微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

ミャンマー

2007.03.26
小さな町で、一泊したあとようやくついたメ-ッサリアン

ミャンマーに日帰り入国できる国境の町である

そこで、一日ビザを取ってミャンマーへ入国する、今までタイ語の看板や、音楽、テレビだったのが門を越えた瞬間に、ミャンマー語の看板、テレビに変わる、ラオスやカンボジアの国境は徐々にといった感じであったが、ここは急に雰囲気が変わるのでおもしろい。


国境でパスポートを預けなくてはならないのだが、その時に日本のパスポートを僕のほかに3冊見かけた、日本は日本でまとめて輪ゴムでとめてあった、そこからも分かるようにこの町の人にとっては決して珍しくない日本人なのだが、ここの人たちは僕を初めてあった日本人のように接する

たとえば、言葉はわからないが、僕の行く先々を前もって予想して先の場所にいる人に伝えているようである。 ちょっと怖いくらいであった

そんなことは気にせず、タイとは雰囲気が違う町並みを人力車に乗って観光

そして、小学校らしきものを発見、僕は運転手に学校を見てみたいというと、止まってくれたので人力車を降りて学校の中をドアのそばでそーと見ていると、子供達は僕に気づいて、皆授業を止めて僕の方へやってきた

僕はビデオカメラを取り出し、撮影してもいいか聞くのだがみんな笑顔で答えるだけなので、これは了解ってことだなと勝手に理解して、撮影をするとみんな僕の後ろに回って液晶に移っている映像を見て歓喜をあげるのだった。 そんな彼らの様子を取ろうと、レンズを向けるとキャーキャー言いながら逃げ回り、また僕の後ろについて液晶を見るだけで楽しんでいるようであった。

彼らとはそれから1時間くらい、遊んだだろうか、僕のせいで中断になる授業にちょっと責任を感じて先生(お坊さん)にお礼をいって学校をあとにした

その後、寺や市場を見て回わったそして、数時間ミャンマーを堪能してタイ側に戻った

ミャンマー、こんな国境の町でこれなのだから奥地はまだまだ擦れていない国なんだろうなと思う、いつかゆっくり来ようと思った。 

このあと、ターク、カーンペンペット県に立ち寄りバンコクに帰った。

こうして、僕の帰国前のタイ北部旅行は終わったのである

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
コメント
No:868|
ポッカレモンさん>はじめまして、コメントありがとうございます。実はカーンペンペットでも、自動車の鍵を落とすという事件がありましたw 書こうとおもったんですが就職日記にそろそろ戻さないとと、飛ばしちゃいました。 また機会があれば書きます。 バナナのおいしい県でしたw コラート懐かしいです、くまくんブログを読んで現在の情報も得てるのでまた、遊びに行きたいです。 また、見に来てください。
2007/03/30 09:21|by タオ|タオ URL編集
No:866|
はじめましてタオさん。いつしかコラート在住のポッカレモンです。
タオさんのブログは回顧録なので現在進行形でコラートに居る人の中には違和感を
持つ人もあるでしょうが、文章がしっかりしてて読み易いので、いつも拝見させて頂い
ております。コラート刑務所っていったいどこの事なんでしょうね?!ワクワク。
せっかく立ち寄ったカーンペンペット県の事もさらっと流さず少しは書いて欲しかったな。
確かくまくんブログに度々出てくる鬼嫁はんの故郷ですよね。
2007/03/27 20:15|by ポッカレモン|ポッカレモン URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ