微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

お飾り上司。

2007.12.01
お飾りの上司ベンさん、しかしそれは仕様がないので僕とケンさんは二人でなんとかビジネスを広げようと頑張った。

そして数ヵ月後には、この新プロジェクトは僕とケンさんだけで動くようになっていた。 

しかし、問題はあった。

それはお飾り上司 ベンさん


客との商談はなぜか必ず出席したがるベンさん。

しかし、発言はめったにしない。

発言をしたかと思うと、客を怒らせる発言がほとんどである。

そのほとんどが、寝ているのかと思うくらいである...

そんなとき

タオ「正直、ベンさん邪魔ですね、今日の商談も結局駄目なってしまったし...」( ゚Д゚)

ケンさん「タオさん、まじめに僕らだけでできますかねこの仕事?」(゚Д゚ )

仕事は僕たちが100%やっていたのは確かである、しかし僕もケンさんも30歳にも達していない、若造。 ベンさんはお飾りとしては、実は役にたっているのかもしれないという不安はあった。
ベンさんがいなくなったとたんに、お客様の態度が変わることも考えられなくはない。

年齢ばかりは、取ろうと思ってとれるものではない...

自分の実力と、周りの協力してくれる人を信じて、出した結論。

二人で相談した結果、ベンさんをこのプロジェクトから外す計画を遂行することとなった...

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
コメント
No:1142|
トゥッ・ムー さん>こんにちは。 先ず、見かけからというのは仕様がないことですよね。僕もそうだと思います。 50歳くらいの重役を相手に29歳の若造が、商談するんですからね、商品説明ではなくて取引ですから、僕の後ろで寝ている老人の効果というのは計り知れないです。(プラスマイナスという意味でw)
2007/12/04 07:48|by タオ|タオ URL編集
No:1141|年の功ですね
なるほど。。。
年配者がいるだけでも相手に対してある意味の威嚇になるのか?
気になりますね。
結果早く知りたいです。


2007/12/01 21:22|by トゥッ・ムー|トゥッ・ムー URL編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ