微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

来タイそして、面接

2007.05.29
久しぶりのタイ、半年ぶりに降り立つドンムアン空港

空港を出ると、不快な気温と汚れた空気

懐かしい…(ノ∀`)

そして、流しのタクシーを捕まえて目的地のホテルに向かう

今回は、はじめてサイアム付近に泊まることにした、理由は面接場所に近いからというだけだったが、サービスもよく価格のわりに部屋もきれいで満足

そして、久しぶりのバンコクを歩く(゚∀゚)

感じたのはやはりバンコクは国際都市で、多くの人種が生活している。活力を感じる。
自分の中で、タイで早く働きたいという願望が強くなるのがわかる。

その日のうちに面接場所の下見も済ませ、面接に備えてはやめの就寝。

そして、面接の日がやってきた

今回はこのひとつの面接のためのだけの来タイであり、明後日には日本にかえる予定である。日本には仕事もあり、もちろん辞める相談などまだしていない、なんとなく勢いできた面接にようやく不安に感じるタオであったが…

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
コメント
No:931|
しゅらくさん>はい、行動力というか思い立ったら即日というのが、僕の身上ですw ゴールデンウィーク中だったので結構高かったですよチケット…
2007/06/01 09:02|by タオ|タオ URL編集
No:930|
行動力ありますね~
往復のチケ代も馬鹿にならないでしょうに
おいらは1週間くらい在タイできないと、行く気にゃなれんです^o^
2007/05/31 17:16|by しゅらく|しゅらく URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ