微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

新人よりたちが悪い古参たち…

2007.08.22
生産開始から2時間

タイムスケジュールを見る、この時点で1時間以上遅れている。

そうスタッフが器具などの準備を一切していなかったのでる、そう僕のスタッフはヌット以外はすべて新人スタッフで器具の保管場所がよくわからないらしいって

なんだそれ…(;´Д`)

このあたりで、僕も実際に生産をする。指示をしながらなので全体が見渡せるポジションをとり、声を張り上げる

タオ ノ゚Д゚)

「おい、そこボーっと立ってない、あっち手伝って!」
「なんで、それやってないの??!」
「そんなやり方じゃないでしょ!」


僕のイライラは頂点に達しようとしていた…(`д´)

実はこのワーカー達は数ヵ月前に、このプロジェクトのために雇われたのだが、仕事がなかったので毎日現場で座り込み談笑を8時間して給料をもらっていたのである。 

はっきり言って、新人よりもたちが悪い。

仕事をしないことに慣れてしまっている彼女達は、仕事をするということ自体のリハビリなしにいきなり、本番がきてしまったわけである。

しかし、僕にはこの怠け癖がついたワーカーと新人スタッフが3人しかいないわけである。

ベンさん…あんた一体なにをやっているんですか?( ´Д`) 

数ヵ月、ワーカーが遊んでいるだけなのに何も感じない僕の新しい上司…ベンさん…

おいおい、日本兵だったら、こんなワーカー殺しちゃってるよ!


毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ