痛い!

2008.02.02
入院といえば、点滴である! 他にもあるだろうけど、とにかく点滴をしていないと入院患者とは言えないのではないか!?

まーとにかく今回はその点滴の話題である。

僕は今までに点滴をしたことはあるが、一回に1本する程度である。

しかし、今回は入院日数17日間 点滴の本数 30数本あまりをすることになった。

点滴ってやっぱり、刺す時やっぱり痛いんです!(;゚Д゚)

そしてもっと痛いのが、ずっと点滴を入れていると血管が破損して薬が腕の中で漏れるんです。

そうすると、腕がパンパンに腫れて痛いんです。 でも、それを言うとすぐに違う場所に点滴を刺しなおされるんです、

それもまた痛いんです。 パンパン腫れると自然に治ることはないので、結局刺しなおすんですが...(;゚Д゚)

そんな点滴を僕は最初、24時間 休み無しで打っていた。 当初は本当に元気がなかったので、まな板の魚状態であった('A`)

しかし2週間目にもなると、だんだん元気になってくるものだからいろいろと点滴から逃げ出す方法を考える。

僕の場合は、黄色い点滴と白い点滴を交互に打っていた。 

そこで、僕はJUN先生に聞いてみた。

タオ「最近、食事を結構食べれるんですけど、点滴って必要ですかね?」(;´Д`)

JUN先生「そうなの、黄色いほうはただのビタミンだから別にしなくてもいい」

タオ「もう、腕がパンパンで寝るときくらいは外せませんかね?」(;´Д`)

JUN先生「あなた、24時間点滴打ってるの?普通は寝るときは外すことが多い、そんなに死にそうじゃないでしょ?」 ゚Д゚)

いや、でも僕が頼んで打ってるんじゃないから...(´Д⊂ヽ

JUN先生「W先生に言ってみて、私は今回は主治医じゃないから勝手に決められない」

そうなんです、僕の主治医はJUN先生で2年くらい指名していたのですが、救急で入院したときの医者がW先生だったので、病院の規則でこの場合はW先生が主治医になるとのことです。 僕はJUN先生に変更してもらいたかったのですが、いろいろ人間関係が難しくて結局2人に診てもらうことになったのでした。
これが、ストレスの要因になるのですが...

仕方がないのでW先生の回診の時間を待つことにするタオ( ゚д゚)


毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ




スポンサーサイト
コメント
No:1206|
神奈川犬さん>それはすごくわかりますw きれいな看護士さんが注射してくれると、なんかホッとしますね。少々痛くても我慢できます! 大切なことですねw
2008/02/07 07:31|by タオ|タオ URL|編集
No:1205|献血マニアなので...
>点滴ってやっぱり、刺す時やっぱり痛いんです!
二十歳で献血を始めた神奈川犬は、これまでの献血回数が40回超のマニアですが(笑)、ナースファンなので太い献血針を刺される瞬間が一種の快感です(ただし、若い看護婦に限る)。
最近は、仕事で地方に出張する度に、出先で献血しています。
2008/02/03 18:27|by 神奈川犬|神奈川犬 URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ