微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

トイレ事件そして家出

2005.09.08
事件発生!
それは夜勤明け2日目に起こった!
家のトイレは2ヵ所ある、トイレとシャワーは一体型になっており、僕専用のものと同居人の日本人の親父G専用のものに一応分かれている。 そのトイレは、内にプッシュ式の鍵がついてあり間違ってプッシュしてしまったら、外からは鍵がないと開かないのである。
僕はやってしまった。(;´Д`)ウウッ…
プッシュしちゃった…鍵かけちゃった。

同居人のGさんは昼シフトなので、トイレを黙って貸してもらうことにした。 そして出勤。
会社でGさんと会って、トイレの鍵を閉めてしまって、空かないことと、Gさんのトイレをお借りしたことをお話した。 このときすでに夜だから、スペアキーがあるかどうか明日の昼に管理人に聞いてもらえるようにGさんにお願いしておいた。 
Gさん「そうなんだよ、気をつけないといけないよ僕も、昔やったことがあるよ」(´∀`)
現在は万一のときのためにスペアーキーを持っているらしい。

そして、鍵の件はGさんに託し仕事をして、翌朝帰宅。

( ´ー`)フゥー…疲れた。 またGさんのトイレを貸してもらって、シャワーを浴びて寝よう。

(゚ω゚; 彡 ;゚ω゚)  あれ、Gさんのトイレの鍵が閉まっている! 
ここに来て5日間、鍵を閉めたことがないGさんのトイレの鍵が閉まってる。僕が昨日トイレを借りたことを話し、その次の日のタイミングで鍵が閉まっている。 

嫌がらせだ_| ̄|○  間違いない。

汗だくでシャワーも浴びたいし、10時間以上もトイレを我慢する自信もない ('A`)

この子供じみたGさんのやり方と、会社の人と24時間一緒にいる窮屈さに僕は決断をする。 
引っ越そう。 自分で家を借りよう。
コラート市内で、ホテルを除いて一番きれいだと思われるアパートをトゥクトゥクの親父に聞いて、連れて行ってもらう。

タイシンアパートメント 
  20050906095945.jpg           20050906095851.jpg

タイシンアパートメントはコラートのバス停1の斜め前にある。
部屋からの眺め、左:バス停 右:飯屋 現在は大型デパートが建っている。


エアコン、シャワー、テレビ(NHK付き)

月5,000バーツ +電気代+水代 

速攻で契約して、引越し。 スーツケースにほどいた荷物をぶち込み、トゥクトゥクで移動。 

アパートの部屋のベットにはシーツも布団もなにもない。 

Gさんもいない、トイレも使いたい放題、シャワーを浴びたい放題。

コラートにきてはじめて幸福を感じた日だった(>_<)
スポンサーサイト
コメント
No:70|
タオッチは、よくトイレ事件が発生するのか・・・そっか。。。なんでなんだ!!!あははは^^
ゆずっちがそっちに行く時は、トイレとお風呂のあるとこを調べといてね。。。あと、トイレットペーパーもあるとこよ!!!
2005/09/08 10:28|by ゆず|ゆず URL編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ