微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

カフェ デビュー

2007.09.18
ベンさん「タオさん、今日はちょっと付き合わんかい?」(´∀`)

ってグラスを傾けるジェスチャーをするベンさん。

上司の誘いをいつも断ることも失礼なので、付き合うことに( ゚д゚)

向かった場所は、そう先日説明したカフェである。

僕は生まれてはじめて、カフェに入った。

印象…ボロくて、なんか陰湿な感じ…('A`)

すでにステージには女の子が露出度の高い衣装を着て、歌っている。

お世辞でも歌は上手くはない…

ベンさんから、このカフェのシステムを教えてもらう。

仕事は適当にしか教えてくれないが、カフェのことはえらく熱心に教えてくれたのが印象的(`・ω・´)

僕はビールを飲みながら、ステージを観賞(・∀・)

しばらくするとベンさんのことを知っている女の子が、ベンさんの隣に座る。 なんだか、結構な知り合いっぽい。

そして

ベンさん「タオさん、この子、うちの子の友達なんだって、隣座らせてあげたら?」( ´∀`)

えっ? かわいくないし…いやそういうわけじゃなくて、なんで僕があなたのお気に入りの子の友達に貢がないといけないんですか?( ゚Д゚)

しかし、ベンさんは上司である 一応

僕はその子を隣に座らせて、この子が歌うたびに花輪を買わされることとなった、大体1時間弱に1回この子の歌う順番がやってくる…

早く、帰りたい、また順番回ってくるよ…


しかも、この子達勝手にどんどん飯を注文してる、さらには注文するのはいいけどほとんど食べない…

ベンさん「いいよ~なんでも注文して~タオさんもね?いいでしょ?」( ´∀`)

よくねーよ ジジィーーーーーーーー(゚Д゚)ハァ

あんたのおごりならいいけど、いつだって割り勘じゃないの!? 

むしろ、チップ代とか僕が多く出しているし!!!

そして、週に1回以上のカフェ通いが習慣になるタオである…


毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ