微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

ミン君からの連絡

2007.05.14
日本で働き出して、数日が過ぎた…

仕事にも慣れてきた、周りの人は優しく、夜の飲み会や花見なども良く誘ってくれ、僕も早く馴染もうと積極的に参加していた(`・ω・´)

しかし、なぜか僕はいつも孤独な気もちですごしていた。

昼休みは同僚と食事をとった後は、一人会社の隅でボォーとして過ごしたり、机に座って本を読んだりしていた。 昔日本で働いていたときは何をしていたかと思い出すと、やはり仕事だった(コラートと変わらないか…)しかし、この会社は労働組合が強く、休み時間中の仕事やサービス残業は基本的には認めないというところであったため、働きはじめてこんなに長い昼休みをとるのははじめてのことだったため、何をして良いかわからず、とにかく時間が過ぎるのを待っていた気がする、午後の仕事が始まると、僕は1番に仕事にとりかかっていたそして、17時をすぎても仕事が終わっていなかった場合はそのままもちろん続行して仕事をしていたが、同僚からタオさん、帰ってください、もし帰らないのであれば上司のサインをもらって残業してくださいと言われたのも初めてのことだった。
僕は、いいよあと少しで終わるから、終わったらすぐに帰るし残業代の申告もしないからと答えた。 次の日、僕は上司から呼ばれて規則を守ってくれないと困ると言われた。その日から僕は17時10分には会社を退社するようになった。

仕事はしているのだが、なんだか充実感がなかった('A`)


新卒の時にこのような待遇だったら良かったなと思うも、すでに社会人6年目の僕はこんなことでいいのかい?とも思うことがあった…

そして、この会社で働きだして1ヵ月後、ミン君から連絡があった。

ミン君「○月からタイに行くことにしました、タイ語学校に行こうと思っています、それからタイで就職できたらしようかなと思っています」(゚∀゚)

僕がタイに行くのはまだまだ先…正直うらやましかった…

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
スポンサードリンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
TWITTER
ツイッターやってます!
スポンサードリンク
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ