微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

遭遇?!!

2007.03.22
どんなときも、なんとかなるだろうという精神で決して道を戻ったことはないタオ( ゚Д゚)

このときの判断も す・す・め であった

そしてさらに前進すると、道が急に開けた

そこは下に数十メートル下がる、表現が難しいがらせん階段のような道であった、しかもその途中に吊り橋が見える

相当やばい、シュールな場面である(;゚∀゚)

しかしここでの脳の指令も、もちろん い・け であった

ゆっくりと、ぐるぐると下がる車、背中から肩にかけて震えているのが自分でもわかる(;゚Д゚))

その時、今まで数時間出くわさなかった対向車がやってきた

その車は、吊り橋を渡ってゆっくりと上ってくる

うれしさよりも、恐怖が走った

こんな時間にこんな道を行くなんて

山賊率80%くらいではないか!(;゚Д゚)

Uターンして逃げるわけに行かず、僕はカーブの膨らんだところに車を止めて対向車を待つことにした。

そう、山賊じゃない率20%にかけて

近づく、正体不明車((;゚Д゚))

あと1分くらいですれ違うことになりそうだ(((;゚Д゚)))

そして

ゆっくりと上ってきた車は僕の車の横をゆっくりと、通り過ぎていった

…( ´д)

ふっっと力が抜けた…

そして吊り橋を渡りきり、無事に山を越えることができた

僕はこの道を二度と通ることはない 

この時は、ラッキーなだけであって運が悪ければ最悪の事態にもなりかねない、外国に長く住んでいると判断がどんどん鈍くなる、ときには後戻りするのも大切なのかも…

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
コメント
No:870|
シロさん>コメントありがとうございます。 海外にいくとなんか、判断力などの基準がづれるんですよね、またなんか自分のことなのに他人事(夢)のような感じで考えてしまいます、あぶないあぶないw
2007/04/02 07:42|by タオ|タオ URL編集
No:862|
無事でなによりです。
海外だと危険と思いつつも好奇心がそれを勝ってしまうことってよくあるよね。
続き楽しみにしてます。
2007/03/22 23:11|by シロ|シロ URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ