微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

命の電話 ライフライン

2007.04.29
イワンさんと僕とのメールのやり取りは、週に数回になった。

この刑務所の生活は同じ経験をした者しか分からないが、本当につらい生活なのである(;´Д`)

メールはいわば、アルカトラズからの外界への命のホットラインなのである(´∀`)

僕達のメールは笑えない状況の報告や、稚拙な日本兵の悪口にまでいたっていた。

稚拙な悪口として

刑務所の購買のタイ人スタッフは、仕事が楽なのにすぐに辞めていく、普通タイでは事務職は楽な仕事なので好まれるのだが…

なぜうちの購買は楽なのにすぐ辞めるのか? という話題でのメールのやり取り

イワンさん「いや~彼女達の後ろに日本兵がむす~っと座っているでしょ、あれだけでもう辞めたくなりますよ実際」( ゚д゚)

タオ「いや、ほんとになぜあの人は、あれほど機嫌が悪そうな顔をしてられるのかね?まさに日本兵って感じ!そういえば、髪型まで日本兵みたいやね」

イワンさん「タオさんも思ってました??あれ、おかしいですよね?!なんであんな髪型なんですかね?どこで切ってるんだろう、バンコクですよねたぶん」(゚∀゚)

タオ「いや、あれはエンポリアム(バンコクの高級デパート)で切ってるらしいよ、エンポリアムでは日本兵刈りといったらあの髪型らしいよ」(゚∀゚)

イワンさん「止めて下さいよ、今メール打ってる目の前で、その日本兵刈りがむす~っと座ってるんで、笑っちゃいそうじゃないですか!!」( ´∀`)

とこんな、メールを毎日繰り返してイワンさんは苦しみを紛らわし、僕は昔を思い、楽しみながらイワンさんを励ましていた。

そんなある日のことで、事件は起こった!

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
コメント
No:904|
コンケムさん>コメントありがとうございます。 先ほど次回をアップしました、これからも暇があれば読みに来てください。
2007/05/02 07:20|by タオ|タオ URL編集
No:903|うまい!
相変わらず話の切り方がうまいですね!
また次のブログがでるまで悶々とした状態で待たなくてはなりません。
はっ、はっ、はやくして!
2007/04/30 10:03|by コンケム|コンケム URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ