微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

旅行へいこう!

2006.12.27
バンコクで悶々とした数日を過ごしながら、僕はこの先のことをしっかり考えようとしていた。

そしてバンコクに移ってから2週間くらいがたった・・・


タイでもう一度現地採用からやり直すのは、そのときの僕には気力が足りなかったのかもしれない。

日本へ帰ろう・・・(´・ω・`)

今、ここで就職もせずにバンコクにとどまるくらいなら、この機会に日本へ帰ってゆっくり考えようというのが僕のだした考えであった。

ちょうどその時、タイでAPECを開催していてバンコクはどんどん住みにくい街になっていたことも僕を後押しした。
(どこに行ってもVIPの移動のために渋滞、バンコク名物コピー品の撤去、タイの台所屋台撤去などなど)

いや、ちょっとまて・・・せっかくタイに住んでいたんだからタイの地方を最後に回っていみたい(゚Д゚)

まだ回っていない都市、チェンマイ、チェンライ

北部の大都市である。

日本人がリタイアしてタイに移住してくるときに、特に人気にある都市チャンマイがどんなところなのか見てから帰ろうと、最後のタイ国内旅行を計画するのであった。

思いついたら即日!(゚Д゚)

その日のうちに、かばんに旅行グッズを詰め込んで、ドンムアン空港へ向かう、飛行機の値段を確認!往復、5,000バーツ程度である。
チェンマイに着いたら、レンタカーを借りようと計画していたのだが、よく考えたらバンコクからレンタカーを借りて乗っていけば、途中の都市にもよることができるし、なによりも大嫌いな飛行機に乗る必要がないのである。

思いついたら実行!(゚Д゚)

空港からすぐにでて、レンタカー会社AVIS

借りた車はその年にタイで発売されたばかりの、TOYOTA VIOS

時計は午後3時、チェンマイまで約800Km

目標、今日中にチャンマイへ到着!!(゚Д゚)

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
コメント
No:802|
シリラックさん>ぜひ、タイのいろいろなところへ行ってみてください。また違った良いところを発見できる?かもしれないですw こちらこそ、ありがとうございます。来年度も宜しくお願いします。

トゥッ・ムーさん>そんな無鉄砲な性格なんです・・・w 国道一号線をかっ飛ばしましたよ! 
2006/12/29 07:27|by タオ|タオ URL編集
No:800|いきなり急展開!
それにしても思いついていきなりチェンマイは遠くないですか?
午後3時から本日中に到着はかなり無理があったんじゃないですか。
その後を楽しみにしています。

2006/12/28 19:48|by トゥッ・ムー|トゥッ・ムー URL編集
No:799|良く考えたら
そういえば、自分はタイに来てからどこにも行ってないです。
ここを読んでてプーケットやチェンマイに行ってみたくなります。
あと、タオさん本年はありがとうございます。また来年も楽しく拝見させて
いただきますので、宜しくお願い致します。

2006/12/28 18:50|by sirirakku|sirirakku URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ