微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

覚悟と誓い

2007.12.07
社長との会談


社長は僕に、ベンさんなしで開発から生産管理、客との商談を僕がやっていけるかを確認してきた。

僕はそのすべてを、一人で今以上にできると断言した( ゚Д゚)

コラートのアルカトラズの工場は、結果としてはかなり日本の工場と同じくらいの品質のものが作られていた。 それは、やはり日本兵の手腕であろう。 僕としても、日本兵の作り上げたレベルの品質を作り上げることを目標にしていた。

が、ベンさんはそれを望んでいなかった

理由として

厳しくするということは、それだけ管理する人の仕事が増えるということである。実際は僕が管理するのであるが、それすら嫌がっていたのである。 自分の部下が仕事をする、なんだか自分が仕事している気がするのであろう

そして、社長が思案している際に

タオ「社長が僕を採用されたのは、なんのためですか?日系と同じような品質、対応をするためじゃないのですか? 正直、現状の商品、サービスに僕は満足してません!もっと良いものができると確信しています。 もし、社長が現状に満足されているのならば、僕は必要ないと思います。社長が、僕を必要ないと言われれば僕はすぐにこの会社を去ります、どうか遠慮なく言ってください!」( ゚Д゚)

これで要らないといわれれば、それまでである。 僕が将来を賭けて働くところではないと、覚悟を決めていた。


そして、社長の答えは、

社長「わかりました、良い商品、良いサービスができる会社を作りましょう。 協力してください」(・∀・)

僕はこの瞬間、このプロジェクトを社長のために大きくするまで頑張ろうと誓ったのである。 


毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
コメント
No:1151|
tikさん>そうですね、僕が辞めたらどうなんだろうと自分でも思います、でも自分の後継者が育つまでは辞めようとは思わないでしょうね、しかし経営者はそこまで気持ちが分からないだろうし、悩んだと思います。

神奈川犬さん>その通りですねw ベン クワーイの今後を次号で紹介します。
スターロンさん>応援ありがとうございます。
2007/12/10 09:02|by タオ|タオ URL編集
No:1150|
こんにちは!
現在いろんなブログ応援しています。
応援ポチッ!
2007/12/08 19:45|by スタローン|スタローン URL編集
No:1149|組織の掟
「箱の中の腐ったりんごは、すぐ外に出す。」
そのままにしておくと、他のりんごまで腐ってきます。
ベン・クワイ...
パイ、パイ、レオ、レオ!
2007/12/08 10:52|by 神奈川犬|神奈川犬 URL|編集
No:1148|ん~ん
難しい問題ですね。
社長としては一人に全てを任すって事ほど怖いものは無いって考えるでしょうし。
経営者は殆どそうです。
タオサンガ辞めたときのこと考えると思います。


2007/12/07 23:39|by tik|tik URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ